台湾のWi-Fi事情

allabout taiwan

台北にあるホテルのロビー。このように宿泊客が自由に使えるパソコンを置いているホテルは多い

ご存じですか?台湾には無料Wi-Fiが使えるところがあるんです! 街を歩いているときGoogle Mapで検索したり、SNSで旅の写真をアップできたら便利ですよね。今回は台湾のインターネット事情とWi-Fi情報をお伝えします。

ホテルのインターネット事情

台湾のホテルは、台北や台中など大都市ならば有料・無料の差はあれど、ほとんどのホテルでインターネットが使えます。無線LANがなくても宿泊客が自由に使えるパソコンを常備しているホテルも多くあります。しかし田舎の宿泊先ではインターネットが使えないということも……。そういう点では日本と同じと言えるでしょう。

台北はインターネット無料というホテルもよく見かけますが、不思議なことに高級ホテルほどインターネットが有料で、格安ホテルのほうが無料という逆転現象が起こっていたりします。

 

台湾には全土で使用可能の無料Wi-Fiがある!

all about taipei

このステッカーが貼られているところで使える

台湾には公共の無料Wi-Fiがあります。iTaiwan(愛台湾)中央行政機関室内公共区域免費無線上網というもの。これに登録すれば、各県、各都市にある公共の郵便局や図書館など2万カ所でWi-Fiが使えます。馬祖や金門島といった離島まで網羅しているというからすごいですね。

各都市、各県のホットスポット検索は>>>iTaiwan Hotspot Map へ

登録は空港のカウンターでパスポートを提示すれば手続きをすることが出来ますが、日本で事前申請をしておけば、空港での手続きがスピーディー。事前登録のしかたは以下の通りです。

iTaiwan(愛台湾)の事前登録方法

iTaiwan境外旅客線上登記系統 というサイトにアクセスします。

allabout taiwan

ウェブで登録をする方法。さらに現地で空港での登録も必要となる。

  1. 「散客線上登記(Fit travel Resister」をクリック。
  2. 「預定入境日(入国予定日)」「國家(プルダウンでJapanを選択)」「護照號碼(パスポート番号)」を入力して「Check」ボタンをクリック。
  3. allabout taiwan

    松山空港は臺北國際航空と書いてあるので注意しよう

  4. さらに別枠が出てきたら「生日(生年月日をスペースを入れずに入力)」「申請天數(申請日数、30日、60日、90日から選択)」「入境機場(入国する空港)」を入力して「Submit」ボタンをクリック。
  5. 英語で注意書きが表示されるので一番下までスクロールして、Agreeボタンをクリック。
  6. あなたの申請は承認されました。トラベルサービスセンターにあなたのパスポートを提示してください、といった内容の中国語と英語が出たらOKをクリックして完了です。到着後、旅客服務中心(旅行センター)にパスポートを提示してください。「itaiwan,please.」で通じます。

iTaiwan(愛台湾)の登録方法

iTaiwanの登録申請はインターネットでの事前登録を忘れても空港のカウンターで申請できます。桃園国際空港か、松山国際空港にある旅客服務中心でパスポートを提示し、生年月日(これがパスワードになる)とメールアドレスを登録すれば完了です。

iTaiwan(愛台湾)の使い方

空港で登録が済んだら、さっそく使ってみましょう。i taiwanの使い方は中国語で説明が書かれていますが、以下の手順で進めれば簡単です。

  1. 無線ネットワーク名:iTaiwan(またはTPE-Freeなど各都市のスポット)を選択。
  2. 使用方法:「請輸入手機號碼或帳碼」にパスポートNo.を入力、「請輸入無線上網密碼」にパスワード(生年月日)を入力します。
  3. 「選択上網身分」はiTaiwanにチェック。
  4. 登入をクリック→開始上網をクリックしてアクセス開始です。

歩きながらは×!立ち止まってアクセスを。

Wi-Fiのホットスポットとは公衆無線LANサービスが行われている場所のことで、日本ではあまりなじみがないのですが携帯の電波と違い、徒歩や走行状態でWi-Fi に接続するとアクセスが切れてしまい再度ログインしなくてはならないという欠点があります。

ですから、繋がったら歩かないこと! アクセスが完了したらその場で立ち止まり、ネットワーク接続を保つようにしましょう。走行中のMRTやバス、タクシーも使用できません。また、屋外の使用が原則なので、カフェなどに入るとTaipei Freeは繋がらなくなることがあります。

電源もある伯朗珈琲館(Mr.BrownCoffee)の無料Wi-Fi

Mr.BrownCoffeeは、台湾で有名なコーヒーチェーン店。ここならWi-Fiフリーはもちろんのこと、一部の座席はコンセント使用が可能なんです。難しい手続きや登録は不要で、席に座ればWi-Fiを使うことが出来ます。インターネット画面にお店の広告が出てくるのがちょっと煩わしいかもしれませんが、無料なのでここは我慢!Mr.BrownCoffeeがあるのは台北市、新竹市、台中市、宜蘭県、桃園県で、コーヒーは、TODAY'SコーヒーがMサイズ80台湾元(約300円)です。

コンビニのセブンイレブンでWi-Fiが使える!

allabout taiwan

携帯から操作できるのが嬉しい

各都市にあるセブンイレブンで登録可能な無線Wi-Fiを登録すれば、使う範囲はさらに広がります!台湾ではコンビニのセブンイレブン(7-11)で1回20分、1日3回まで無料Wi-Fi利用可能! 登録画面が中国語なので、中国語が出来ないと登録が難しそうに見えますが、順を追って行けば登録出来る方法をご紹介します。

台湾各地にあるセブンイレブンでWi-Fiを使う方法は>>>台湾のセブンイレブンでWi-Fiを利用する へ

その他、SIMフリー携帯にSIMカードを購入してテザリングする方法などは>>>台北のインターネット・Wi-Fi事情 をご覧ください。

※1台湾元=3.6円で計算しています(2017.8)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。