YouTubeがエラーで視聴できない!原因と対処法

YouTube 見れない 視聴できない 対策

YouTubeが見れない!どうして?

YouTubeを視聴中にエラーが生じて視聴できなくなることがあります。そんなとき、どのように対処すれば良いのかスマホ(iPhone・Android)、PC、テレビごとに解説します。

目次

スマホ(iPhone・Android)で視聴できないときの対処法

■スマホを再起動する
内部エラーが発生して視聴できなくなることがあります。電源を一度切り、再起動することによって視聴できるようになる可能性があります。
 
■他の動画を確認する
スマホには問題がなく、視聴している動画そのものに問題がある場合があります。他の動画も再生できないのかどうか確認してみましょう。特定の動画のみ再生できない場合、YouTubeサイトやアップロード側に問題があるため、視聴者は対応できません。
 
■アプリのキャッシュを削除する
iPhoneのYouTubeアプリにはキャッシュがありません。AndroidのYouTubeアプリのキャッシュは以下の手順で削除します。

【設定】→【アプリ】→【YouTube】→【ストレージ】→【キャッシュを消去】
 
■YouTubeアプリのアップデート/再インストールをする
YouTubeの仕様が更新され、スマホが最新バージョンではないためYouTubeを視聴できない場合があります。バックグラウンド更新をオンにしておらず、アプリが最新バージョンに更新されていない場合は以下のようにアプリをアップデートします。

iPhoneの場合
  1. App Storeを開く
  2. 画面右下の「アップデート」からYouTubeの項目を確認する
  3. 「アップデート」と表示されている場合選択する

Androidの場合
  1. Play Storeを開く
  2. 「アップデート」からYouTubeの項目を確認する
  3. 「更新」と表示されている場合選択する
 
上記のように更新しても視聴できない場合、一度アプリを削除し、App Store/Play Storeから再インストールしてみましょう。
 
■ストレージ容量を確保する
ストレージ容量がいっぱいになって視聴を妨げている場合があります。データを移行/消去してストレージ容量を確保してみましょう。必要ないデータやアプリは消去し、必要なデータはiCloudやSDメモリなどに移行してストレージ容量を確保します。
 
■速度制限状態になっていないか確認する
月間のデータ容量をオーバーすると速度制限がかかってしまい、動画の視聴が困難になることがあります。データ容量をオーバーするとメールが携帯会社から届くので確認しましょう。
制限に到達している場合はデータ容量のチャージを行う、WiFi通信に切り替えるなどの対策を行いましょう。
 

パソコンで視聴できないときの対処法 Google Chromeが推奨

YouTubeはGoogleが提供するサービスです。そのためYouTubeの視聴にはブラウザとしてGoogle Chromeが適しています。以下はGoogle Chromeをブラウザとして利用する場合の操作方法を解説します。
 
■ブラウザを更新する
ブラウザの更新ボタンを押してブラウザを更新するか、ブラウザを閉じて再起動してみましょう。
 
■PCを再起動する
ブラウザを再起動しても視聴できないときはPCを再起動します。
 
■他の動画を確認する
スマホの場合と同じく、他の動画も視聴不可能かどうか確認しましょう。
 
■キャッシュを削除する
【三点リーダ】→【履歴】→【閲覧履歴データを削除する】
 
1

 

「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて削除します。
 

テレビで視聴できないときの対処法

YouTubeはテレビで視聴することもできます。スマートテレビといったインターネット対応テレビやChromecastを使用して可能です。
 
テレビで見れない場合もPCやスマホのようにテレビの再起動を試してみましょう。また、テレビでの視聴にスマホ/タブレットのアプリを使用している場合、こちらも同じくアプリの再起動やアップデートを試してみましょう。テレビ特有の視聴不可の原因としては以下が考えられます。
 
■テレビでのYouTubeのサポートが終了している
2012 年以前の特定の端末モデルに搭載されている YouTube アプリと古いバージョンの YouTube アプリは動作しなくなりました。
以下のデバイスはサポートされていない可能性があります。
  • 2012年以前のSony製のテレビ、ブルーレイ ディスク
  •  2012年以前のPanasonic製のテレビ、ブルーレイ ディスク
  •  Sony PlayStation Vita
  •  旧型の Apple TV(第1世代、第2世代)
  •  旧型のセットトップ ボックス
対処法
一部の機種はストリーミング用のスティック型端末やボックス型端末(ChromecastやAndroid TV等)をテレビの HDMI 入力に接続することで引き続き YouTube を視聴できます。使用している機種が再びYouTubeが視聴できるようになるかについては、メーカーのカスタマーサポートに連絡するのが確実です。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。