Amazonプライムとは

Amazonプライムってお得なの?

Amazonプライムってお得なの?

Amazonプライムとは、3900円(税込)の年会費で、Amazon全商品の配送料が無料になるほか、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。

Amazonはこのプライム会員への特典を充実させ続けています。プライム会員になるべきかどうか迷っている人は、Amazonプライムはどんな人におすすめのプログラムなのか、会員になるとどのような特典があるのかを今一度チェックしてみてはどうでしょうか。

<目次>

Amazonプライム会員になると得する人

Amazonプライム会員になると得する人とは?

プライム会員はこんな人におすすめ

■月に1度は注文する
年会費3900円÷通常配送料350円=約11.1、つまり年間12回以上Amazonで注文するという人であれば、この年会費は十分ペイできることになります。Kindle版の書籍以外で、商品を月に1度以上注文する人は、毎回配送料を払うよりもプライム会員になることをおすすめします。

■動画視聴サービスを放置している
動画視聴サービスに登録しているものの、思い出したようにしか使用しないという人も多いのではないでしょうか。忙しくて見れない、見たいコンテンツがないなどの理由で視聴はしていないけど、何かしら動画サービスには登録しておきたい、という人はプライムビデオの利用を考えてみてはいかがでしょうか。例えばHuluは月額933円で、年間にすると約1万2000円になります。年額3900円でプライムビデオが利用できると考えれば、非常にお得であると言えます。

■引っ越しをする
引っ越しの際には様々なものを購入する必要があります。そんなときAmazonのようなオンライン通販は非常に便利ですが、購入の度に送料を払うのはもったいないですよね。また、後述のAmazonパントリーは引っ越しの際に最適なサービスとなっています。そうした面でもプライム会員はお得と言えます。

Amazonプライム会員の特典とは

年会費3900円(税込み)のAmazonプライム会員になると、Amazonが提供する様々なサービスを受けられるようになります。

1.配送特典が色々
まず送料ですが、先ほども述べたように全商品無料になります。それだけでなく、最速で届く「お急ぎ便」または「当日お急ぎ便」と、配達時間帯を指定できる「お届け日時指定便」の送料も無料になります。

プライム会員でない場合、通常の配送料とは別に、お急ぎ便は360円、当日お急ぎ便は514円、お届け日時指定便は360円または516円(指定時間によって異なる場合あり)の配送料がかかります。さらに、Amazonプライム会員は同居の家族2人まで家族会員として登録でき、家族会員はこの配送に関する特典を無料で利用することができます。

プライム会員が利用できる配送特典の詳細は「Amazonプライム配送特典の対象商品」をご覧ください。

2.Amazon Prime Nowが利用できる
Amazon Prime Now(プライムナウ)は1時間以内または指定の2時間便で商品が届くサービスです。専用アプリを利用し、配送状況をリアルタイムで確認することができます。対象エリアは都市圏などに限られていますが、対象かどうかは郵便番号で簡単に確認することができます。
2

 

サービスの詳細は「Amazon Prime Now(公式サイト)」をご覧ください。

3.動画サービスが見放題
プライム会員になると、追加料金不要で動画サービス「プライムビデオ」を視聴することができます。洋画・邦画、テレビドラマ、アニメなど様々なジャンルの動画が提供されています。
video

 

ランナップに好きな作品があるかどうかを「プライムビデオで見られる番組・映画一覧」で確認しておきましょう。

4.配信音楽が聴き放題

プライムミュージックは100万曲以上の楽曲を楽しめるサービスです。Amazon Musicアプリをダウンロードすればスマホでもタブレットでも音楽を持ち運ぶことができます。こちらも追加料金は不要です。
music

 

さらに課金が必要なAmazon Music Unlimitedプランでないと聴くことができないアーティストなどもいます。どんな楽曲が聴けるのかや、他の料金プランについては「プライムミュージック」をご覧下さい。

5.プライムフォトを利用できる

プライムフォトは、プライム会員限定の写真ストレージサービスです。クラウド上に保存されるので、パソコンやスマホ、タブレットなど、どの端末からでも写真を楽しむことができます。
foto

 

公式サイト|プライムフォト

6.30分早くタイムセールにアクセスできる

Amazonは通常より価格が安くなるタイムセールを実施していますが、プライム会員になるとこれに30分早く参加することができます。タイムセールで商品を買い逃した経験がある人には嬉しい特典です。タイムセールの仕組みや使い方については「Amazonタイムセールでお得に買い物! 使い方と攻略法」をご覧ください。

