読書感想文を書こうとしたときに、文末を「です」「ます」と「だ」「である」とのどちらにしたらいいか、迷うことはありませんか? 今回は、それぞれの特徴と学年別の目安、小学校低学年のお子さんにおすすめの表現方法をご紹介します。
読書感想文 です・ます調 だ・である調 文末

読書感想文の文末は「です・ます」「だ・である」どちらを使う?それぞれの特徴と学年別に使用の目安を解説

   

「です・ます」「だ・である」の違いは?

使い分けを考える前に、まず、それぞれの違いを押さえておきましょう。「です」「ます」と「だ」「である」の特徴は以下の通りです。
  • です・ます …… 「敬体」と呼び、優しさや親しみやすさを感じさせる。文章に丁寧さが必要なときに適している。
  • だ・である …… 「常体」と呼び、キリッとして落ち着いた雰囲気になる。意見や事実を明確に伝えるときに適している。
 

読書感想文の文末には、「です・ます」「で・ある」どちらを使うべき?

読書感想文の文末には、「です」「ます」「だ」「である」のどちらを使ってもかまいません。どちらかが正しい、どちらかを使うとよく見えるということもありません。ただ、先ほど見た通り、印象も効果も違いますから、内容に合ったものを選びましょう。

大切なのはどちらかに統一することです。それは、統一した方が読みやすく、思いや考えが読み手に伝わりやすいから。敬体と常体とを混ぜて書かれたオフィシャルな文章は、ほとんどないでしょう。

子どもが目にしやすい「です」「ます」と「だ」「である」が混在する文章には、一人称で書かれた軽いタッチの物語があります。こういった本だけを数多く読んでいると、自分の文章にも敬体と常体を混ぜて使いたくなるかもしれません。自分になじんだ表現の方が、思いを言語化しやすいからです。
読書感想文の文体と読書傾向

文章には、意外とその人の読書傾向が出てしまいます。幅広いジャンルに触れておきたいものですね

ただ、「です」「ます」と「だ」「である」とが混在する文章は、案外難しいのです。何かしらの効果をもたらすというよりは、混在させることで全体の印象が軽くなったり、口語調になりすぎたりしますし、「青い空、白い雲」など定型的な表現が多くなってしまうこともあります。ですから、"学校に提出する""コンクールに応募する"読書感想文には、私はおすすめしていません。

なお、「です」「ます」の読書感想文であっても、会話文は話しことばのままで問題ありません。
 

感想文文末「です・ます」か「だ・である」か、学年別の目安とその理由

読書感想文の文末を「です」「ます」にするか、「だ」「である」にするかは、基本的には内容に合わせて選べばよいのですが、年齢によって書きやすさが違います。学年別の使い分けの目安はこちらです。
  • 小学校中学年まで:「です・ます」
  • 小学校高学年から中学生:「です・ます」・「だ・である」どちらでも
  • 高校生:「だ・である」
小学校3・4年生くらいまでは、教科書の文が「です」「ます」で書かれています。授業中の話し方や小学校低学年で教わる作文の書き方も、ほぼ敬体です。読み慣れている・使い慣れていることばの方が書きやすいので、「です」「ます」がおすすめなのです。

一方、学年が上がってくると、身の回りに「だ」「である」で書かれた文章が増えてきます。また、読書感想文に限らず、自分の意見や主張を求められることが多いので、常体の方が書きやすいでしょう。
 

小学校低学年限定!「話しことば」の読書感想文

小学校1・2年生の読書感想文には、登場人物へ語りかけるような文章やお手紙形式のものがあります。

たとえば、「〇〇が〇〇したとき、ぼくはほんとうにびっくりしたんだよ」「〇〇、〇〇にいつかあいにいくよ」などなど。

まだひらがなを学習し終えたばかりの小学生が書く文章です。うまく「です」「ます」を使えなくても焦る必要はありません。その場合は、素直な気持ちを表現しやすい語りかけの文章でも大丈夫です。

小学校低学年のお子さん、特にノンフィクションより物語が好きな子や、友達とお手紙のやりとりのある子は、書きやすいかもしれません。一度お試しくださいね。

【関連記事】



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。