台湾の通貨単位は「元」

台湾のおみやげ店で見た値札

多くの表記は元で書かれることが多く、ドリンクスタンドや屋台では元も省略して数字のみ

台湾の通貨は元(ユェン)ですが、実際に台湾を旅してみると様々な表現があることに気づくでしょう。そこでまずは台湾の「通貨単位」「紙幣やコインの表記」「会話のなかで使うとき」「書き言葉で表すとき」「両替の時の通貨表記」の4つについて解説します。
  • 通貨単位は「元(ユェン)」
  • 紙幣やコインの表記は「圓(ユェン)」
  • 会話のなかで使うとき「100塊(イーバイクァイ)」「100塊銭(イーバイクァイチェン)」または100(イーバイ)というように、通貨単位を省略して数字だけ言う。台湾元の紙幣、という言葉は台幣(タイピー)で、日本の円は日幣(リーピー)です。
     
  • 台湾の通貨表記

    インターネットのウェブショップでは$(ドル)と書かれていますが、これは米ドルではなく新台湾ドルのこと

  • 書き言葉の通貨単位は「元」が一番多く、英語で書く場合は「NT$(ニュータイワンドル)」「NT」が一般的。この場合NT$100、のように、数字を後に書きます。インターネットではさらにNTも省略して$999と表記することもあります。
  • 両替に関する台湾元の表記は「TWD(タイワンドル)」ですが、価格を示す単位としてTWDを使用する事はあまりありません。
  • 時々使われる表現として「新台幣」ということがあります。
2018年4月23日現在の為替レートは1台湾元=3.66円です。ざっくりと計算するなら「台湾元は4倍するとだいたい日本円の金額」と覚えておくといいでしょう。

通貨の種類

通貨

お札と硬貨の見分け方を覚えよう

コインは、1、5、10、20、50台湾元があり、紙幣は赤いお札の100台湾元札、紫の500台湾元札、青い1000台湾元札があります。それとほとんど出回っていませんが200台湾元札と2,000台湾元札があります。

「元」と言っても、中国大陸で使われている、いわゆる「中国元」とは異なります。

2011年2月現在のレートでは1中国元が17円なのに対し、1台湾元は3.66円です。

台湾の物価は?

台湾の物価

ある学生街の朝ごはん風景。ミルクティーが20台湾元(約70円)、野菜まんが15台湾元(約54円)

物価を比較するのに使われるのが、その国のマクドナルドで売られているビッグマックの価格を比較する方法で、ビッグマック指数(BMI)と呼ばれています。

2018年のビッグマック指数を見ると、日本が35位で380円なのに対し、台湾は69ドル(約259円 )で52位です。ちなみに韓国は24位、中国は42位。日本と比べて台湾は、物価が安い傾向にあることがわかりますね。

台湾の物価は?>>>台湾の物価
日本で先に両替すべき? >>>台湾で両替
台北のお得な両替テクはこちらを>>>台北で両替
偽札にも要注意!>>>台湾元偽札の見分け方

以上、台湾の台湾の通貨(台湾ドル・台湾元・NT$)でした!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。