台北を1日で満喫! 欲張りモデルプラン

中正紀念堂

中正紀念堂はぜひとも行きたい人気スポット。奥にある紀念堂の中に故蒋介石総統の大きな銅像があります

初めて台北を訪れる人のために、台北観光のモデルコースをご紹介します。ちょっと駆け足のプランですが、観光地、グルメ、ショッピングをまんべんなく楽しめるおすすめプランです。

1日で台北観光を楽しむコツ

台北はタクシーの初乗り運賃が70元(約210円)と安いので、タクシーを上手く利用して効率よく回りましょう。徒歩10分程度のところは歩いて移動するプランにしましたが、あまりにも暑い日や激しいスコールの時は、無理せず思い切ってタクシーに切り替えるのも手です。それでも、博物館など意外と歩くところが多いので、靴は履きなれたものを。

9:00~9:30 忠烈祠から観光スタート

忠烈祠
抗日戰爭と國共戰爭で犧牲となった33万人の将校や兵隊を祭っています。写真提供:中華民国観光局/鋭志傳撮影
台湾観光名物、衛兵交代を見学できる忠烈祠からスタートします。この衛兵交代は毎正時に行われており、ホテルから直接行けば時間も読みやすいためここから観光を始めるのがおすすめです。9時までに到着できるようにホテルを出発しましょう。

20万人もの兵隊の中から選ばれた凛々しい青年達の一糸乱れぬ動きや、長い銃をくるくる回す技は必見です。衛兵交代が終わったら、タクシーで孔子廟へ移動します。

<DATA>
■忠烈祠(ヂョンリェツー)
拝観時間:9:00~17:00
拝観料:無料 
定休日:3/28、9/2、3/29と9/3の午前

 

9:45~11:00 孔子廟と保安宮

保安宮
保安宮には健康と長寿の神様がいます

孔廟
受験シーズンになると、受験票のコピーをもった学生がたくさん訪れる孔子廟
孔子廟(孔廟)は、学問の神様・孔子を祀った廟です。緑に囲まれた廟は階段に腰掛けて刺繍をするおばあさんや、楽器を練習する人がいたりと市民の憩いの場になっています。回廊の円柱には、一般的な廟に見られる掛け軸や題字がありません。これは、孔子の前で文章をひけらかすことは出来ない、という意味があるそう。

そのまま、歩いて1分もかからないところにある大龍[山同]保安宮へ。ここの御本尊、保生大帝は健康の神様で、地元の人から厚い信仰を受けています。台湾で人気の海の神様・媽祖や、子宝に恵まれる神様・註生娘娘もあります。

<DATA>
孔子廟(コンツーミャオ)
拝観時間:8:30~21:00(日、祝日は17時まで)
拝観料:無料 定休日:月曜日

大龍[山同]保安宮(ダァロントンバォアンゴン)
拝観料:無料 

11:00~11:40 故宮博物院へ移動

大龍[山同]保安宮からMRT圓山駅まで徒歩約10分、MRT圓山駅から次の目的地、故宮博物院のある士林駅までは2駅で着きます。士林駅から故宮博物院へはバスで行くのが1番安いですが、時間短縮のためにここでは約10分で行けるタクシーで。