リコンファームとは?飛行機におけるリコンファームの意味合い

リコンファームとは?必要な航空会社と手続きの仕方

現在もリコンファームが必要な航空会社が一部あります。チャイナエアラインは現地連絡先を登録しておけば不要、エジプト航空は全路線でリコンファームが必要です。 / 筆者撮影

リコンファームとは「予約再確認」のことです。飛行機に搭乗する前に、またホテルなどの宿泊施設でも必要な場合があります。飛行機では、本当に搭乗するという意思確認の意味があり、長年、義務付けられてきました。航空会社側にとっては、オーバーブッキング(過剰予約)の事前確認、機内食の準備などの意味合いもあります。

以前はほぼすべての航空会社でリコンファームが必要でした。特に繁忙期、リコンファームを行わないと、オーバーブッキングの場合に予約が自動的にキャンセルされるケースもありました。

現在はANAやJALなどを含むほとんど航空会社でリコンファームは不要ですが、日本発着便を含む一部の外資系航空会社では現在もリコンファームが必要です。
   

リコンファームが必要な航空会社一覧

リコンファーム,エチオピア航空

日本からの便もあるエチオピア航空は、国際線では現地の連絡先を登録済みだとリコンファームは不要。 / 筆者撮影

現在もリコンファームが必要な航空会社が以下の通りです。

■ アジア系航空会社
ミアットモンゴル航空、チャイナエアライン ※、ガルーダ・インドネシア航空 ※、(中国南方航空)

■ 中東・アフリカ・ヨーロッパ系航空会社
ターキッシュエアラインズ ※、エジプト航空、エチオピア航空 ※、イラン航空、ウズベキスタン航空、ウラジオストク航空

■ オセアニア系航空会社
ニューギニア航空 ※

中には、現地連絡先を予約記録に登録済み、もしくは到着から次の出発まで72時間以内であれば、いずれもリコンファームが不要であるケースもあります。中国南方航空では日本からの直行便や乗継便、現地から日本へ向かういずれの便でもリコンファーム不要です。

上記以外にも、ブリティッシュ・エアウェイズやルフトハンザ航空、アリタリア航空などが「アフリカ・中東路線のみリコンファームが必要」な場合もあります。

少しでも心配であれば、早めに利用予定の航空会社に電話などで問い合わせることをおすすめします。

※現地連絡先を予約記録に登録済み、もしくは到着から次の出発まで72時間以内であればリコンファームが不要

 

リコンファームを自分で行う方法

リコンファーム,ターキッシュエアラインズ,空港

リコンファームが必要といわれるターキッシュエアラインズ。空港のカウンターや市内の営業所、電話などでリコンファームを行うことができます。 / 筆者撮影

リコンファームが必要な場合、現地を出発する72時間前までに、現地の航空会社に連絡が必要となります。空港にある航空会社のカウンター、航空会社の営業所や発券オフィスなどを訪れるか、電話で行います。

より詳しく紹介すると、まず、航空会社の営業所や空港カウンターに自ら出向きます。そして、航空券(eチケット)などをスタッフに提示し、「Re-confirm, please」と伝えればOK。電話の場合も同様です。

次に、自分が予約してある便名、フライトの日付、出発地、そして氏名を伝えます。この時に、航空会社から滞在先のホテルなどの電話番号を聞かれることが多いのは、なんらかの事情でフライトがスケジュール変更になった、またはキャンセルになった場合などに航空会社から連絡があるからです。滞在先の連絡がつく電話番号などはあらかじめ調べておき、間違いなく伝えましょう。

ツアーだと添乗員や旅行会社が代行してくれます。最近だと、航空会社から確認のメールが届くなどインターネットでリコンファームが可能な場合もあります。

なお、LCCではリコンファームは基本必要ありません。
 

リコンファームは実際のところ本当に必要なのか

リコンファームがあらかじめ必要とされている航空会社でも「なにもしなくても乗ることができた」という航空会社も少なからず存在します。オーバーブッキングでない便だと、たしかに乗ることができるかとは思います。ただ、万が一の場合に備え、「自分の利用航空会社はリコンファームが必要か否か」は事前にしっかり調べ、必要であればリコンファームを行いましょう。

また、通常はリコンファームが不要でも、中東やアフリカ方面の便のみ必要な航空会社もあります。また、中東系航空会社はリコンファームが今も存在するところがほとんどです。もし、中東やアフリカ方面に向かう場合、日本発の便は不要でもその先は必要である場合もあり、くれぐれも注意しましょう。


(参考リンク)
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。