肌トラブルなら洗顔を見直してみて!

t

朝も洗顔料でしっかり洗ってますか?

ここ最近はウイルスと花粉のダブルパンチでマスクが手放せない。そのため、いつも以上に肌が荒れているような……。保湿はしっかりしているのに何故?と思ったら、スキンケアの基本でもある洗顔を見直してみましょう。

汚れをしっかり落とすことで、その後に使うスキンケアの浸透がアップしたり、トラブルを軽減する効果が期待できます。

 

大人の肌にあった正しい洗顔とは

洗顔を見直すといっても、何をどうしたら良いかわからないという方も多いのでは。そんな時は、 まずは「朝」の洗顔を見直してみましょう。

乾燥が気になるし、朝の肌は汚れてもいないから洗顔はぬるま湯で洗うだけという方もいると思います。しかし、朝の肌は意外と汚れているのをご存知ですか。

寝ている間に分泌された皮脂や、空気中の埃や布団の汚れの付着などなど、実は色々ついています。特に大人の肌には、夜のスキンケアで塗ったクリーム類がたっぷり。それが、肌上で酸化していることも……。そのため、肌に不要なものを洗顔料を使って落としてあげる必要があります。

 

オススメの朝の洗顔方法

1. とにかくたっぷりの泡で洗ってあげることが大切なので、泡立てネットなどを利用してまずは洗顔料をしっかり泡立てます。

2. しっかり泡立てたら、まずは皮脂やテカリが気になる鼻やおでこなどのTゾーンに泡を馴染ませます。

3. 続いて、あごや頬などのUゾーン馴染ませたら全体的にマッサージ。小鳥を撫でるように優しく、優しくがポイントです。

4. 洗い流す直前に目元にも泡を馴染ませます。デリケートな目の周り、まぶたなどは洗顔で洗った方が良いのか避けるのかというのも悩ましいところですが、最近は、目元用のクリームを夜つけている人も多いので、すすぐ直前に目元にも泡をのせてから洗い流すようにしましょう。

5. すすぎのお湯の温度は30~34℃(ひと肌)程度で。熱いお湯だと、肌に必要な潤いまで奪ってしまいます。また、すすぎの際とタオルドライのこすりすぎにも要注意。お湯もタオルも優しく肌にあてるような感じで、決してこすることのないように気をつけましょう。すすぎ残しも要注意。

 

何と言っても洗顔は「摩擦が大敵」

先ほどこすりすぎに注意と言いましたが、洗顔で何より気をつけたいのが「摩擦」です。

ゴシゴシこする、摩擦は、肌にとってかなりのストレス。くすみやシワなどの肌老化やニキビの原因にもなってしまうので注意が必要です。

肌をこすらずに洗顔するには洗顔料もきちんと選びたいもの。以下でオススメの洗顔料を紹介します。

肌ストレスゼロのオススメ洗顔料 その1
p

糸引くほど濃厚、濃密な泡で至福のひと時を

カネボウ コンフォート ストレッチィ ウォッシュ
130g 税抜5000円

糸引き美容液洗顔と言われているこちら。なんと美容液に配合されている保湿成分が使われているので、洗い上がりはさっぱりしているのに乾燥が気にならない。濃密なとろみ泡とティートピアをアクセントに、ミュゲとローズが織りなすフルーティーフローラルの香り包まれて、朝の洗顔が至福のひと時に。

肌ストレスゼロのオススメ洗顔料 その2
r

弾力泡がクッションとなり肌ストレスゼロ洗顔

タカミフェイスフォーム
80g 税抜3000円

指紋さえ肌へのストレスになると考え、正しいスキンケアを提唱しているTAKAMIの洗顔だけあって、弾力のあるもっちり泡が簡単に作れる洗顔フォーム。肌表面の汚れや皮脂を落とし、さっぱり&しっとりした絶妙なバランスで洗い上げます。泡切れの良さも抜群で、どんな肌タイプにも使えるのも嬉しいポイント。

肌ストレスゼロのオススメ洗顔料 その3
s

泡で出るポンプタイプなので忙しい朝に便利

FTCホワイトモイスチャームース(医薬部外品)
200mL 税抜3800円

泡タイプの洗顔料なので泡立てが面倒という人はもちろん、毛穴や肌荒れが気になる人にもオススメ。君島十和子さん自らがこだわり抜いて作っただけあって、配合成分や日本初の敏感肌パッチテスト済みなど魅力満載。安心処方でゆらぎやすい大人の肌を優しく洗い上げくれます。使い続けることで、ワントーン明るい滑らか素肌を体感。


マスクのせいでメイクが楽しめないなど問題は色々ありますが、スキンケアの基本である「洗顔」を見直すことで、トラブルに負けない肌を作っていきましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。