無料睡眠アプリで快眠を手に入れよう

今夜こそぐっすり眠りたい!

今夜こそぐっすり眠りたい!

「長く寝たはずなのに昼間に眠くなる」「朝すっきり起きられない」。そんな経験はないでしょうか。

実は、睡眠には「浅い睡眠」と「深い睡眠」があり、この2つが周期的に入れ替わっています。ところが、浅い睡眠ばかり続くと寝た気がせず、疲れが取れないまま朝を迎えることになってしまいます。ストレスを抱えていたり、深酒をしたりすると、睡眠は浅くなりがちです。

とはいえ、寝ているときに自分のことを知ることはできません。そこで、スマートフォンの「睡眠アプリ」というものの出番です。今回は睡眠アプリについて紹介します。

<INDEX>

スマホで睡眠計測できる理由とメリット

睡眠アプリでは、スマートフォンの2種類の機能(またはどちらか一方)を使って睡眠を計測します。

・加速度センサー:寝返りをしたときの揺れ(浅い睡眠)を計測
・マイク:寝返りをしたときの音(浅い睡眠)やいびき(深い睡眠)を計測

日々の習慣もメモしておくと、深い睡眠をとるための習慣を見つけられそうだ、ということです。

さらに、浅い睡眠のときにアラームを鳴らして、すっきり起きられる機能もあります。例えば、アラームを7時30分にセットしたとして、その少し前の7時20分で浅い睡眠だったとアプリが判断すると、7時20分にアラームが鳴ります(本記事ではこの機能を「スマートアラーム」とします)。

この記事では、睡眠アプリの中でも特徴的なものを5つ、実際に使用した感想も交えながら紹介します。いずれもiPhone・Android端末の無料アプリです(一部、フル機能を使ったり広告を外したりするのに料金がかかります)。


夢日記もつけられる「Runtastic Sleep Better 睡眠アプリ」

Runtastic Sleep Better 睡眠アプリ

(左)起きたときの気分を5段階、見た夢を3段階で評価できる。ちなみにこの日に見た夢は、中学生という設定で授業に遅刻しそうになるというもの。(右)別の日の睡眠グラフ。この日はかなりぐっすり眠れたようす

アプリストア:iPhoneAndroid

フィットネスアプリや機器を手がけるオーストリアのRuntastic(ランタスティック)社のアプリ。寝る前に「お酒を飲んだか」「ストレスがあるか」などをタップで記録でき、起きたときの気分も記録できるので、どんな習慣が起き心地と関係しそうか調べることができます。スマートアラーム機能付きで、起きたときに天気を確認できるのはかなり便利。

特徴的なのは、夢の内容を3段階で評価でき、メモも書けること。夢日記もついでにつけたい人におすすめです。


マットレスメーカーが手がける「airweave sleep analysis」

airweave sleep analysis

(左)寝る前に何をしたかを簡単に記録できる。(右)睡眠グラフは滑らかなカーブで描かれる。この日は3時ごろに目が覚めたものの、睡眠効率はかなり高かった

アプリストア:iPhoneAndroid

マットレスや枕で有名な寝具メーカー「エアウィーヴ」製のアプリで、プロテニス選手の錦織圭選手も使っています。先ほどのアプリと同様、寝る前の習慣(飲酒、入浴など)を記録できます。スマートアラーム機能付き。

寝具メーカーらしく、アプリ内から睡眠コラムを読んだり、同社のキャンペーン情報をチェックしたりできます。睡眠について勉強したい、という人におすすめです。


頭や体を動かして起きたい人には「熟睡アラーム」

熟睡アラーム

(左)美容や肥満予防に関する評価もしてくれる。この日はお酒を飲んだうえに寝るのがかなり遅くなってしまい、さらに5時前に目が覚めたため、深い睡眠はほとんどないという評価に。(右)アラームを止めるための漢字の仲間外れ探しゲーム。寝ぼけた頭で見つけるのは意外と難しい

アプリストア:iPhoneAndroid

寝るときにヒーリングサウンドを聞くことができるアプリ。スマートアラーム機能付きなので、寝るときも起きるときも穏やかな気分になれそうです。

このアプリ最大の特徴は、アラームを止めるためのアクションを設定できること。上の画面のように、漢字の仲間外れ探しの他に、計算問題、スマホを20~40回振る、が用意されています。とにかく寝坊したくないという人におすすめです。


いびきを記録できる「いびきラボ」

いびきラボ

(左)いびき対策や要因を別画面でタップで記録できる。(右)無料版では1カ所しか再生できないが、記録されていたのは寝息のようなものだったので一安心といったところ

アプリストア:iPhoneAndroid

こちらは上の3つのアプリとは異なり、睡眠の深さではなくいびきを記録します。いびきは、人から指摘されても自分ではなかなか実感しにくいもの。そこで、このアプリです。

寝る前には「空気の乾燥」「鼻づまり」などのコンディション、また「加湿器」「いびき防止グッズの利用」などの対策をタップで記録できるので、いびきになる理由や、自分にとっての対策を探すのに活用できます。


心拍数を計測して自動でお休み音楽を流す「MUJI to Relax」

MUJI to Relax

(左)スマホのカメラとライトを指で押さえるようにして心拍数を計測する。(右)このときは夜だったため、このような画面に。オフタイマーは30分、60分、90分から選べる

アプリストア:iPhoneAndroid

睡眠の記録はせず、入眠時の音楽再生に特化した無印良品のアプリです。6種類の自然界の音(波、鳥の鳴き声など)から選ぶことができます。

さらに、スマホのライトとカメラを使って心拍数を計測し、心拍数と時間に合った音楽を自動生成して流します。夜だけでなく、新幹線や昼寝にも使えます。


あくまでも目安にして、不安なら医療機関を受診

最後に注意点を3つ述べます。まず、スマホのバッテリーです。一晩中アプリを起動させることになるので、かなりのバッテリーを消費します。ガイドはiPhone 7で検証しましたが、途中で音楽が切れる「MUJI to Relax」以外は25~45%のバッテリー量を消費しました。そのため、充電しながらの利用が前提となります。

次に、アプリによる感度の違いです。最初の3つのアプリは睡眠の深さも計測しますが、それぞれ独自の方法で計算するため、アプリによって結果はやや異なります。継続的に記録して比較したいのなら、1つのアプリに絞って使い続ける必要があります。

そして、専用(医療用)の測定機器には敵わないので、あくまでも目安ということも心に留めておきましょう。どうしても昼間の眠気が取れない、いびきが大きいだけでなく途中で突然止まる場合には、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。睡眠時無呼吸は心臓にも負担がかかり、高血圧や心筋梗塞の原因になります。不安があるなら、睡眠外来や内科(呼吸器・循環器)などの医療機関を受診しましょう(参考ウェブサイト:睡眠時無呼吸症候群|一般社団法人日本呼吸器学会)。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。