夏は冬よりも太りやすい? 夏太りの原因と解消法とは?

夏太りとは,ダイエット

夏太りとは?事前に対策方法を把握してきましょう


暑さが苦手で夏バテになり、やつれたり、弱ったり、夏に痩せる人がいる一方で、毎年のように夏になると太る人もいます。

夏に太る人は、無意識に夏に太りやすい行動をしています。そのせいで夏前にダイエットをしてもなかなか効果が出なかったり、夏太り解消ダイエットもなかなかうまくいかないケースもあります。

夏本番になる前に原因を突き止めて、太り始める前に対策を済ませておき、あらかじめ太りにくい夏の生活習慣を身に着けておくと良いでしょう。まだ間に合う夏前に済ませておきたい夏太り対策を紹介します。


夏太りとは? 夏太りの原因とは?

夏太りとは「夏に太ること」で、「夏特有の原因で太ること」と言い換えられます。自分では原因が思いつかないのに、夏になったらいつの間にか太ってしまった、だからきっと季節のせいだろうと考えているのではないでしょうか。

「夏に太ってしまった、夏に太りやすい」のは事実ですが、季節のせいだけで太るわけではありません。では、「夏特有の太る原因」とは何でしょうか?

もし、当てはまる項目が多ければ、「夏太りしやすい体質」と言えるかもしれません。夏太りの原因として考えられることをひとつずつ見ていきましょう。


1.麺類やカレーなど、糖質中心メニューを食べがち

夏の人気メニューと言えば、そうめん、ラーメン、カレー、パスタ、牛丼などが挙がります。

夏に特に好んで食べられる理由としては、暑くてだるさを感じる時に調理の時間を省きたいので、時短メニューを選びがちということと、食欲がない時でもガツガツと美味しく食べられるから。この2つが大きいでしょう。

これら夏の人気メニューに共通しているのは、糖質中心のメニューであることです。野菜やたんぱく質食材が乏しくなりがちなこれらのメニューでは、どうしても糖質の摂取に偏ってしまいます。

もちろん、食べてはいけないわけではありませんが、こういったメニューを頻繁に食べていると、夏太りの原因になります。


2. 基礎代謝が落ちやすい夏。栄養が偏ってさらに代謝が落ちる

冬のように活発な熱産生(代謝して熱を放出すること)を必要としない夏場は、ただでさえ基礎代謝が落ちがちです。

それに加えて、前述のよりに、そうめん、ラーメン、カレーなどの麺類や丼物の食事が続くと、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどは不足しがちになるため必然的に栄養バランスは崩れてきます。栄養バランスが乱れると、体内機能が正常に機能しづらくなり代謝はさらに落ちてしまいます。


3.アイスやジュースの摂取が増える

夏に最も太りやすい理由と言えるのが、冷たいアイスやジュースの摂取が増えることでしょう。

夏以外はアイスやジュースを摂らない人も、暑さからついつい手が伸びしてしまう人は多いのではないでしょうか?

■参考:アイスクリームのカロリー
※100gあたり五訂食品成分表数値より
アイスクリーム(高脂肪、乳脂肪12%)……212kcal
アイスクリーム(普通脂肪、乳脂肪8.0%)……180kcal
アイスミルク(乳脂肪6.4%)……167kcal
ラクトアイス(普通脂肪、13.6%)……224kcal
ラクトアイス(低脂肪、2.0%)……108kcal
ソフトクリーム(乳脂肪5.6%)……146kcal
※乳固形分3.0%未満のものは氷菓

出典:アイスを食べても太らない方法

4.暑さのせいで、運動不足になりやすい

夏太りとは,ダイエット,痩せない

暑さから運動不足になりやすい


また、暑さのせいで運動不足になることも原因のひとつです。春や秋など気候のいいシーズンなら外で運動をする習慣がある人も、夏になると運動や外出を控える人が増えてきます。

たとえば、歩いて通勤する習慣があっても暑さをしのぐために夏は車移動に変えたり、汗をかかないために極力外を歩き回らないようにする人もいるでしょう。


5.寝苦しさから、肥満の原因となる「寝不足」になりやすい

暑さから寝苦しくなり不眠になることも、太りやすい原因になります。睡眠不足だと食欲刺激ホルモンが増えて食欲抑制ホルモンが減ることから暴飲暴食しやすくなるとされています。
7~9時間眠るヒトに比べると、4時間以下しか眠らないヒトは、なんと73%も肥満になりやすいという発表がありました。ちなみに5時間程度でも50%、6時間でも23%それぞれ太りやすいという結果でした。(コロンビア大学、対象1万8000人、32~59歳)
詳しい内容の発表は、Lack of Sleep May Lead to Excess Weight

出典:睡眠不足は肥満のモト!?
さらに、不眠が続くと疲労がたまるため、日中に活発に動けずさらに食欲不振に。そうすると食事は簡単な調理で済ませたり、濃い味で炭水化物をたくさんおいしく食べられる麺類や丼物が増える、という悪循環に陥ってしまいます。遅くまで起きていると、ついつい何かを食べてしまうこともあります

