アイブロウメイクの影響力大! 老け見え回避のテク

左がNG眉毛メイク、右がOKメイク。眉毛で印象は大きく変わる

左がNG眉毛メイク、右がOK眉毛メイク。眉毛で印象は大きく変わる

眉毛は、メイクの大黒柱です。美しいベースメイクと、完ぺきなポイントメイクを施しても、眉毛次第でメイクの出来栄えがグラグラと揺らいでしまうこともあるほど。

眉毛は、眉尻が下がっていると寂しげに、逆に上がりすぎるとキツく見えます。また、細眉は、フェイスラインがたるんで見え、老けた印象になります。角度のある細眉や下がり眉はいったんリセットし、自分に合った眉毛データをアップデートしていきましょう。

どんな眉の形にすればいいの?

緩やかな上昇眉がベスト!

緩やかな上昇眉がベスト!

年齢とともに顔の重心が下がっていく傾向にあるので、「ゆるやかな上昇眉」がベスト! 以下の2つのポイントを意識してアイブロウメイクをしましょう。
1.眉頭(始点)と眉尻(終点)が横に一直線上
2.目尻と眉山(頂点)が縦に一直線上


眉毛の描き方をレクチャー!

1.眉尻をアイブロウペンシルで描く
アイメイクとバランスを取るためにも、アイメイク後にアイブロウメイクをするのがおすすめ

アイメイクとバランスを取るためにも、アイメイク後にアイブロウメイクをするのがおすすめ

眉毛のメイクは、アイメイクが完成した後に。まずは、眉尻の毛が足りない部分を1本1本ペンシルで細かく描くようにして書き足していきます。
2.眉頭~中央までをアイブロウパウダーで描く
ブラシは付属のものではなく、きちんと手に持てる長さのものが描きやすい

ブラシは各パーツに合ったものを使うのがおすすめ

眉の毛流れに沿って、眉の中央~眉山、眉頭~眉の中央の順にブラウンのアイブロウパウダーで描きます。

3.眉頭の下をパウダーで描き足す
ペンシルタイプのパウダーだと使いやすい

ペンシルタイプのパウダーだと使いやすい

眉頭の少し下の部分をパウダーで描き足して、眉頭の位置を少し下げます。濃くなりすぎると不自然になるので、あくまでポンポンと優しく重ねましょう。こうすることで、顔に立体感が出てメリハリがつきます。

4.眉頭を綿棒でぼかしてノーズシャドウに
綿棒でぼかして自然なノーズシャドウに

綿棒でぼかして自然なノーズシャドウに

描き足した眉頭を綿棒でぼかし、なじませ自然な濃さに調整します。この時、綿棒についたパウダーを目頭にサっと塗り下ろすことで、自然な陰影がつき鼻が高く見えます。

5.眉毛をブラシでとかしてふんわりさせる

眉毛を立ち上げて若々しい印象に

眉毛を立ち上げて若々しい印象に

眉毛をスクリューブラシで整えてふんわりさせます。眉毛がふんわり立ち上がると、若々しい印象に。
もし、髪をカラーリングしていて、眉毛のカラーと差がある場合は、眉マスカラを塗って乾かしてから、スクリューブラシで整えましょう。これで基本ほアイブロウメイクは完成です。

左右で眉毛のバランスが違う場合

メイクブラシを眉頭に合わせて、バランスを見る

メイクブラシを眉頭に合わせて、バランスを見ると分かりやすい

左右で眉毛のバランスが違う場合は、眉頭の位置を揃えましょう。眉頭が低いほうに合わせて描きます。眉頭は視線の集まりやすいポイントなので、そこを揃えるだけでもバランスの取れた印象になります。

眉の形を整える! お手入れ方法

眉のポイントによってお手入れツールを使い分けよう!

眉のポイントによってお手入れツールを使い分けよう!

少なくとも月に2~3度は眉用ハサミや電動眉用シェーバーで眉の形を整えるお手入れを。上の画像の白い線で囲った眉頭・眉下は眉用ハサミで、眉毛のラインからはみ出る分を切って長さを整えます。ピンクの点線の眉上やまぶたの上は、電動眉用シェーバーを使いましょう。

整える前に、ガイドとなるように薄く眉毛を描いておくのがおすすめです。なお、毛抜きで処理をすると生えてこなくなる可能性があるので、気をつけてください。

顔の印象が見違える!若見えアイブロウの完成

眉毛ひとつで顔の印象は大きく変わります!

眉毛ひとつで顔の印象は大きく変わります!

年齢とともに表情筋が下がってくるため、筋肉に添って描くと老けて見えてしまう場合があります。自然な上昇眉でたるみをカバーしましょう。

今回の使用コスメ

今回使用したコスメ

アイブロウブラシやスクリューブラシもそろえておくと良い

■アイブロウペンシル&パウダー
資生堂 アイブロー スタイリング デュオ BR704/3,000円(税抜)資生堂インターナショナル

■アイブロウパウダー
アイブロウ クリエイティブパレット/4,200円(税抜)イプサ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。