キャベツの下ごしらえ・洗い方

キャベツをはがす
千切りにしたキャベツを水にさらしています。
  • キャベツを包丁で切ると、切り口から水分が飛び、痛んでしまいます。食べきらない場合は、葉を1枚1枚はがして使います。
  • 水にさらすと、ビタミンが流出してしまいます、5分以内で水から引き上げます。

キャベツの切り方

千切り
千切り1
1: キャベツを1枚ずつはがし、洗い、水気を切ります。

2: 芯の部分を取り除き、大きい葉は2等分にします。

千切り2
3: 大きい葉を下にして重ね、繊維に逆らわないようにして、手前からクルリと巻きます。

千切り3
4: 左手でキャベツを抑えながら、好みの幅で細く切っていきます。

5: 切ったらたっぷりの水をはったボウルに入れ、5分ほどおいてシャキっとさせます。とんかつやしょうが焼きなどの付け合せ、コールスローなどのサラダ、お好み焼きの具などで活躍する切り方です。


ざく切り
ざく切り1
1: キャベツを1枚ずつはがし、洗い、水気を切り、芯を取り除き、大きい葉は2等分にします。芯まで食べる場合は、薄くそぎ切りします。また、

ざく切り2
2: 葉を重ね、繊維に直角になるよう、好みの幅で切ります。たくさんのキャベツを加熱するときにぴったりの切り方です。蒸す、煮る、ゆでる、炒める、焼くなど、いろんな料理にぴったりですよ。


4~6つ割り
4~6つ割り1
1: キャベツを洗い、水気を切り、芯を下にして、半分に切ります。

2: 1の切り口を下にし、半分に切れば4つ割りに、3等分に切れば6つ割りになります。キャベツを丸ごと煮込むときに向いています。時間をかけて煮込めば、芯まで柔らかく火が通るので、芯まで残さず食べるのもおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。