なぜか評価されず仕事がうまくいかない…それ、身だしなみのせいかも?!

男性の身だしなみの基本

男性の身だしなみの基本

同じように仕事を頑張っていても、評価される人と評価されない人っていますよね。一所懸命に仕事をしているのになぜか評価されない…と悩んでいるあなた、もしかしたら知らない間に身だしなみで評価を下げられているのかもしれません。

対人関係において、身だしなみはとても重要です。ビジネスでは、身だしなみの良し悪しが、そのまま人物評価となるのです!

初対面で差がつく、その身だしなみ!

人は相手をパッと見た瞬間に、第一印象から「感じが良い人だ」とか、あるいは「感じが悪い人だ」などと内面的な性格まで憶測し、その人物を評価してしまいます。
第一印象は身だしなみなどの外見印象に影響されます。第一印象で悪いインパクトを与えた場合、後々まで影響を及ぼすことがわかっています。

無意識のうちに身だしなみが原因で、実力を過小評価されていた…なんてもったいないですよね。身だしなみを改善することで評価も、人間関係も変わってきます。

身だしなみを整えることはビジネスでの成功への第一歩です。自分の中身をしっかりと見てもらうために、以下のチェックポイントを参考にして下さいね!

評価を下げる男性の身だしなみ・ワースト5

◆清潔感・季節感のない服装
服装は、あなたへの信頼度が判断されています。
清潔感のない服装はだらしない印象を与えます。服のシワや汚れ、取れかけのボタンやほつれがないか確認しましょう。見落としがちなのがズボンのすそ汚れやすり切れです。服のサイズが合っていない場合もズボラな印象を与え、ビジネスチャンスを遠ざけます。

男性のスーツの場合、ジャケットの袖からシャツの袖口が1~1.5センチほど出るのが正しい着こなしです。シャツの袖口は人目につくところです。シャツの袖口の汚れやすり切れも、着る前にチェックしておきましょう。

さらに、冬に夏物のスーツを着るなど、季節に合っていない服装は常識のない人と見なされます。「こんな人には仕事を任せられない…」と思われないように、細かいところまで注意を払い、信頼を失わないようにして下さい。

◆靴の汚れや底のすり減り
靴を見ればその人物がわかると言われるぐらい、足元は特にチェックされるポイントです。服装はビシッと決めているのに、靴がボロボロ…こんな残念な人を見かけることがあります。これでは細かいところまで気遣いができない人と判断され、かなり評価を下げられます。

よく手入れされピカピカに磨かれた靴は、仕事ができる印象を与えます。一日履いた靴は汚れを落とし靴用クリームで磨き、シューキーパーを入れて保管します。靴は数足持ってローテーションすることで、型崩れを防ぐことができます。

◆茶髪や流行を取り入れすぎたヘアスタイル
寝グセがついたままの髪や、清潔感のない髪では当然評価が下がります。これ以外に評価を下げられるのが、流行を取り入れすぎたヘアスタイルです。
自由度が高い職種では問題ありませんが、流行を取り入れすぎたヘアスタイルが、上司や取引先の相手には軽率な印象で受け取られる場合があります。茶髪も軽く見られるのでNGです。

コミュニケーションは一方通行では成り立ちません。伝える側と受け取る側の価値観が一致することが重要です。いくら自分では良いと思ったヘアスタイルでも、相手にとって望ましいものでなければ評価を下げられるので気をつけて下さい。

◆ヒゲのそり残し、伸びた鼻毛、眉毛の手入れのしすぎ・しなさすぎ
人は初対面の相手に対して、顔の印象を重要視して評価します。ヒゲのそり残しや鼻毛の処理ができていない場合は印象を悪くします。

意外と評価を下げてしまうのが、眉毛の手入れのしすぎや、しなさすぎです。眉毛は顔の印象を決める重要なポイントですが、手入れは自己流になりがちです。眉毛を整えるときに気をつける要点を以下にまとめたので参考にして下さい。

・ボサボサの眉毛…生やしっぱなしで長くボサボサの眉毛はだらしない印象を与えます。適度な長さに整えて、ハツラツとした印象に。
・左右がくっつきすぎの眉毛…左右の眉頭がくっつきすぎは神経質な印象を与えます。目頭の垂直線上が眉毛の始まりとなるようカットしましょう。逆に左右の眉毛が離れすぎると、頼りない印象になります。
・細く吊り上がった眉毛…整えすぎて細く吊り上がった眉毛はきつく強情な印象を与えます。眉毛はナチュラルに整えるのが基本です。

◆体臭や口臭などのニオイ
自分では気づきにくく、人からも指摘されにくいのが体臭や口臭などのニオイです。知らないうちに「この人とは一緒に仕事をしたくない」と敬遠され、人間関係にも悪影響を及ぼします。

最近ではデオドラントボディソープや、ボディスプレー、汗の拭き取りシートなどの男性用ニオイケアのアイテムが充実しています。
人を不快にさせて評価を下げられないよう、小まめにニオイケアを行いましょう。

まとめ

いかかでしたか?自分は無意識でも、身だしなみを整えていないと、相手に対して気遣いや心遣いをしていないというメッセージが届いています。メッセージを受け取った相手は、その人を気遣いや心遣いができない人物だと判断してしまいます。

身だしなみは、自分の考えや気持ちなど、心の内を相手に伝える言葉ではないメッセージです。ビジネスシーンにふさわしい身だしなみで、ビジネスチャンスをつかんで下さいね!





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。