高速にNTT東/西日本のフレッツ光ネクストを利用するには


フレッツ光ネクスト

フレッツ光からフレッツ光ネクストの切り替えが進んでいる。

回線にNTT東/西日本のフレッツ光ネクストを利用する場合、ボトルネックの発生しやすいPPPoE接続からIPv6/IPoE接続に変更し、さらに DS-Lite(Dual-Stack Lite)規格を利用すると、高速で快適なインターネットを利用できると前記事に書いた。

現在フレッツ光ネクストを使用していたり、自身が住んでいる住居がフレッツ光ネクストのみに対応している場合は、本記事で紹介するプロバイダで「IPv6/IPoE+DS-Lite」オプションを利用してボトルネックを回避しよう。

IPv6/IPoE接続とは


IPv6

 

IPv6 IPoE接続の「IPv6」とは、128Bitのアドレスを利用して通信を行う次世代の通信規格だ。「IPoE」とは、IP over Ethernetの略で、IPアドレスをEthernet上で送る。つまり、どこでも利用されているEthernetによる通信のことだ。そのため、認証のプロトコルを含むPPPoEに対して、ネイティブ方式とも呼ばれている。

「IPv6/IPoE」は、ボトルネックの発生しやすいPPPoEプロトコルを利用していない。また、プロバイダのIPv6アドレスをNTTが予め割り当て、ユーザー宅のIPv6アドレスに対応する端末からプロバイダまでのNTTの回線をEthernetで繋ぐ。そのため、高速で快適な環境で通信ができる。

DS-Liteとは

IPv6/IPoEのみによる通信だと、接続先がIPv6をサポートするホストならIPv6/IPoEで通信ができるが、IPv4のホストとの通信は、ボトルネックの発生しやすいIPv4 PPPoE接続に戻ってしまう。

DS-Lite(Dual-Stack Lite)とは、IPv6のネットワークを利用してIPv4による通信を行うための通信規格だ。IPv4にしか対応していないホストでも、IPv6 IPoEによる高速な接続でIPv4による通信ができる。

DS-Liteは、RFC6333で規定された通信規格で、IPv6でしか接続できない環境においてIPv4 over IPv6技術を利用し、IPv4の通信を可能にする。もちろん、IPv6に対応したホスト間では、IPv6による通信となる。

IPv4ネットワークの通信速度はIPv6ネットワークに準ずる速度となるのでIPv4 PPPoE接続の速度より高速な通信となる。

DS-Liteは、次のようにも呼ばれている。

・IPv4 over IPv6
・MAP-E
・デュアルスタックSAM(Stateless Address Mapping)

なお、IPv6/IPoEやDS-Liteを利用するには、それら両方に対応しているルーターが必要だ。導入の前に手持ちのルーターが対応しているかどうかをメーカーに問い合わせて欲しい。

IPv6/IPoEとDS-Liteに対応したプロバイダ


下にIPv6/IPoEとDS-Liteに対応したプロバイダを挙げる。料金面のほか自分の好みにあったプロバイダを選択しよう。

■IIJmioひかり IPoEオプション

IIJmioひかり IPoEオプション

IIJmioひかり IPoEオプション


IIJグループの高品質インターネットに対応したIPv6/IPoE接続を提供。

初期費用:なし 月額料金:800円(税抜)

IPv6/IPoEに合わせて、DS-Liteも利用するには、「DS-Liteに対応した通信機器を用意の上、mio FiberAccess/NFを契約する必要がある。」と記されている。mio FiberAccess/NFサービスの追加料金は以下の通り。

初期費用 :なし円  月額料金 2000円(税抜)

IPv6/IPoE+DS-Liteを利用したい場合、2800円(税抜)の月額料金となる。DS-Liteは、「フレッツ 光ネクスト プライオ」の環境では利用できない。また、上記料金は通常のプロバイダ契約を含むが、NTTの提供する回線の料金は含まれまれない。

■@nifty v6 プラス

@Nifty v6プラス

@Nifty v6プラス


従来からあるNiftyのコース別契約に付け加える形の契約。Q&AのWebページには、Ds-LiteをIPv4 SAMと記述してある。NTT東日本/西日本のフレッツ 光ネクスト回線が対象。

初期費用:なし 月額料金:なし

ただし、コース別契約の通常料金とひかり電話の初期費用、月額費用が別途発生する。さらに、NTTのフレッツv6オプションの契約も別に必要。

■フレッツ光対応「v6プラス」|GMOとくとくBB

フレッツ光対応「v6プラス」|GMOとくとくBB

フレッツ光対応「v6プラス」|GMOとくとくBB


v6プラスは、NTT東日本・NTT西日本の「次世代ネットワーク(NGN)」をアクセス回線として利用。

接続方式は、IPv6にもIPv4にも使える「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」になっている。IPv4 over IPv6接続は、DS-Liteと同じ仕組みで、IPv6 IPoE接続方式で提供されるIPv6ネットワーク上に、トンネリング方式でIPv4通信を行う。そのため、IPv6ネットワーク上でIPv4のインターネットアクセスも可能となり、高速通信が可能となっている。

初期費用:なし 月額料金:991円(税抜)

月額料金の内訳は、v6プラスの利用料金:月額891円とWi-Fiルーターレンタルサービスの利用料金:月額100円となっている。また、NTT回線使用料金は別途必要。

■フレッツ接続 ZOOT NATIVE - INTERLINK

フレッツ接続 ZOOT NATIVE - INTERLINK

フレッツ接続 ZOOT NATIVE - INTERLINK



NTT東日本・西日本の「フレッツ光ネクスト」対応のサービスで、「IPv6/IPoE とDS-Lite方式」を使用すると明記されている。最大2ヶ月の無料体験ができることと、解約したいときはコントロールパネルを操作するだけですぐに解約可能。違約金も不要。

初期費用:なし  月額料金:2000円(税抜)

ただし、利用にはNTT東/西が提供するフレッツ光ネクストとフレッツ・V6オプションの契約が別に必要。

【関連記事】
IPv6に変更したらインターネットは速くなる?




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。