簡単!かぎ針を使ったかぎ編みマフラーの編み方

かぎ編みマフラーの編み方

かぎ編みマフラーの編み方

かぎ針を使ってかぎ編みマフラーを編んでみましょう。「くさり編み」と「こま編み」だけの編み地6本で簡単にでき上がります。面倒な糸始末もなく、毛糸1玉で作れるので、初心者でもチャレンジしやすいですよ。動画を見ながらぜひ一緒に作ってみてください。
編み物、初心者、かぎ針、マフラー、可愛い

太い毛糸とかぎ針で編むので、早く仕上がります。

 

簡単に作れるかぎ編みマフラーの材料

左上から、メジャー・はさみ・かぎ針・毛糸

左上から、メジャー・はさみ・かぎ針・毛糸

今回使用した糸や道具です。
メジャー……糸端を切る時に長さの計測に使用(物差しでも可能)
はさみ……毛糸を切るのに滑らない、手芸はさみをがお勧め
かぎ針……かぎ針10/0号(6mm)※号数の見方はコチラを確認してください
毛糸……極太糸50g(55m)※今回はグラデーション糸を使用しました
 

1本目:くさり編みの仕方・編み方



1本めの「くさり編み」を編みましょう。まず、糸端から30cmのところに編み始める「結び目」を作り、左手に糸を掛けて中指と親指で結び目の根本を挟みます。かぎ針を糸の下から向こう側に動かし、糸をかぎにひっかけて針に掛かっている結び目にくぐらせてください。これを、続けて100目編みます。

■くさり編みをうまく編むコツ
1.左手の人差し指をピンと立てる
2.カギに掛けた糸をくぐらせる時は、カギを下に向ける
3.針は水平に動かす
編み物、かぎ針、くさり編み、こま編み

1本めのくさり編みが完成したところ

くさり編みを100目編むと、ロープのようになります。100目まで編んだら、ほどけないように処理をしましょう。

30cm残して糸を切ります。もう一度かぎ針に糸を掛けて引抜いて、1本めの完成です。
 

2本目:こま編み・模様の仕方・編み方


「こま編み」を編んでいきましょう。編み始めの結び目を作り、1本めのくさり編みの1目めに、針を入れ、糸を掛けて手前に引出します。さらに糸を掛けて針に掛かっている2本をくぐらせましょう。

続けて、模様を付けていきます。「くさり編み」を7目編み、1本めの「こま編み」をした目の隣から数えて5目めに、針を入れ「こま編み」を編みます。これで1模様できました。
編み物、かぎ針、くさり編み、こま編み

このような穴の空いた模様が作れます

これを20回繰り返します。最後のこま編みを編んだら、30cm残して糸を切り、先ほどと同じく編み終わりの処理をしましょう。2本目ができました。
 

3本目:くさり編み&こま編み



3本めは30cmの所に結び目を作り、「くさり編み」3目を編んで、2本めの1模様目の大きな穴に針を入れ、「くさり編み」7目を拾って、「こま編み」をします。

これを「束(そく)に拾って編む」と言います。

続けて、「くさり編み」を7目編み、2本めの5目先に「こま編み」を編みます。これを繰り返し、最後は「くさり編み」3目を編み、30cm残して糸を切ります。こちらも編み終わりの処理をしてください。
 

4~6本目:くさり編み&こま編み



4本めは2本めと、5本めは3本めと同様に編みます。6本めは、「こま編み」を編んだら、「くさり編み」を5目し、次の大きな穴にこま編みをします。これを繰り返します。6本全て編み終わると、完成まであと少しです! 
 

フリンジの作り方



できた編み地にフリンジを付けます。60cmに切った糸を12本用意し、2本揃えて半分に折ります。折った所を一番上の右端の穴に少し出します。その輪の部分に反対側の糸端4本をくぐらせます。引締めて形を整えます。片側3カ所にフリンジをつけたら、もう片方も同様にフリンジをつけます。糸端を揃えて切ります。編み地を左右上下に引っ張って、形を整えましょう。

フリンジのついたかぎ編みマフラーの完成です。毛糸1玉でできるので初心者でもチャレンジしやすいでしょう。ぜひ、作ったら使ってみてくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。