ビールのおともに!簡単さっぱり「薬味餃子」

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかず餃子

 

意外にも優しい味わい!葱、シソ、ミョウガたっぷり「薬味餃子」

薬味がどっさり入った餃子、と聞くと苦味が強いように思われるかもしれません。ですが、餃子にすると不思議と苦味が抜け、優しい爽やかさが口いっぱいに広がります。

野菜の塩もみをする必要もなく、手軽に作れるのも嬉しいですね。

さっぱり薬味餃子の材料(さっぱり薬味餃子の材料

さっぱり薬味餃子の材料
豚ひき肉 200g
ねぎ 小口切りで 1/2カップ
ミョウガ 2本 小口切りにする
大葉 10枚 千切りにする
小さじ1/2
オイスターソース 小さじ1
餃子の皮 1袋 25枚入り
ポン酢 適量
七味唐辛子 適量
葱は切ってあるものを使えばより手軽です。

さっぱり薬味餃子の作り方・手順

さっぱり薬味餃子の作り方

1:具を混ぜ合わせる

具を混ぜ合わせる
ボウルに豚ひき肉、葱、ミョウガ、大葉、塩、オイスターソースを入れ、粘りが出るまで手でよく混ぜ合わせる。

2:簡単な包み方1

簡単な包み方1
餃子の皮の周囲にぐるりと水をつけ、真ん中に具を小さじ1ほどのせる。

3:簡単な包み方2

簡単な包み方2
下から半分に折り、くっつけます。

4:簡単な包み方3

簡単な包み方3
左右の端を重ね合わせ、水でくっつけて出来上がり。

5:焼いたり、茹でたり、お好みで。

焼いたり、茹でたり、お好みで。
大きめの鍋に水をたっぷり入れ、沸騰させたら、餃子を入れます。

餃子が浮き上がって、ふきこぼれそうになったら、水をさします。これをもう一度繰り返し、お玉ですくって器に入れて出来上がり。

焼き餃子にしても美味しいです。
つけだれは、ポン酢と七味を適量合わせたものが、薬味とよく合い、オススメです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。