タイヤをネット通販やオークションで買う人が増えている!

かつて、タイヤ交換と言えばディーラーやカー用品店でタイヤを購入し、その場で新しいタイヤに換えることが一般的でしたが、インターネットの普及により、近年はネット通販やオークションでタイヤを買う人の数が年々増えてきています。タイヤ公正取引協議会の調査(2017年10月発表)によると、2010年では1割未満だったネット購入者数の割合が、現在は約3割に増加しており、今後もますます増えていくことが予想されています。

よそで買った新しいタイヤをカー用品店やガソリンスタンド、ディーラーなどに持ち込んで交換してもらうことを「持ち込みタイヤ交換」と言いますが、近年は「持ち込みタイヤ交換専門店」も増え始めています。
タイヤ交換作業イメージ

持ち込みタイヤの交換は専門店がおすすめ!

 

持ち込みタイヤ交換専門店とは?

全国に増えつつある持ち込みタイヤ専門店では、他では歓迎されない場合でも肩身の狭い思いをする必要はありません。これらの店の多くはネットで注文したタイヤを、自宅ではなくショップに直送できる(受け取り料などもほぼどの店も無料)ので自宅からピットまでタイヤを運ぶ手間も不要です。タイヤ4本を車に乗せて運ぶのはかなり大変です……。

工賃はタイヤサイズをベースに、明確に表示がしてあり、だいたい1本あたり1500~2700円前後。ランフラットタイヤは加算無しのところもあれば2倍というお店もあります。
 

持ち込みタイヤの場合、ディーラーや量販店だと工賃が高い!

タイヤ交換工賃undefinedサイズによる工賃の違い

タイヤ交換の工賃はタイヤサイズの違いで変わってくる

オートバックスをはじめとする量販店やカーディーラーでは、「持ち込みタイヤ」のタイヤ交換運賃を高めに設定していることが一般的です。タイヤ販売の利益を上乗せしているので、それは当然と言えば当然ですね。そもそも、持ち込みタイヤの交換は受け付けない、というお店もあります。筆者がディーラーに聞いたところ、国産ディーラーでは1本3000円~、輸入車ディーラーでは1本5000円~と言われて驚きました。

■持ち込みタイヤ交換の工賃 ※インチ数によって違います。
ディーラー       → 3000~5000円
量販店         → 1700~3400円
持ち込みタイヤ専門店  → 1500~2800円

なお、最近の傾向だと思いますが、量販店の中には「持ち込みタイヤ交換は、amazonで購入したものだけ対応可能。ただし国産乗用車に限る」というところも増えているようです。

持ち込みタイヤ交換OKのショップはどうやって探す?

持ち込みタイヤ交換に対応してくれるショップを探すには、こちらがおすすめです。

タイヤピット
https://www.tirepit.jp/

本来はタイヤ通販最大手のオートウェイで購入したユーザー向けのショップリストですが、それぞれ独立したお店なのでオートウェイ以外で購入した場合でも対応してくれると思われます。事前に確認して予約をすると安心です。

なお、オートウェイで購入した場合の工賃は、脱着、組み換え、バランスを含んで、全国一律で

15インチ以下 → 1800円(税別)/1本
16-18インチ  → 2200円(税別)/1本
19-20インチ  → 2700円(税別)/1本

となっています。オートウェイ以外で購入した場合は料金が異なる(全国一律料金より安い場合もあります)ケースもあるので、こちらも事前に要確認です。

実際に持ち込みタイヤを交換してもらいました。

持ち込みタイヤ交換専門店undefinedカーカージャパン

横浜市旭区にある持ち込みタイヤ専門店「CarCarJapan」でタイヤ交換を体験

筆者は先日、縁石に乗り上げる際にタイヤを擦ってしまい、サイドウォールを切ってパンクさせてしまいました。ちょうどタイヤ交換の時期でもあったので、タイヤを通販で購入し、タイヤピットでよさそうなショップを探してみました。

・輸入車もOK(できれば輸入車歓迎)
・交換実績が多く、評判が多い
・交換費用が分かりやすい。
・輸入車でも工賃に特別加算無し
・うち(横浜市緑区)から近い

などなど……この「わがままな」条件を満たすのが、横浜市旭区にあるカーカージャパンという会社でした。聞いてみたところ、カーカージャパンは、タイヤピットの加盟店でもありますが、オートウェイ以外の持ち込みタイヤ交換も大歓迎とのこと。お店でタイヤも販売しています。通販店からのタイヤ直送も無料です。予約もネットで簡単にできました。なお、パンクで動かせなかった筆者の車は、JAFにお願いして無料でカーカージャパンまで運んでもらいました。JAF会員なら15キロ以内は無料で運んでくれますし、予約も可能です。


車種やタイヤの種類による割増無し

フィアット&アルファ特有のつの

専門店なら、フィアット&アルファ特有の「ツノ」の扱いもお手の物


筆者がまず、心惹かれたのは、車種(外車、4WD、SUV、ミニバン、ローダウンなど)やタイヤ種類(ランフラット、扁平、中古、4WD、LT、スリックなど)による割増料金がないことでした。レーシングカーのタイヤ交換も同料金!実は、これはとても珍しいことで、ちょっと変わった車に乗っている人にはかなりありがたい対応ではないでしょうか。持ち込みタイヤ交換ショップを探す際に参考にしてください。

交換作業はタイヤ交換4本、40分程度で完了しました。ちなみに筆者も今回初めて知ったのですが、アルファロメオやフィアットの一部車種はタイヤの脱着にかなり手間とコツが必要らしく、慣れていないお店では交換に大変な時間がかかることもあるそうです。

ネット通販で安くタイヤを買ったなら、交換もリーズナブルに、持ち込みタイヤを歓迎してくれるお店で行いたいものですね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。