赤ちゃんにとって最良の栄養は母乳ですが、母乳不足や、母乳哺育が困難な場合に、液体ミルクは母乳代替食品として使用します。災害時の備蓄用ミルクとしても採用されています。

液体ミルクとは何か、使い方・飲ませ方の基礎知識を紹介します!  
   

液体ミルクとは? 常温保存で、常温のまま飲めるミルク

乳児用液体ミルクは、液状の人工乳を容器に密封したもので、常温で長期間の保存(紙パックは6ヶ月、缶入りは12ヶ月)が可能な製品です。
液体ミルク 使い方・飲ませ方 グリコ「アイクレオ赤ちゃんミルク」明治「らくらくミルク」

紙パックの液体ミルク グリコ「アイクレオ赤ちゃんミルク」、缶入りタイプの液体ミルク 明治「らくらくミルク」

栄養組成は調乳後の粉ミルクと同じになっています。赤ちゃんにとって最良の栄養は母乳ですが、母児隔離、母親の病気、母親の休養が必要、災害時など……様々な事情で母乳哺育ができない場合に母乳代替食品として使用できます。

そのまま飲むことができ授乳時の調乳の手間を省くことができることから、乳児用粉ミルクに比べ、授乳者の負担軽減や安全面で利点があります。詳しくは「液体ミルクとは?メリットや粉ミルクとの違い・注意点」を参考にして下さい。
 

液体ミルクの使い方・飲ませ方の基礎知識!

液体ミルク 飲ませ方 使い方 常温

液体ミルクの飲ませ方は、常温のママで加温は不要

液体ミルクは、開封前によく振りましょう。常温保存の液体ミルクは、そのまま常温で飲めて加温は不要です。

商品に記載された方法で清潔な哺乳瓶に移し替えて与えて下さい。コップ授乳、スプーン授乳も慣れれば簡単で有効です。紙パック飲料でストローを吸える子は、それもOKです。なお付属のストローは、液体ミルクの移し替え専用なので、そのストローで液体ミルクを吸うことはできません。

グリコの液体ミルクは紙パック用乳首などもあり、日常的使用に利用しやすいようです。なお国産の商品には使い捨て乳首はまだありませんが、もしできればより衛生的ですね。
液体ミルク 飲ませ方 紙パック用乳首

アイクレオ赤ちゃんミルクと、紙パック用乳首


また液体ミルクは滅菌済みで衛生的ですが、飲み残しは必ず廃棄して1回使い切りましょう。

なお大規模災害時は、清潔な哺乳瓶・乳首は手に入りません。日頃から、コップやスプーンでミルク哺飲できるように、慣れておくことも大切です。詳しくは「災害時の液体ミルク利用法、備蓄は災害用にどれくらい必要?」でも解説しています。
 

液体ミルクは温めなくて良いの?と思う方へ

お湯を沸かして粉ミルクを溶かし適温まで下げて哺乳させる、という習慣に慣れてしまった方は、乳児用液体ミルクは温めなくて良いの?と疑問に思うかもしれませんが、それには発想の転換が必要です。
 
液体ミルクは母乳の代替食品とされており、ただの飲料ではなく母乳と同じ生もの、生き物に近いと考えましょう。容器の中には、適切な状態に調整されたタンパク質がいっぱい含まれています。

「低温やけど」という言葉を聞いたことはあると思いますが、これは体温よりも少し高めの温度(44℃~50℃)に長時間触れることで起こる火傷です。火傷はタンパク質が熱変性を起こした状態ですが、液体ミルクも44℃以上で不適切に温めると低温やけどと同じ状態になります。

液体ミルクが普及している国では、日本のように熱いお湯で粉ミルクを溶かしたり、一度溶かしたミルクを温め直したりするよりも、液体ミルクの方が、赤ちゃんに適切、安全と考えられています。
 

冬場など、冷たい液体ミルクを温めたい場合

液体ミルク 温め方 電子レンジ 湯煎 カイロ

寒い時期、液体ミルクを胸と下着の間で、ひと肌に暖める

冬場などの寒い時期に液体ミルクを温めたい場合は、人の皮膚と同じ扱いが必要です。液体ミルクは、"温めなくても良い"ではなくて、生ものなので"不適切に温めてはいけない"商品です。

基本的には常温で飲むものですが、冬期などで液体ミルクが冷たい場合には、
液体ミルクを胸と下着の間で、ひと肌に暖めましょう。

紙パックや缶の容器をビニール袋に入れて寝具の中に入れたり、タオルでくるんでカイロで温めたりできます。

容器がひと肌に温まったら、温めた哺乳瓶に移してください。

昔は、ミルクを湯煎で温めることも行われましたが、温度の調節が難しく、手間もかかるので、あまりお勧めできません。ミルクの温め直しなども行いません。
 

液体ミルクを電子レンジで温めるのはNG!

液体ミルクを電子レンジで温めてはいけません。

大人が飲む乳飲料やプロテイン飲料の場合、通常、80℃程度までの加熱は許容されていますので、それらと勘違いしている方がたくさんおられます。

大人の場合、ゆで卵のように固まった(熱変性した)タンパク質でも、消化管で分解されてアミノ酸になってしまえば、栄養としては大して差はありません。

一方、赤ちゃんの場合、消化管の働きがまだ未熟で、変性を起こしたタンパク質を十分に吸収できません。液体ミルクに含まれる母乳に近い栄養成分の中には、60℃程度で変性を起こす成分もあります。赤ちゃんのための成分が台無しになるばかりか、消化吸収不良を起こしたり、ミルクを飲んでいるのに体重が増えない、なんてことにもなりかねません。

母乳哺育の人の中には、何かの事情で、搾乳した母乳を冷凍保存する人がいますが、その冷凍母乳を解凍する際も、電子レンジや湯煎での加熱は禁止です。生きた成分を有効に活用するために、冷水で解凍した後、40℃程度のお湯でゆっくり温めます。(生き物をお風呂で温める感じ)
 

液体ミルクの飲ませ方・使い方における注意点!

  • 使用前に商品容器の破損・膨張がないか確認しましょう 
  • 開封後はすぐに使用しましょう
  • 液体ミルクは、凍結してはいけません
  • 液体ミルクは煮沸や電子レンジで温めてはいけません。
  • 水・お湯で薄めないようにしましょう
  • 飲み残しは廃棄して、冷蔵庫保存はしないように
  • 液体ミルクは常温保存をしてください
  • 保存期間は、紙パック6ヶ月、缶入り1年です
  • 液体ミルクの凍結不可。冷蔵・冷凍庫で保存しないように
  • 液体ミルクを直射日光、火のそば、夏の車内などに置いて高温にしないように 

【参考サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。