16:30~17:00 中正紀念堂へ

台灣燈會2009
一時期台湾民主記念館という名前に改名されましたが、元の名前に戻りました  ©中華民国観光局/蕭綱侯撮影
永康街へ行く前に、駅のすぐそばにある中正紀念堂へ立ち寄りましょう。スケールの大きさに誰もが感動する国立中正紀念堂は故蒋介石総統を記念し建てられたもので、台北の市内観光コースに必ず組み込まれ、ツアーパンフレットのイメージフォトにも頻繁に使われています。25ヘクタールもある敷地の中に国立音楽ホールと国立劇場が対になって建っています。

中にある展示物などもじっくり観たいところですが、今回は銅像見学と記念写真にとどめて、永康街へタクシーで移動です。

<DATA>
國立中正紀念堂(グオリー ヂョンヂォンジーニェンタン)
開館時間:9:00~18:30(公園は24時間)
定休日:なし

 

17:10~20:00 永康街でグルメとショッピング

鼎泰豊
鼎泰豊の小籠包は180元(約540円)。レンゲを使って食べるのがコツ ©中華民国観光局/呉至学撮影
中正紀念堂からタクシーで5分のところにある永康街(ヨンカンジエ)へ向かいます。永康街はグルメスポットが集中しているエリア。中でも台北グルメの王道、鼎泰豊(ディンタイフォン)とマンゴーかき氷の冰館(ビングァン)はぜひ押さえておきたいですね。鼎泰豊は混み合うと20~30分待ちですからまずはここに直行。17時過ぎなら夕食の混雑前に席につけます。

この近辺は雑貨店や茶葉店、茶器店にもセンスのいいお店が揃います。圓融坊(ユェンロンファン)で中華柄の布雑貨をお土産に買ったり、冶堂
(イェタン)や沁園(チンユェン)で茶器探しも楽しい時間。雰囲気のいい茶藝館回留(ホェイリウ)で本格的中国茶を味わうのもおすすめです。夕食をゴージャスにしたいならここではあまり食べずに、次に移動する台北101ビルで夕食を食べるのもいいでしょう。ここから台北101ビルへは、タクシーで5分程度です。

20:10~ 台北101で夜景もグルメも満喫

台北101
竹の形の101ビルは、8階ごとに節があり、8=発展と発音が同じことからますます発展するという意味を持っています ©中華民国観光局/陳主建撮影
最終目的地はここ、台北101ビルです。世界で有数の高さを誇る台北101ビルは、2007年にドバイの高層ビルに抜かれるまで世界一の高さでした。ここの展望台から台北の夜景を眺めてみませんか。

101ビルの3階までは、高級ブランドを集めたショッピングアーケードで、4階はモダンチャイニーズレストランiR Chinaやラグジュアリーな空間でタイ料理を楽しめるクリスタルスプーンなど8店のレストランがあります。ここで今日のプランは終了。このあと、台北101近辺のナイトスポットに繰り出すのもいいですね。

<DATA>
台北101 (タイペイ イーリンイー)
営業時間 :B1~5F 11:00~21:30 展望台営業時間 :10:00~22:00(入場は21:15まで)  定休日:なし
展望台入場料:1人400元(約1,200円) 身長110cm以下の子供は無料

他にここを回れば8割制覇!?

残念ながらコースに含められなかった士林夜市と龍山寺ですが、士林夜市は台北到着日の晩に、龍山寺は帰国日の早朝に行くなどしてプランニングすれば、定番観光スポットを大体押さえられるでしょう。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。