棒針編みの基本を動画と編み図で解説!初心者さんにもおすすめ編み方

棒針編みは表目と裏目を編めるようになるだけで、いろんな編み方ができるようになります!

棒針編みは表目と裏目を編めるようになるだけで、いろんな編み方ができるようになります!

棒針編みの基本中の基本「表目」「裏目」が編めれば、その組み合わせで、いろいろな柄を編むことができます。
2種類だけなら、編み方も記号もすぐに覚えられますね。  

棒針編みの記号と編み図の見方とは 

棒針の記号は、四角の枠の中に表記されます四角は「目」を表しています。
棒針編み、記号、表目、表編み

棒針編み 基礎 記号 表目

こちらは表目を表す記号です。
棒針編み、記号、裏目、裏編み

棒針編み 基礎 記号 裏目

これが裏目を表す記号です。

編み図とは、記号を使って、何編みを何目、何段編むと、出来上がるかを表した設計図の様なものです。記号が分かれば、誰でも編むことができる便利な図です。日本固有のものです。

編み図は、表から見た状態を表記しています。
平たく編む場合は、実際は表面を見て編む時と裏面を見て編むときがありますので、記号の見方と編み方に注意が必要です。
棒針編み、編み図、メリヤス編み

棒針編み 基礎 メリヤス編み

枠の縦方向が「段」を表し、1段、2段…と数えます
枠の横方向が「目」を表し、1目、2目…と数えます

この図では、表目17目15段を編むを表しています。
今回は、「編み地から針を外す」までを行うため、最後の段は伏せ留めをする様にテキストを書いています。編み図にはその表記は省略しています。
 

初心者でも簡単!棒針編み表目の編み方【動画】


では、実際の「表目」編み方を動画で確認しましょう。
作り目の仕方は、「100均アイテムで作る!棒針編みニット帽<動画つき>」内で紹介しています。

【表目の編み方ポイント】
  • 左の針に掛かっている一番左端の糸 (1目めと呼ぶ)
  • 左手にかかっている糸を針の向こう側に置く
  • 1目めに右の針を手前から向こうに入れる
  • 左手にかかっている糸を上から引っ掛けて、こちら側に引き出す
  • 左針を抜く
     

初心者でも簡単!棒針編み裏目の編み方【動画】


【裏目の編み方ポイント】
  • 左手にかかっている糸を針の手前に置く
  • 1目めに向こう側からこちらに右の針を入れる
  • 上から糸を引っ掛けて、向こう側に引き出す
  • 左針を抜く

注意点
  1. 糸を置く位置を注意しましょう。違うところに置くと糸が渡り、目が増えたようになります。
  2. 編み終わった目は、左針から抜きます。これを忘れると目が増えてしまいます。

表目と裏目が編めるようになりましたね。
 

表編み・裏編み~メリヤス編み・裏メリヤス編み~

棒針編みの基本のき、表編み

棒針編み 基礎 メリヤス編み

表編み・メリヤスの編み方
表面から見るとすべての目が表目になっている編み地です。
編み地は、上の画像のようになります。
棒針編み、編み図、メリヤス編み

棒針編み 基礎 メリヤス編み

ここでは、手にかける作り目を1段めとします。
作り目は17目、全部で15段編みます。

編み図は下から読んでいき、
1段目の作り目は右側から左側へ
2段目は左側へ
3段目は右側へ編んでいきます。

【編み方ポイント】
  1. 17目作り目をする
  2. 編み地をひっくり返し、左右の針を持ち替える
  3. 2段目は裏面を見て編んでいるので、メリヤス編みにするためには、裏目をあむ
  4. 偶数段は裏編み・奇数段は表編みをする
  5. 15段目は、伏せ留めをする

伏せ留めのしかたは、「100均アイテムで作る!棒針編みニット帽<動画つき>」内で紹介しています。

裏編み・裏メリヤスの編み方
棒針編みundefined基礎undefined裏メリヤス編み

棒針編み 基礎 裏メリヤス編み

表面から見るとすべての目が裏目になっている編み地
編み地は、この様になります
棒針編み、編み図、裏編み、裏メリヤス編み

棒針編み 基礎 裏メリヤス編み 裏編み


17目作り目をして15段編みます
作り目を1段、伏せ留めを1段と数えます
編み方向は、編み図から見て
奇数段は右から左へ
偶数段は左から右へ向かって編んでいきます。

【編み方ポイント】
・17目作り目をする
・編み地をひっくり返し、左右の針を持ち替える
・2段目は裏面を見て編んでいるので、裏メリヤス編みにするためには、表目をあむ
・偶数段は表編み・奇数段は裏編みをする
・15段目は、伏せ留めをする
 

棒針編み「ガーター編み」

棒針編みundefined基礎undefinedガーター編み

棒針編み 基礎 ガーター編み


2段目以降ずっと「表目」を編み続けると、表目の段、裏目の段が交互に繰り返される編み地「ガーター編み」になります
棒針編み、編み図、ガーター編み

棒針編み 基礎 ガーター編み

【編み方ポイント】
1段目は17目作り目する
2段目以降は、ずっと表編みをする
15段目で伏せ留め
 

棒針編み「一目ゴム編み」

棒針編みundefined基礎undefined一目ゴム編み

棒針編み 基礎 一目ゴム編み

「表目」「裏目」を交互に編み、次の段では、表面から見て前段を同じ編み目になる様に、繰り返すと、横に伸縮性のある編み地が出来上がります。袖口や襟口などにも使われる編み方です
 

棒針編み、編み図、一目ゴム編み編み

棒針編み 基礎 一目ゴム編み

【編み方ポイント】
・1段目は作り目17目
・2段目以降、表目と裏目を交互に編む
・15段目は伏せ留め

 

棒針編み「鹿の子編み」

棒針編みundefined基礎undefined鹿の子編み

棒針編み 基礎 鹿の子編み

表目と裏目を交互に編み、次の段で、表面から見て、1目ずれて編むと縦にも横にも表裏が交互になります。 

棒針編み、編み図、鹿の子編み

棒針編み 基礎 鹿の子編み


【編み方ポイント】
1段めは作り目17目
2段目以降、表目裏目を交互に
3段目以降前段と互い違いになるよう、編む、
15段目伏せ留め


どうでしたか? 難しいと思っていた棒針編みでも、表目と裏目を編めれば、いろんな編み方ができます! ぜひ、編み方を覚えてくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。