花垣 純米酒大吟醸

冷やでも、お燗でも美味しい純米大吟醸


越前ガニなどでも有名な福井県。福井は私の出身地でもあり、どのお酒もおすすめしたいのですが、中でもイチオシなのが南部酒造場の「花垣」です。福井は、どちらかというと、やさしく甘いお酒が多い地域ですが、花垣は甘くみずみずしい中にも、米の味わいが感じられます。
 
実はスイーツとも相性の良い「花垣」には、約120年にわたり引き継いできたこだわりの酒造りの歴史があるんです。

 

 

米の旨みがしっかりとひきだされた「花垣」

 
南部酒造

明治34年に酒造りが始まる


花垣を醸す南部酒造場が蔵を構える越前大野は、米どころとしても知られ、朝晩の冷え込み、肥沃な土地によって品質の高い良いお米ができます。お酒花垣にも、このような米へのこだわりが、じゅうぶんに反映されているのです。地元の「五百万石」や兵庫県産の「山田錦」などの高級な酒米をふんだんに使用し、丁寧に手作りされているため、お米の味わいがしっかりと感じられます
 

自然豊かな水の都・越前大野

 
花垣の酒造り

伝統の製法で今も酒造りが行われている


やわらかく繊細な水も「花垣」の美味しさの秘密。越前大野は、街のいたるところで湧き水が出る、水の豊かな地域です。霊峰白山から連なる山々がたくわえた地下水を地下50mから組み上げて、酒造りの仕込み水として使用しています。お酒に感じられるみずみずしさや透明感は、自然豊かな環境からつくりだされていると言えますね。
 

スイーツに合わせてみたい「花垣 大吟醸」

 
フルーツタルト

熟したリンゴやバナナの甘い香り


トロリとした舌触りに、熟したリンゴやバナナに似たフルーティな吟醸香、品格ある味わいの「花垣 大吟醸」は、フルーツタルトなど、果物メインのスイーツにもピッタリ。甘いものと日本酒は合わないようなイメージがあるかもしれませんが、意外にいけるんです。

ほかにも、洗練されたふくよかさのある大吟醸は、レモンを添えた天ぷらなどにもマッチします。レモンが、大吟醸のフルーティさとも合わせやすいんです。日本酒をあまり飲まない人にでも、飲みやすいと好評なので、贈り物にもおすすめですよ。

 
 

DATA
南部酒造|花垣 大吟醸
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。