台湾での偽札トラブル

allabout taiwan nt$

お札に刷られたホログラムも判別の手がかりになる

台湾のスーパーで支払う際に係員がレジの横にある偽札判別機のブラックライトで1,000台湾元札を照らしたり、夜市の屋台で灯りの下に本物のお札をつるしておき、透かしを見比べたりする光景を見たことはないでしょうか? 台湾では普段の生活の中で偽札に対する対策が取られています。手にしたお札が偽札かどうか、私たち観光客でも判別できるポイントとは何でしょう。

日本人が実際に遭った偽札トラブル

台湾交流協会の発表によりますと、2009年12月、在留邦人に偽札トラブルが発生。その概要は以下のようなものでした。

ある日本人がタクシーから降車する際に支払った100台湾元札を、運転手は室内灯にかざし確認。「このお札には透かしがないから偽札だ」と言い、その紙幣を受け取りませんでした。

運転手は「念のために1,000台湾元札も確認してあげよう」といって、その日本人客から1,000元札を預かり、そして「これは大丈夫だ」と言ってそのお札を返却。翌日確認したところ、100台湾元札も1,000台湾元札も偽札であることが判明したのです。

その偽札は明るいところで確認すれば一目で偽札と確認できるほどの作りだったようですが、薄暗い車内ではそれが確認できなかったのです。

偽札に関しては車内ですり替えられた可能性が高いと思われますが、もともと持っていたお札が偽札であった可能性もあり、断言できないというのが台湾交流協会台北事務所の見解です。
 

偽札をつかまされないために

allaboutundefinedtaiwan

大きな100と小さな100の間に透かし(中国語で水印)がある

偽札をつかまされないためには、ヤミの両替商ではなく銀行などの信頼できる所で両替を。また支払い以外で紙幣を確認するような誘いは断り、薄暗いところでのお札のやり取りに気をつけましょう。

旅行者でも確認できる偽札のポイントは、
  • 表面の左側、上下に金額が書いてあるその中間に植物の透かし(1,000台湾元札なら菊、100台湾元札なら梅)があるかどうか
  • お札に縦のホログラムが入っているかどうか。100台湾元なら表面の左側、上下に金額が書いてあるその右横にあり、500台湾元と1000台湾元札なら右側にある。ホログラムの中にお札の金額が印刷されている。
この2つを覚えておくだけでも安心です。最初の両替の際、お札についているホログラムの位置と色だけでも確認しておくと、偽札をつかまされないために役立ちます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。