DH75P2
Viiv対応、日立のPrius Deck DH75P2

テレビ番組、音楽を楽しめるViiv

Viiv対応PCは、次のような楽しみ方が可能です。

  • 魅力的な映像、音楽コンテンツ
  • リモコンによる手軽な操作
  • ボタンを押すだけでON/OFFが切り替わる操作感
  • 音楽を楽しみながら番組録画ができるといった高性能さ
  • ネットワーク・メディア・プレイヤーなどとの簡単な接続

    とくに注目すべきは、映像コンテンツの豊富さです。米国では、NBC Universalによるトリノ五輪の映像などが用意されますが、日本での対応コンテンツには、映像、音楽、ゲームなど以下のようなものがあります。

  • ZZZ.TVの、お笑いなどエンタテイメントコンテンツ(ベルロックメディア)
  • GyaOの、ニュース、映画、スポーツなどの無料チャンネル(USEN)
  • NEC BIGLOBEストリームのブロードバンド動画(NEC)
  • PRISMIX.TVのブロードバンド動画(エイベックス・ネットワーク)
  • 探偵事務所5によるオリジナルムービー(映像探偵社、ブロードバンドタワー)
  • ゲーム鬼武者3(カプコン)
  • ゲームファイナルファンタジーXIFRONT MISSION ONLINE(スクウェア・エニックス)
  • ORICON STYLEの音楽・映像配信サービス(オリコン)

    MCE 2005
    リモコンで操作できる、Windows XP Media Center Edition 2005
    Viiv対応PCでは、これらコンテンツがMCE 2005のインターフェースから選択できるなど、操作が簡単です。言うまでもありませんが、Officeシリーズを使うなど、PCとしての「ふつうの」使い方もできます。こう考えると、ViivはIntel社公認のTV機能付きPCと考えることも可能でしょう。

    Intel社は、Viiv対応コンテンツにも一定の基準を設けています。基準に準拠したコンテンツを楽しむ際には、操作画面に「Enjoy with Viiv」のロゴが表示されます。今後、Viiv対応コンテンツはさらに充実していくことは確実です。

    上記コンテンツは、Viiv対応以外のPCでも楽しむことが可能です。

    Viiv対応機が増えていく……>>NEXT


    Page1:Viivって何?
    Page2:Viivで何ができる?
    Page3:Viivのねらいは?