また、慢性的な不眠は自律神経のバランスを崩すため、代謝にも悪影響を及ぼします。


6.クーラーで体が冷えて、むくみや血行不良に

冷えも太りやすい原因になります。クーラーのかかっている場所にいることが多く、さらにお風呂はシャワーだけ、という日が続くと体はすっかり冷え切ってしまいます。体温が低いと脂肪は燃えにくいことを考えると、一日中体が冷え切っているのはダイエットではマイナスです。さらに、冷えは血行不良やむくみも引き起こします。むくみがあると体が重くだるくなり、単純に体重が増えますし、冷えが進行して血行不良にもつながります。水太りしやすい人は、特に冷えに注意しましょう。


夏太りしないために今から実践しておきたい対策

6つの原因を考えてみましたが、無意識に行っている人もおおいのではないでしょうか。

そこで、夏に太らないためには、暑さでバテる前に準備しておく方法も考えてみましょう。梅雨時期から梅雨が明けるころにかけて、夏太りの対策として以下を準備しておきましょう。


夏太りを解消する食事ダイエットの準備とやり方

夏の食事を手抜きしてしまう理由の1つは、面倒な準備です。その準備を夏本番前の今のうちに済ませておきましょう。

基本的なルールは、冷凍保存の活用と、ヘルシーな食品を自宅にストックしておくことです。

まず、夏に不足しやすいのは、野菜類やたんぱく質の食材です。カット野菜や肉などの冷凍食品を利用するのも簡単でオススメですが、週末や夜など涼しく過ごせて余裕のあるときに、自分で調理した食材を冷凍しておくのもおすすめです。たとえば、焼き魚などは、焼いた魚を冷凍しておけば、食べたい時にすぐに食べられます。

もうひとつ用意しておきたいのがヘルシーな食品です。どうしてもラーメンや麺類、アイスやジュースを飲食したい……と思ったら、低糖質タイプのラーメン、低カロリータイプのレトルト食品、低糖質のアイスやジュースなどで上手にコントロールしましょう。昨今は低糖質食品のブームなので、様々なメーカーから様々なヘルシー食品が登場しています。楽しく探して、日ごろからストックしておくと良いでしょう。

その他、糖質の代謝に関わるビタミンB群のサプリメントを用意しておくのも良いでしょう。


夏太りを解消する運動・エクササイズの準備とやり方

暑くてなかなか運動をする気になれない夏は、水泳やフィットネスジム、自宅でDVDトレーニングがおすすめです。

特に水泳・プールでのダイエットは、暑さが和らぐ上に運動の中でもダントツで消費カロリーが高いため、ダイエット効果は抜群です。

食事管理ができない、苦手な人の場合は、消費カロリーが高い水泳やプールでのウォーキングなどでカロリーコントロールすると良いでしょう。

日中に外で行うスポーツは、日焼けや熱中症の危険性も高いので、万全の準備をしつつ、体調と相談しながらおこなってください。今から、夏場にどんなスポーツをするのかプランを立てておきましょう。


夏太りしないためのむくみ・冷え対策

クーラーの効いた場所にいることが多かったり、職場などでクーラーの調整が難しかったりする人は、意識して冷え対策を心がけましょう。

職場や外出時はストールや靴下で冷え対策を。定期的に体を温めるために岩盤浴や半身浴を習慣にするのも良いでしょう。

暑い夏でも、体は冷えているので、入浴の際も、シャワーで済ませずに定期的な入浴をお勧めします。

さらに、寝る時の冷え対策も重要です。一晩中クーラーをつけていると体が冷えてしまうので、オフタイマーを使って途中で切ったり、シーツや枕を冷却タイプに替えてクーラーなしでも快適に眠れる工夫をしたり、クーラーの代わりに扇風機で室温調整をするのもおすすめです。一晩中、冷え切った室内の中で寝るのは避けましょう。


夏太りしない人は、季節を問わず食事や運動の良い習慣を続けられる人

夏に太らないのはどのような人でしょうか? それは、季節関係なく健康的な食事や運動の習慣を続けられる人です。

暑くなっても栄養バランスの良い食事を心がける、運動量を減らさない、温活を怠らないなど、季節に左右されずに習慣を継続できている人は体調を崩しにくく、体重も大きく変化しません。逆に言えば、季節に関係なく続けられる食事や運動の習慣を身に着ければ、夏太りも冬太りも解消できるということです。

夏太りを避けるためには、気持ちも体もだるくなってしまう夏本番の前に対策を考えておくことがカギです。

夏太りを放っておいたまま秋に突入してしまうと、秋の食欲増加や冬のお正月太りも積み重なり体重は増え続けてしまうので、今からしっかり対策を考えておきましょう。そして今からできることは習慣にしておき、夏を気持ち良く迎えましょう。


【関連記事】
ストレス太り解消法!ストレスで太る人の特徴と解決法
食べて痩せる手作りダイエット弁当を継続するコツとは
太りにくい!ダイエットに理想的な1日のスケジュール
太っている人の食習慣の特徴TOP5
ダイエッターにもうれしい、ヘルシーチョコって?





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。