LINEで使われる「スタ爆」とは

「スタ爆」って?

「スタ爆」って?

LINEで使われる「スタ爆」という言葉をご存知でしょうか。今回はスタ爆という言葉の意味と由来をご紹介します。された相手はどのように感じるのか、注意点についてもお伝えしていきます。

スタ爆とスタ連は違う?

スタ爆とは、LINEにおいてスタンプを連続して投稿することです。主に10代の若者の間で利用される言葉です。スタンプを続けて連投することが爆撃のように見えるところから、「スタ爆」と言われるようになりました。似たような意味の言葉に「スタ連」があり、スタンプ連打を意味します。
スタンプを連続して投稿!

スタンプを連続して投稿!

スタ爆とスタ連の違いは諸説あるようです。スタ爆の方がスタ連よりスタンプ数が多いとか、スタ爆は手当たり次第にスタンプを送ることで、スタ連はスタンプを連続して送ることととらえている人が多いようです。

なお、10代の子どもたちの間では、「スタ爆大会」というスタ爆をし合って通知の上限を競う遊びも行われています。スタンプをもらうと、該当トークに赤い数字のバッヂがつきます。「1000いった」「+999になった」(1000以上のトークの着信は、「+999」と、バッジで通知される)など、バッヂの数字が増えることを楽しんでいるようです。

スタ爆をする心理とは? モーニングコール代わりにも

では、彼らはなぜスタ爆やスタ連をするのでしょうか。大学生を対象としたマイナビ学生の窓口調べ(2017年9月)によると、LINEでメッセージを送る際に、スタ連やスタ爆をしたことがある人は、全体の40.7%に上りました。

理由は、「遊びでやったことがある」「気づいてもらうため」などがほとんどでした。面白半分で連投するだけでなく、モーニングコール代わりに使われることがあるといいます。LINEではプッシュ通知をオンにしている人が多いため、気づいてもらいたいときや、相手を起こすためなどにスタ爆することがあるというわけです。

「スタ爆」は迷惑な行為だと思われることも

スタ爆は迷惑行為。ブロックされたり嫌われることもあるので要注意

スタ爆は迷惑行為。ブロックされたり嫌われることもあるので要注意

同調査によると、「スタ爆」をやらないと答えた人の理由は「(自分がされたら)迷惑だから」というものでした。スタ爆・スタ連は、相手にとっては通知が鳴り止まないことにつながるため、基本的に迷惑なことになります。

高校生から「夜に友だちとLINEをしていたら、『眠れない』とスタ爆してきた。困った」という話を聞いたことがあります。かまってほしい気持ちの現れかもしれませんが、相手次第ではブロックなどされかねないので、注意が必要です。

また、スタ爆でスマホが壊れるのではないかと感じる人も多いようです。通信量が増えることによりLINEが重くなるなど、相手にとってメリットはありません。かまってほしいときなども、スタ爆では困惑してしまう人が多いので、素直に言葉で伝えるのがおすすめです。モーニングコール代わりにお願いされた時など以外は、基本的にやらないようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。