「日本一訪れたい街へ」スケールの大きな再開発で注目の「渋谷」の今

2020年に向けて各所で工事が進む東京において「渋谷」は、その既存のポテンシャルの高さと再開発のスケールの大きさで注目の街です。東京西南部のターミナル駅として発展してきた渋谷は、戦後になってデパートやプラネタリウム、映画館など文化拠点として復興。ファッションや流行を生み出す「若者文化の聖地」、IT企業が集積する産業の街として発展。50万人が行き交うスクランブル交差点は、外国人の東京観光の名所にもなっています。
「渋谷スクランブルスクエア」の建設が進む渋谷駅前

「渋谷スクランブルスクエア」の建設が進む渋谷駅前

2012年には、駅前に渋谷ヒカリエが開業した渋谷には、JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東急田園都市線、東京メトロ銀座線、東急東横線、東京メトロ副都心線、東京メトロ半蔵門線、京王井の頭線が交わる首都圏有数のターミナル駅であり、一日の利用者数は延べ約300万人にも及びます。渋谷駅周辺は、JR山手線や国道246号線によって東西南北に分断されており、駅構内が複雑化し回遊しづらいといった課題がありました。

一連の再開発では、JR線と東京メトロ銀座線のホームを移動することで、地下化した東急東横線や東京メトロ副都心線との乗り換えをより便利にします。また、ゲリラ豪雨などに備え大規模な雨水貯水槽を整備。耐震性の高いビルを新たに建設し、防災備蓄倉庫の整備などによって街の安全性も高めます。また、渋谷川を再生し遊歩道を整備し緑あふれる水辺も醸成されます。 工事中の「渋谷」駅の地下を見学するとそのスケールの大きさが実感できます。

まず、2015年8月に「渋谷」駅東口下を通る渋谷川を東側に移設し下水施設へと変更。さらに東口地下広場を整備し歩行者ネットワークを形成、交通結節機能を強化します。 ゲリラ豪雨に備える地下貯留槽には、約4000トンの雨水を一時的に保管が可能。地理上の谷になっている渋谷のウィークポイントを改善し、水害に強い街へと誘います。開発範囲や進行中のプロジェクトが複数あるため、2020年に向けて東口中心の整備になりますが、2027年に向けて西口広場前の整備や東西の自由通路の拡充、西口タクシープールの拡充、乗降場の地下化などが行われより利用しやすい街へと変化します。

2017年4月には、地上16階建ての複合施設である渋谷キャストがオープン。シェアオフィス、事務所、賃貸住宅で構成され、カフェや広場などの共用空間をつくりクリエイティブなライフスタイルシーンの提供をスタートします。2018年9月には、地上35階地下4階の渋谷ストリームが開業。商業施設(1階~3階)、ホール(4階)、インキュベーションオフィス(4階)、ホテル(9階~13階)、オフィス(14階~35階)の複合施設。大手IT関連の企業が入居しています。

 

渋谷駅最大級のオフィスと商業施設誕生の「渋谷スクランブルスクエア」

2019年11月1日の開業に向けて工事が進んでいるのが「渋谷スクランブルスクエア」です。渋谷駅上に東棟・中央棟・西棟の3棟が整備され東棟が2019年度、中央棟・西棟は、2027年度に竣工予定。 最高層となる東棟は、地上47階建地下7階で高さは約230m。渋谷駅最大級となるオフィス(貸床面積約73000平米)と商業施設(店舗面積約70000平米)が設けられます。

日本最大級の約2500平米もの屋上展望空間を有する施設からは、富士山や東京スカイツリーなどのパノラマビューが楽しめます。「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」では景色を楽しむだけではない様々な演出が施されています。例えば、14階から45階へのアクセスとなる「SKY GATE(スカイゲート)」(14階~45階)では、天井に設置されたLEDによるインタラクティブな体験、往復する体感型エレベーターによる天面映像と立体音響によって非日常への期待感を醸成します。
「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)SHIBUYA SKY 46階カフェ&バーイメージ」提供元:渋谷スクランブルスクエア

「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)SHIBUYA SKY 46階カフェ&バーイメージ」提供元:渋谷スクランブルスクエア


屋上展望空間「SKY STAGE(スカイ ステージ)」では、スクランブル交差点を直下に見下ろす絶景スポットやネットに寝そべり空を見上げる体験、360°パノラマビューの体験スポットやサーチライトによる光の演出も行われます。
「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)SHIBUYA SKY 「CLOUD HAMMOCK」イメージ」提供元:渋谷スクランブルスクエア

「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)SHIBUYA SKY 「CLOUD HAMMOCK」イメージ」提供元:渋谷スクランブルスクエア



2019年12月に開業が予定されている旧東急プラザ渋谷周辺を含む再開発「渋谷フクラス」の概要もあわせて発表されました。オフィス、商業施設、観光支援施設、バスターミナル、産業進出支援施設で構成され商業施設ゾーンの路面店は、2019年11月より順次開業予定。新しく生まれ変わる「東急プラザ渋谷」は、12月にオープンする予定です。
 
「渋谷フクラス 南西側外観イメージ」提供元:東急不動産株式会社

「渋谷フクラス 南西側外観イメージ」提供元:東急不動産株式会社


1階につくられるバスターミナルには、一般のバス路線に加えて羽田、成田空港からの空港リムジンバスが乗入れる予定。渋谷を訪れる観光客の玄関口としての機能を果たします。17階には、東急不動産が展開する会員制シェアオフィスの10店舗目となる「ビジネスエアポート渋谷フクラス」が12月9日に開業。シェアワークプレイスの比率を他店舗と比べて高めており商談や時間の有効活用に利用できます。

次のページでは、渋谷の注目プロジェクト地上39階建ての官民一体の定期借地権付きタワー「パークコート渋谷 ザ タワー」を紹介します。