日本人の常識「空気を読む文化」は国際的には珍しい?

学ぶ女子高校生

日本では、その場の空気を読んで行動する文化が当たり前。しかし、国際的には特異的

島国ニッポンで暮らす私たち日本人は、とかくその場の空気を読んで行動することに慣れ親しんでいるように思います。言葉で確認をしたりマニュアルを調べたりしなくても、周りの行動を見て「あんな風にやればいいんだな」と判断したり、他人と話すときにも「言い方で察してくれるだろう」と自分の気持ちや意図を細かく伝えないまま、理解してくれることを期待したりする節があるのではないでしょうか。

しかし、このように日本人にとってはなじみのある「空気を読む文化」は、国際的に見ると珍しいものだと言われています。たとえば、多くの移民をルーツに持つアメリカや、地続きで多数の民族や宗教が混在している欧州諸国では、一つの地域や学校、職場の中に異なる文化や言語を持つ人々が暮らす場合が多く、ある一定の文化の人々だけに受け継がれている習慣や常識などの“空気”に従って行動することは、困難な場合が多いのです。
 

空気を読む文化の長所と短所

日本ように文脈の共有性が高い文化は「ハイコンテクスト文化」、欧米のように文脈の共有性が低い文化は「ローコンテクスト文化」と呼ばれています。

ハイコンテクスト文化の利点は、相手の意図やとるべき行動が雰囲気で理解できることです。たとえば、日本の社会では「ここはまるで“80年代の昭和”ですね」といったあいまいな表現でも伝わったり、地域の重鎮の意見に従っていれば物事が丸く収まったりすることが多いですが、これらはハイコンテクスト文化ならではの利点です。

このように、ハイコンテクスト文化の中で生活していると「多くを語らなくてもわかってもらえる」「言葉で確認しなくても行動できる」という安心感を享受することができます。その一方で、一定のハイコンテクスト文化だけになじんでいると、物事を説明する力や確認する力が育ちにくくなってしまいます。

たとえば、日本の子どもの多くは幼児の頃から同じ地域で暮らす子どもたちと遊び、同じテレビ番組やゲームに親しみ、なじみの大人に見守られて成長しています。こうした中で育っていると、その子の特徴や好み、考え方の傾向は、周囲の人たちになんとなく理解され、説明しなくても思いが伝わります。これは大きな安心感を生む一方で、自己表現の力が育ちにくくなり、環境が変わった時にカルチャーギャップに直面しやすくなります。

また、こうした環境で生活していると、異文化の人々への理解も育ちにくくなります。異文化の人々を理解するには、まず、自分とは違う背景や価値観を持つ人がたくさんいることを知り、その違いを前提にして物事を考えることが必要です。しかし、日常的に異文化の人々と交流し、彼らの価値観を尊重していないとこの意識は育ちにくく、時に異国の人々を偏見的に捉えたり、地域に移住した人を“よそ者”として排除する意識につながってしまうことがあります。
 

ハイコンテクスト文化のストレス…「同調圧力」と「忖度」

談笑する3人の女性

忖度ができることは、日本では大人の常識。しかし、忖度の失敗が続くと「配慮のできない人」を疑われてしまうことも

また、ハイコンテクスト文化には特有のストレスも生じます。たとえば、「同調圧力」や「忖度」によるストレスです。

「同調圧力」とは、少数派の意見が無視され、多数派の意見に従わされるプレッシャーです。同じコンテクストを共有する人との間では、その中だけの暗黙のルールが形成され、しばしば「これをしない人は仲間に入れない」といった空気ができてしまいます。仲間から排除されないように文脈を読み、納得のできない行動をすることには、非常に多くのストレスがかかります。

「忖度」とは相手の気持ちをおしはかって配慮をすることですが、ハイコンテクスト文化では人に指示されずにある程度の忖度ができることが当たり前のこととして求められることが多くなります。とはいえ、人の気持ちは分かりにくく、器用に忖度できないことも多いものです。自分の解釈が相手の思惑と違っていたり、良かれと思ってしたことが迷惑になってしまうこともあります。しかし、ハイコンテクスト文化ではこうした忖度の失敗が重なると、「配慮が足りない」「空気が読めない」と見なされてしまうことがあります。

忖度によるストレスについては「「忖度ストレス」に強くなり人間関係を良好に保つコツ」記事もあわせてご覧ください。
 

ローコンテクスト文化を取り入れ、人間の多様性を理解する

このように、ハイコンテクスト文化の中で生きることには安心感がある一方で、特有のストレスにも直面します。

しかしこれからの日本は、グローバル化の進展や人口の減少により外国人労働者が増え、移民も増えていくかもしれません。また働き方改革により、働く人の性別、年齢の多様性が拡がるだけでなく、育児、介護、病気の治療等さまざまな境遇を持つ人の割合も増えていきます。したがって、一定のハイコンテクスト文化のコミュニケーションだけに浴していると、地域や学校、職場での学び合いや協働は成り立たなくなってしまいます。

こうした中、意識して取り入れるべきなのが「ローコンテクスト文化」です。文脈に依存せずにできるかぎり言葉で説明し、相手の理解の確認をとることです。同時に、伝える際には言葉だけに依存しないことも大切です。ジェスチャーや図などの方法も駆使し、相手の理解を確認しながら効果的な伝え方を工夫することです。そして何よりも大切なのは、人にはそれぞれの文化や特性を背景にした価値観があり、自分や多数派の価値観と合わないこともあって当然だと理解し、相手の価値観を尊重することです。

繰り返しますが、この先日本では多様な人々(年齢、性別、文化、境遇、出身国等の異なる人々)と共に学び、働く社会が確実に到来します。そのときになって慌てることのないよう、日頃からローコンテクストのコミュニケーション・スキルを高め、人間の多様性を理解し尊重する思考に切り換えていくことをお勧めします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項