新しいパソコンを購入するには、今年のボーナスは絶好の機会だ。それは第1に、Windows 8の改良版である同8.1が登場、秋冬モデルでは、この新OS(基本ソフト)を搭載した新スタイルの製品が次々に登場していることだ。購入時のOSがWIndows 8であっても、ほとんどが8.1に無償アップデートできる。第2に、長年親しまれてきたOSであるWindows XPのサポートが間もなく終了するため、XP搭載パソコンのユーザーには買い換えが望ましい状況になっていることだ。第3に、買い替えるなら、消費税増税前がお得なことだ。

以上を念頭に、お薦めの機種を紹介しよう。


第1選:SONY VAIO Tap 21

vaiotap21

VAIO Tap 21


デスクトップとタブレットの2ウェイパソコン。バッテリーも内蔵し、電源なしでも4時間(公称)は使える。21.5型のモニタに、HDDとSSD(ソリッドステートドライブ)によるハイブリッド構成で、操作も実に軽快。光学ドライブはUSB接続の外付け式。テーブルに置いて、家族で使うこともできる新コンセプトの製品だ。

VAIO Tap 21


第2選:富士通 FMV ESPRIMO WH77/M

FMV ESPRIMO WH77/M

FMV ESPRIMO WH77/M



独自設計のヒンジで最大62度傾けて使える、タブレットに限りなく近い、21.5型の一体型デスクトップパソコン。テレビ機能はないが、電子マネーの決済に使えるNFCポートを備えるほか、Windows 8.1の操作をしやすくする初心者向けソフトが満載。従来からのWindowsユーザーでも、操作に戸惑うことは少ないだろう。

FMV ESPRIMO WH77/Mのレビュー
ESPRIMO WH77/M

次ページでは第3選~第5選をご紹介。