台湾のコンセント・電圧事情

台湾・台北のコンセント・電圧・プラグ・変圧器事情

形が同じだから大丈夫……でしょうか?

携帯電話やカメラの充電は、旅の関心事の一つ。台湾と日本、コンセントの形は全く同じです。そこで今回は日本の電化製品が台湾でそのまま使えるのかどうか、について検証していきたいと思います。
   

台湾は日本とは違い、110V 60Hz

日本のコンセントはAタイプ、100V 。日本の電源周波数(Hz)は、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東日本側は50Hz、西日本側は60Hzが使われています。

台湾のコンセントはAタイプ、110Vで60Hz。なので、携帯やスマホの充電器、ノートパソコン、カメラのACアダプターは100V~240V対応がほとんどなので、よほど古い機種でない限り使えます。

ACアダプターにINPUT(INまたは入力)100-240Vと記載されていれば使用可能です。100Vとしか書かれていないものは使えません。
 

旅行時にはドライヤーとヘアアイロンは海外仕様のものを

台湾でドライヤーは持っていける?

使い慣れたドライヤーを持っていきたい人は多いと思いますが……思わぬ故障の原因に!

日本のドライヤーは100Vなので、110Vの台湾で使用すると故障する可能性があります。ですので240V対応または海外仕様と書かれたドライヤーやヘアアイロンを持っていきましょう。実際、当ガイドも100Vのヘアアイロンを台北に持ち込んで壊したことがあります。

高級ホテルの中には、電気カミソリ用に100Vのコンセントを洗面台の横に常備しているところもあります。
 

50Hzと60Hzについて

電化製品には周波数が50Hz と60Hzどちらの地域でもそのまま使えるものと、使えないものがあるんです。台湾は60Hzで関西と同じですが、この周波数の違いについてはどうでしょうか?

テレビ、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、電気ストーブ、LED電球などは問題なく使えます。扇風機や冷蔵庫は回転数などの変化が起こる可能性があります。最近は50Hz/60Hzと記載されている電化製品も増えました。

電子レンジ、蛍光灯器具、洗濯機は異なる周波数の地域では使えないものがあります。旅行者が電子レンジなどを持ちこむということはまずなさそうですが、仕事によるロングステイで50Hzの蛍光灯電気スタンドを持ち込む予定がある人は注意が必要です。

以上、台湾のコンセントと電圧についてお伝えしました!


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。