かぎ針編みの基本!編み方や編み図をレクチャー

編み物、かぎ針、基礎、くさり編み、こま編み、長編み、

基本の編み方だけでコースターが出来上がります

かぎ針や毛糸を揃えて、さぁ始めよう!と思っても、「毛糸やかぎ針ってどうやって持つの?」「初めのとっかかりが分からない」「用語や編み図がさっぱり分からない」……そんな理由で挫折した事ありませんか?

編み物が初めてでも、基礎を復習したい方でも、この記事でかぎ針編みの基本を押さえましょう! 忘れてしまっても、この記事を保存しておけば大丈夫ですよ。

目次

1.かぎ針の持ち方・糸の掛け方・編始め・くさり編み
2.かぎ針でのこま編みの編み方・編み図
3.かぎ針での長編みの編み方・編み図
4.毛糸の切り方・糸始末のしかた

【動画】針の持ち方・糸の掛け方・編始め・くさり編み

それでは、さっそくかぎ針の持ち方や毛糸の指へのかけ方、くさり編みについて動画で見ていきましょう。


<ポイント>  
・かぎ針の持ち方は、ペンタイプでも、上から持ってもOK
・糸をかけたら、人差し指をピンと立てると作業場が広がり、編みやすくなる
・左手の力は抜き、自然に糸が滑る様に
・くさり編みの掛けた糸をくぐらせる時は、カギを下に向けると引抜きやすい

くさり編みの記号

編み物を編むときには、編み方を示す「編み図」と呼ばれる手順図があります。そこでは、編み方を指示するために、記号が使われています。
 

かぎ針、編み図、記号、くさり編み

くさり編みの記号

くさり編みは基本的に楕円形で表され、編み図によっては楕円が縦になったり、斜めになったりもします。

くさり編みの編み図・レシピの読み方

かぎ針、編み図、記号、くさり編み

くさり編み10目の編み図

この図はくさり編みの記号が10個つながっているため、「10回くさり編みをする」という意味を表しています。

さきほどの動画の動きを参考に、くさり編みを編み図の通りに10目編みましょう。

編み物、かぎ針、くさり編み、基礎

編み物の基本中の基本、くさり編みをマスターして編み物をはじめよう


 
くさり編みが10目編めました。このような細い縄のようになります。

≫≫次のページでは、このくさり編みを使って、こま編みを編みます。