image

フランスのオーガニックコスメブランド「メルヴィータ」


エステティシャンとして日ごろから言っているのは、たるみやほうれい線が気になりだしたら頭皮マッサージを始めるサインということ。今回のイチオシは、オーガニックコスメブランドとして知られるメルヴィータの頭皮マッサージにも使える「アルガンオイル」です。

美容成分を多く含んだオイルが頭皮の毛穴汚れを浮かせてくれ、髪だけでなく顔のリフトアップにも効果あり。また、オイルですがベタつかず、手触りがサラッとしているのもイチオシポイントです。


 

顔にも髪にも使えるマルチオイルは、頭皮マッサージにも◎

 
image

頭皮マッサージにはごく少量でOK。両掌によくなじませてから使う


フランスのお風呂には洗い場がないので普段はシャワーのみですが、週末は美容タイムを設けて浴槽に浸かりながら肌のケアをしています。そのとき、顔のお手入れとセットで必ず行うのが頭皮マッサージです。
 
ストレスが溜まっていたり疲れていると、頭皮が固くなったり触ると痛みを感じます。頭皮のこりをほぐし血行を良くすることで顔のくすみを解消し、頭皮を動かすことで表情筋が刺激されてたるみやほうれい線が目立たなくなるのです。
 
指通りを良くするためだけでなく、皮脂など頭皮の毛穴汚れを浮かせるためにも、メルヴィータの「アルガンオイル」を使用しています。肌に触れるものだから、良質のオーガニックオイルを選ぶのが私のこだわり。メルヴィータの商品はどれも買いやすい価格で品質が良く、オーガニックショップや薬局で手に入ります。
 
アルガンオイルは美容成分を多く含み、抗酸化力と保湿力が高く、顔だけでなく頭皮や髪にも使えるので、ひとつ持っているとマルチに活躍します。オイルですがベタつかず、サラッとしているので気に入っています。
 

マッサージは頭皮を動かすのがコツ

 
image

マッサージの後、蒸しタオルで髪全体を包んで頭皮を温める


私がメルヴィータ「アルガンオイル」を使って実践している頭皮マッサージをご紹介します。

まず、マッサージの前にブラッシングをして髪の汚れを落としておきます。オイルを適量手に取り、両手の掌によく馴染ませてから頭皮をマッサージします。マッサージのコツは指先を頭皮から離さないことと、頭皮を優しく動かすようにすることです。
 
指先に気持ちいいと感じる圧をかけて、縁を描くように下から上へと、頭頂部に向かって頭皮を引き上げるように少しずつ移動させていきます。マッサージの時間は約10分。その後、電子レンジで温めたタオルで髪を覆って、湯船に浸かり10分~15分程度置いてからシャンプーをします。

「アルガンオイル」は美容効果の高い万能オイルで、昔からフランスでは愛用されてきました。頭皮マッサージだけでなく、洗顔後の化粧水の前のブースターにも、顔やボディのマッサージオイルとしても大活躍してくれます。

ほのかに香るナッツの香りで、ほかのアイテムとの馴染みも良いので重ねて使っても大丈夫。キュッと引き締まった顔とツヤ肌になるために、アルガンオイルをぜひ取り入れてみてください。



DATA
メルヴィータ|アルガンオイル

内容量:50ml
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。