7.Amazonパントリーを使用できる
Amazonパントリーは、食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点から購入して詰め合わせて、配送できるプライム会員限定のサービスです。例えば、歯ブラシや缶詰などの商品を1点ずつ、パントリーBoxという箱につめて、まとめて配送することができます。一人暮らしの人に送るときや、新生活を始める際に便利なサービスです。パントリーBoxは52cm×28cm×36cmの容量で、または重さ12kgを基準として、1箱につき290円の送料がかかります。
pantori

 

どのような商品が対象なのかは「Amazonパントリーで購入できる商品一覧」をご覧ください。

8.Amazonプライムデーに参加できる
Amazonプライムデーとはプライム会員限定のセールです。年に一度、7月10日頃に開催され、多数のユーザーが殺到する人気セールとなっています。家電、アウトドア用品、ファッション、日用品まで、カスタマーレビューの星の数が4つ以上の商品を中心に、幅広い商品がセールの対象となります。後述の無料体験でも参加できます。
プライム会員向けに行われる、1日限りのビッグセール「プライムデー 2016」。世界10カ国で多くのカテゴリー・ストアから、計10万種類のタイムセール商品が登場する

 

過去に開催されたプライムデーの詳細は記事「Amazonの過去最大セール「プライムデー」が開催!」で紹介しているので参考にしてみてください。

9.Prime Readingを利用できる

Prime Readingは対象のKindleコンテンツ(本、雑誌、マンガ、Kindle Singles)を追加料金なしの読み放題で利用できるサービスです。Kindle端末だけではく、スマートフォンやタブレット、PCでも利用することができます。
1

 

対象の作品は「Prime Readingで読める書籍一覧」でチェックしてみるとよいでしょう。

まずは無料体験を利用しよう

それではプライム会員にはどのようにしてなれるのでしょうか。Amazonはプライムサービスに関して30日間の無料体験を提供しています。まずはこちらを利用し、本当に会員になる必要があるか試してみるのがおすすめです。

トップページ左上のAmazonのロゴに「プライムを始める」とリンクが張られています。それをクリックすれば「30日間の無料体験を試す」というボタンが表示されます。
4

 

支払方法や請求住所はあらかじめ登録されたものが表示されるので、ここでさらに記入する必要はありません。

または、下記からもアクセスすることができます。


Amazonプライム無料体験に申し込む




無料体験を申し込むと勝手に入会させられる?

注意しておきたいのが、30日間の無料体験の終了後、自動的に年会費3900円の有料会員に登録されるので、やっぱりやめておこうという場合は手続きをする必要があることです。無料体験中にいつでもアカウントサービスから登録をキャンセルすることができます。

また、気が付かないうちに有料会員登録されてしまった場合、登録後に自分と家族会員がAmazonプライムの特典を利用していない場合は、キャンセル時に会費を返金してもらうことが可能です。

詳しくは「Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける」をご覧ください。

Amazonプライムの解約方法

無料体験で気に入って登録後、「やっぱりやめようかな……」と思ったときに気軽に解約できるかどうかも気になりますよね。

会員登録後の解約は簡単にできます。アカウントサービスの「Amazonプライム会員情報を変更する」にアクセスし「Amazonプライム会員情報」より「会員登録をキャンセル(特典を終了)」をクリックすると解約することができます。

「プライム会員終了日まで利用」と「今すぐ解約」から退会時期を選択することができ、今すぐ解約した場合は日割り計算されてAmazonに登録していたクレジットカードへ後日返金されます。

400円の月間プランもあり

年会費3900円の他に、月額400円のプランも用意されています。年会費よりも年間で900円の割高にはなりますが、年度中に会員から脱退する可能性が高いと考える人はこちらのプランを試してもいいかもしれません。

Amazonプライムの会費について

自分に合わせたAmazonライフを

プライム会員向けサービスはもはや通信販売という本来のサービスの枠を越え、様々な面から私たちの生活を充実させようとしていることがわかります。また、一人暮らし、子育て、引っ越しなど、ユーザー側の様々なニーズに応えることを目的としています。

おむつがいつでも定期おトク便で15%OFFなどファミリーにうれしい特典も。子育て中の方は、記事「賢いママは始めている?Amazonプライムのお得な活用術」を参照ください。

また、学生に向けたプライム会員プログラム「Prime Student」もあります。学生にとっては年会費3900円も大きい出費……こちらのプログラムは年会費1900円なのもうれしいポイントです。


自分が一番お得にAmazonを利用できるプランを探しながら、Kindleの利用やプライム会員になるべきかどうかを考えてみてはいかがでしょうか。

■関連記事
ポチる前に知らなきゃ損!Amazonで安く買う裏ワザ8選

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。