通常配送では希望の時間で商品を受け取れない

Amazonの配達で日時指定をする方法

家にいる時間が限られているから、受け取り時間まで指定したい!

Amazonの通常配送では配送予定日はわかりますが、細かい配送予定時間を知ることはできません。配送時間は配送業者の都合次第になります。そこで、商品を決まった時間に確実に受け取りたい場合に利用したい3つの方法をご紹介します。

1.「お届け日時指定便」を使う

商品を選択後、注文フローにおける「発送オプションと配送オプションを選んでください」のページで「お届け日時指定便」を選択します。「配達時間を変更」をクリックすると、配達希望日時を選択するウインドウが表示されるので、希望日時を選択します。
1

 

以降の手順は通常と同様です。

■お届け日時指定便の料金

料金は配送先によって異なり、本州・四国では500(600)円、北海道・九州では540(640)円です。カッコ内は当日の夕方以降を選択した場合の料金です。

※Amazonプライム会員はお届け日時指定便が無料
年会費3,900円のプライム会員になるとお届け日時指定便を無料で使用できます。他にもお急ぎ便などの配送オプションも無料になります。詳しくは「Amazonプライムはこんな人におすすめ!9つのメリット」をご覧ください。

■お届け日時指定便を利用できない場合

以下の場合には日時指定便を利用できません。
  • Amazon.co.jp が発送する商品の注文にコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを利用する場合
  • 店頭(コンビニ、ヤマト運輸営業所)受け取りを利用する場合
  • Amazon定期おトク便の注文の場合
  • お届け日時指定便対象商品と対象外商品を同時に注文する場合(Amazonプライム会員を除く)
     

2.ヤマト運輸のサービスで日時指定する裏ワザ

紹介したお届け日時指定便は有料オプションですが、ヤマト運輸が配送業者である場合に配送時間を無料で指定するサービスがあります。

ヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」で会員登録しておくと、商品の配送前にメールが送信されます。メールには伝票番号、配送状況の確認ページ、配送予定日時の変更ページへのリンク等が記載されています。初期状態では配送日時は「希望なし」になっていますが、このリンクから配送日時を設定することができます。

※Amazonマーケットプレイスの商品の場合、配送業者がヤマト運輸ではない場合あり

3.確実に受け取るならコンビニでの受け取りも。夜間の受け取りにも便利

自宅で商品を受け取るのが難しい場合には無料のコンビニ受け取りを利用する手もあります。ただし、コンビニ受け取りはAmazonが発送する商品が対象で、Amazonマーケットプレイスで出品者が独自に発送する商品は対象外です。コンビニ受け取りについて詳しくは「Amazonのコンビニ受け取り方法!変更や送料など」をご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。