ガイドが厳選!パリのおすすめ美術館

オルセー
昔は駅舎だったオルセー美術館

市内に200以上もの美術館を抱えるパリは、まさに芸術の宝庫。ルーブルのように圧倒的な規模のものもあれば、邸宅を使った小さな美術館もあり内容もバリエーション実に豊か。築100年以上の古い建物や、最先端のモダンな設計など展示内容はもちろん、建築作品としても訪れる価値があるところばかりです。

その中でも絶対行っておきたい「マストな美術館」、興味がある分野なら訪れる価値大の「テーマ別美術館」、そして見逃せない展覧会が目白押しの「企画展専門美術館」の3ジャンルに分けてご紹介していきます。

 

<目次>

絶対行きたい! パリのマストな美術館

数ある美術館のなかでも、以下は世界的にも有名で何はともあれ行っておきたい5大美術館。もちろん限られた日程の中で行くわけですから、5軒さえも無理かも……という場合は、ルーブル、オルセー、ポンピドーの3つをマスターしておけば、フランス美術の古典、近代、現代と一通りカバーできます。

絶対行きたい1 ルーブル美術館

ルーブル
1日では回りきれないほどの規模を誇るルーブル美術館

アメリカのメトロポリタン美術館、ロシアのエルミタージュ美術館とともに世界三大美術館に数えられているルーブル美術館はまさに世界でも屈指の作品ラインナップと規模を誇ります。モナリザやミロのビーナス、ナポレオンの戴冠式など教科書でお馴染みの作品が集結する美の殿堂は、じっくり回るには1日では足りないほどの充実度。入口でもらえるガイドマップで見るべき作品をチェックし、見逃しがないよう計画的に回るのがおすすめです。

詳しくはこちらの記事で>>>ルーブル美術館

<DATA>
Museé du Louvre
住所:Museé du Louvre 75001 Paris(Googleマップ
最寄駅:Palais Royal Museé du Louvre(メトロ1、7)