黒髪の巻き髪アレンジ! ふんわり柔らかく見せるコテの巻き方

黒髪でも柔らかく見せる巻き髪のアレンジ方法

Hair&Make RIKUSHI

黒髪だと巻いてもどうしても重くなってしまうという方も多いと思います。そんな方に向けて、黒髪でもふんわりと柔らかく見せることのできる巻き方を細かくレクチャー致します。カラーができない職場の方や、黒髪が好きだけど柔らかく魅せたい方にオススメです。

<目次>  

黒髪アレンジのベースのスタイル

鎖骨下のセミディ。黒髪で髪もしっかりしているので重たく見えてしまいます。
黒髪で巻き髪アレンジをする前。ビフォー

黒髪のストレートヘア

黒髪の巻き髪アレンジにおすすめのタイプ

  • 髪量 やや少ない~やや多め
  • 髪質 柔らかい~やや固め
  • 顔型 すべてOK
  • クセ なし~ややクセ
 

黒髪でも柔らかく見せるコテの巻き方・サイド

ハチの部分を目安に分ける

ダックカールを使ってブロッキングするとやりやすい

1. まずは耳後ろでサイドとバックに分けて、さらにサイドの毛をハチの部分で上下に分け取ります。
 
黒髪を毛先から内巻き

毛先からコテで内巻きをワンカール入れる

2. 毛先から32ミリのコテを使い内巻きに1回転巻き込みます。コテの温度は120~150度が目安です。
 
内巻きの上からコテを挟む

コテで外ハネを作るようなイメージ

3. コテを反転させて、内巻きをしたワンカール上から毛束の真ん中辺りを挟みます。
 
中間にくぼみができ、黒髪に動きが出る

中間にくぼみができる

4. そうすることで中間部分にくぼみができ、立体感のあるカールになります。
 
目の高さくらいまで持ち上げる

表面の毛束のみでOK

5. カールをつけた表面の毛束を、目の高さくらいまで目安に持ち上げます。
 
中間まで2回転内巻きに巻き込む

コテに毛束を2周巻きつける

6. 持ち上げた毛束の、毛先から中間まで内巻きに2回転巻き込みます。
 
黒髪でも柔らかく動いてふんわりアレンジに

コテを外すと、柔らかく動くカールアレンジに!

7. 持ち上げながら巻くことで柔らかい巻き髪アレンジができるようになります。
 
1センチくらいの毛束をつまむ

内巻き2回転よりも高い位置

8. さらに立体感を出すために、表面から1センチくらいの毛束をつまんで頭の少し上まで持ち上げます。
 
根元付近まで巻き込む

3回転ほどの巻き髪も内巻きで

9. 長さによってやや変わりますが、毛先から根元付近までおよそ3回転ほど巻き込みます。これを片サイドで2箇所ほど行います。
 
柔らかく立体的に動く黒髪アレンジヘアに

段階に分けて巻くことで、ゆるやかな動きがつく

10. そうすることでさらに立体的なウェーブスタイルがサイドに完成するので、左右同様に行って下さい。
 

黒髪でも柔らかく見せるコテの巻き方・バック

コテを上から挟み外巻きにする

コテを上から挟み外巻きにする

1. まずはサイドと同様にハチの部分で上下に分け取ります。そして耳後ろの毛束を肩に沿わせて外巻きになるように上からコテを挟んで1回転巻きます。
 
毛先から1回転巻き込む

後ろはやけどしやすいので注意

2. 後ろの毛を毛先から内巻きに1回転巻きます。
 
毛先から2回転巻き込む

毛先から2回転内巻きをする

3.ハチ上の毛束は毛先から2回転内側に巻き込みます。後ろは巻きにくく自然と毛束が持ち上がるため、サイドの巻き髪のときのように毛束を上に持ち上げることを意識しなくてOKです。左右同様に行って下さい。
 

巻いた毛束は崩してより柔らかい質感を作る

黒髪の巻き髪アレンジが巻き終わった状態

巻き終わりの状態

1. バックとサイドが巻き終わった段階ですでに柔らかさと立体感は出ていますが、さらに黒髪が柔らかく見えるワンポイントを加えます。
 
内側から空気を入れるように崩して、黒髪でもゆるい雰囲気に

手を広げて空気を入れるようにざっくりほぐす

2. 根元から巻いた髪の内側に空気をしっかり入れるように、手ぐしで毛束を崩します。だいたい3回ほど繰り返すと毛束が程よく崩れて柔らかい仕上がりになります。
 
より柔らかく立体的に動く黒髪巻き髪アレンジに

ほぐすことで、より柔らかく立体的に動く

3. コテで巻いただけより、柔らかく立体的になっています。黒髪で巻き髪アレンジをする場合、コテでしっかり巻くというより、自然なクセ毛のような動きをイメージすると良いです。
 

黒髪でも柔らかく見せるコテの巻き方・前髪

前髪を上下2段に分けとる

上段をダックカールで留める

1. 最後に前髪を巻いていきます。まずは上下2段に分け取ります。
 
火傷に注意しつつ毛先から1回転

火傷に注意しつつ毛先から1回転

2. 下の段は自然に落ちる位置で毛先から1回転巻き込みます。やけどしないように注意しながら巻いて下さい。ヘアバンドでおでこを隠しながら巻くと、やけどを防止できます。
 
前髪の毛束を持ち上げて1回転

毛束を持ち上げてから、1回転内側に巻く

3. 上の段は毛束を上に持ち上げてから1回転巻き込みます。
 
黒髪でもボリュームのある前髪に巻ける

黒髪でも動きのある前髪になる

4. 表面がふんわりとした柔らかい印象の前髪に仕上がります。
 

黒髪向け巻き髪アレンジをキープするコツ

内側から空気を入れるように黒髪の巻き髪アレンジを固定する

片方の手で毛束を持って内側からスプレー

カールが取れやすい方はスプレーをする事をオススメします。スプレーをするときは、せっかく柔らかく巻いたカールをカチカチにしないように気をつけましょう。内側から空気を入れるように全体に均等に必要な量だけスプレーをすると良いです。
※付けすぎると髪が硬くなってしまうので要注意
 

黒髪の巻き髪アレンジ 正面&サイド&バック

段階的に巻くことで黒髪でも動きのある巻き髪アレンジに

段階的に巻くことで動きのある巻き髪アレンジに

前髪を上下に分けて巻いてボリュームを出す

前髪を上下に分けて巻いてボリュームを出す

黒髪で巻く場合はくせ毛のような柔らかい巻き髪をイメージ

黒髪で巻く場合はくせ毛のような柔らかい巻き髪をイメージ

黒髪でも柔らかく見える巻き髪アレンジは、いかがでしたでしょうか? 一度覚えるとダウンスタイルはもちろん、ヘアアレンジをする時のベースの巻き方としても使えるので是非挑戦してみて下さい♪ ヘアアレンジの前のベースの巻き方は、こちらも参考にしてみてください。
 

黒髪アレンジの関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。