これは使える!台湾セブンイレブンの無料Wi-Fi

all about taipei

台湾7-11のキャラクターOPENちゃんは現地で大人気

インターネットで登録すれば日本人でも無料で利用可能なのが嬉しい7-11(セブンイレブン)の無線LAN 「7-WiFi無線上網」。1回30分、1日3回までと上限は決まっているものの、台湾中にあるセブンイレブン4,800店舗で利用できるのが大きな魅力です。今回はその登録方法を詳しくお伝えします。

台湾の2大コンビニには無料Wi-Fiがある

台湾にもあるコンビニ、セブンイレブン。コンビニ店内に椅子とテーブルが用意されていて、スマホをいじりながらコーヒーを飲んでいる光景をときおり見かけます。セブンイレブンには、1日3回、1回30分で合計90分インターネットにアクセスできるフリーWi-Fiがあるからなんですね。

ここでは日本で簡単に登録できるセブンイレブンの無料Wi-Fiをご紹介します。

まず、台湾のセブンイレブンの店内へGO!

allabout taiwan

W-Fi画面からibon WiFiを選択

1. まずは台湾でセブンイレブンの店内に入ります。パスポートが必要なのでパスポートを持っていくか、パスポート番号をメモして行きましょう。

登録と同時に30分のインターネット使用時間が使用済みとなるため、実際にインターネットを使用する時に登録をするほうが無駄がありません。

2. 携帯は機内モードのままで大丈夫ですので、設定→Wi-Fiへ

3.Wi-Fiからibon WiFiを選択(画像参照)。

 
allabout taiwan

外籍旅客を選択

4.上網身分というところをプルダウンして、「ibon WIFI外籍旅客(外国人旅行客)」を選択してクリック。

5.用戸須知という、使用上の注意書きが出てきたら、その一番下にある「確認選出」をクリック。

 

allabout taiwan

パスポート番号がここで必要

6.國別(country)をプルダウンして国籍、JAPANを選択。帳號(Mobile No.)は携帯番号なので、81(日本の国際電話国番号)のあとに、最初のゼロを取った日本の携帯番号を続けて入力します(080-2200-2222なら818022002222を入力)。

7.姓名(Passport name)はパスポートの名前を。護照(言登)號~にパスポート番号を、密碼(Password)にはパスワードをアルファベットか数字で入力。
確定送出をクリックして進みます。

 


8.ibon 上網~30分鐘A(未使用)をクリック。これが1回分の割り当てになります。
allabout taiwan

3回分の使用状況が表示



 

6.
allabout taiwan

WEBSHOPの画像に代わります

このようなibon martのページが出てきたら登録完了です。店から離れるとWi-Fiが切れるので、店内か店の前でつなぐようにしましょう。

台湾の旅をもっと便利にするコンビニの無料Wi-Fi、使えば旅が便利になること間違いなしですね。

台北のMRTで使える無料Wi-Fiは>>>台北のインターネット・無料Wi-Fi事情 へ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。