シドニー中心部=シティの移動は無料バスが便利!

実際に「シドニー」という住所になるエリアは非常に狭く、本当に中心部の半径1~1.5km前後の範囲のみで、シティ または CBD(Central Business Districtの略)と呼ばれています。ちなみに、一般的に「シドニー」という場合は、このシティから半径約30km程度の範囲=メトロポリタン・エリアを指します。

2008年12月より、シティ内を走る無料巡回バス=CBDシャトル・ルート555が登場しました!

この無料シャトルは、バスの前と横にある行き先表示に「555」と表示されています。ルートは、サーキュラー・キー~ブリッジストリート~ジョージストリート~タウンホール~チャイナタウン~セントラルステーション~エディアベニュー~エリザベスストリート。シティの主な観光スポットへも数分程度の徒歩圏内で乗降りできます。山手線と同じように、時計回りとその逆周りを相互運行しています。

運行時間は、月~水、金曜日が9:30~15:30、 木曜日は~21:00まで。土、日曜日と祝祭日(※クリスマスを除く) は、 9:30~18:00となっており、約10分間隔で運行されています。

シドニーでの主な移動手段はバス、鉄道、モノレール

中心部から半径約30km程度のエリア内は、かなり細かくバス路線が網羅されていますので、郊外を含めたほとんどの場所への移動が可能。ただし、郊外へ行くバスは、30分~1時間程度に1本と便数が少ないので注意が必要です。

バスは前乗りで、行き先をドライバーに告げてチケットを購入すればOK。ただし、最近は「プリペイ・オンリー」という料金先払い制のバスもあり、その場合は事前に購入した定期券や回数券などが必要となります。該当バスには、車体の横等に大きく「PrePay Only」と書かれています(事前購入型チケットは、主なニュースエージェントや駅、サーキュラー・キーのフェリー乗り場等にて販売)。

シティ中央あたりからは、その西側のダーリング・ハーバーと南側のチャイナタウンを周回するモノレールもあります。モノレールは運行ルートが限られていてあまり便利ではないため、地元の人はほとんど利用しませんが、シドニーの街並みを見下ろしながら移動できると、観光客にはなかなかの人気。

鉄道は、シティレールがシティを中心に東西南北に走っています。東はボンダイ・ジャンクションまでですが、南北と西へはシドニー以遠へと延びており、シドニーの西に位置する世界遺産のブルー・マウンテンズへもシティレールを使って行くことができます。

また、シティレールはシティの中心部だけ地下をぐるりと周るように走っていますので、地下鉄のように使うこともできますが、中心部だけの移動なら歩いてしまったほうが早いことも……。

その他に、シティ~ダーリング・ハーバー~近隣西部エリアを結ぶライトレールという路面電車も走っています。

カジノのあるスターシティやシドニーフィッシュマーケット(魚市場)に行くのに使えますが、それ以西に行く場合は、遠回りになってしまうこともありますので路線をよく把握しておくのがベスト。例えば、週末マーケットで知られるグリーブへ行くのなら、バスのほうが断然近くて早く到着できます。

上記すべてのチケットは各駅の券売機(シティレールは日本語表示あり)か窓口で。