今年の初夏はパワフルな新作・初演作揃い。実話を基にしたヒューマン・ドラマ『パレード』から東野圭吾さん原作の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』まで、様々な感動が待っています!

【5~6月の注目ミュージカル】
『グレート・ギャツビー』5月8日開幕←観劇レポートUP!
『リトル・ヴォイス』5月15日開幕←観劇レポートUP!
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』5月17日開幕←観劇レポートUP!
『パレード』5月18日開幕←石川禅さんインタビュー&観劇レポートUP!
『CLUB SEVEN-ZERO-』5月26日プレビュー開幕←観劇レポートUP!
『俺節』5月28日開幕←観劇レポートUP!

【All Aboutミュージカルで特集(予定)のミュージカル】
『レ・ミゼラブル』海宝直人さんインタビューを掲載(『ノートルダムの鐘』『ジャージー・ボーイズ』等についての海宝さん最新インタビューはこちら
『ビリー・エリオット』特集(柚希礼音さん・島田歌穂さんインタビュー等)掲載予定

パレード

5月18日~6月4日=東京芸術劇場プレイハウス、6月8~10日=梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、6月15日=愛知県芸術劇場大ホール

【見どころ】
『パレード』撮影HIRO KIMURA 製作発表で演出の森新太郎さんは「音楽が素晴らしく、これを聴くだけのためでも来ていただきたい作品です。ぞくぞくするような“祭りの熱狂”をお届けしたい。また、もう一人の主役は民衆と思い、全員に民衆役をやってもらっています。恐ろしくも晴れやかな民衆のエネルギーを作り出そうとしています」と熱く語りました。

『パレード』撮影HIRO KIMURA レオ役の石丸幹二さんは製作発表で「世界が激動する今、本作は僕らが向き合わなくてはいけないテーマの作品。(劇団時代以来の共演となる堀内敬子さんと歌うと)二人のデュエットのスタイルを思い出し、ぴたっと合う瞬間が心地いいです」と笑顔。「石丸さんは振り覚えとターンが早くなりました」という堀内さんの言で会場が和む場面も。

20世紀初頭の米国で実際に起こった事件をもとに、ピューリッツァー賞作家A・ウーリーが脚本を執筆、『ラスト・ファイヴ・イヤーズ』のジェイソン・ロバート・ブラウンが作曲。ハロルド・プリンスの演出で1998年にブロードウェイでプレビューが開幕、翌年のトニー賞で最優秀作詞作曲賞と最優秀脚本賞を受賞した問題作が、日本に上陸します。1913年、米国内の南北の経済格差を背景に、北部から来た優秀なユダヤ人レオ・フランクが強姦殺人の濡れ衣を着せられてゆく様を、様々な人々の思惑を絡めて描写。レオは自分を取り巻く不正義に愕然としますが、優秀な夫に引け目を感じていた妻ルシールが立ち上がり、人々を説得し始めます。

窮地に立たされることで互いの真の姿に気づき、絆を深める夫婦の愛情物語としての一面も加わり、物語は衝撃のクライマックスへ。ジェイソン・ロバート・ブラウンのドラマティックな音楽に彩られた本作を、フランク夫妻役の石丸幹二さん、堀内敬子さんはじめ、岡本健一さん、武田真治さん、石川禅さん、新納慎也さんら個性的な実力派たちが、ミュージカルは今回が初となる若手演出家・森新太郎さんの演出でどう演じるか。“魂のドラマ”の誕生に、期待が集まります。

【検事ヒュー・ドーシー役・石川禅さんインタビュー】
パワフルで深く、ダイナミックなミュージカルに
脳に汗をかきつつ、取り組んでいます

石川禅undefined64年新潟県生まれ。92年『ミス・サイゴン』でミュージカル・デビュー、以来『回転木馬』主演、『レ・ミゼラブル』『ピーター・パン』『マリー・アントワネット』『エリザベート』『レディ・べス』『天使にラブ・ソングを』など多数のミュージカルで厚みのある人間像を演じ、洋画吹き替えや音楽活動も行っている。(C)Marino Matsushima

石川禅 64年新潟県生まれ。92年『ミス・サイゴン』でミュージカル・デビュー、以来『回転木馬』主演、『レ・ミゼラブル』『ピーター・パン』『マリー・アントワネット』『エリザベート』『レディ・べス』『天使にラブ・ソングを』など多数のミュージカルで厚みのある人間像を演じ、洋画吹き替えや音楽活動も行っている。(C)Marino Matsushima

――本作は1913年のジョージア州アトランタで実際に起こった事件をもとにしているそうですが、石川さんはご存知でしたか?

「題材になった事件は聞いたことがありました。当時、米国では南北の経済格差があり、南部の貧しい白人たちにとって、優秀で成功しているユダヤ人というのはとても妬ましい存在だったんですね。そんな折に白人少女の殺人事件が起こり、人々は北部から来て鉛筆工場の工場長だったレオを無理やり犯人に仕立ててしまう。皆さんKKK(クー・クラックス・クラン)という白人至上主義団体のことは聞いたことがあるかと思いますが、この事件がきっかけで、彼らは黒人に加えてユダヤ人も差別対象にするようになったそうです」

――石川さん演じる検事ドーシーは、犯人候補として黒人の警備員とユダヤ人のレオが挙げられた時に、レオを選ぶ。彼の人生を狂わせた張本人なのですね。

「台本にはありませんが、史実によると実在のドーシーはその前の事件で2回ほど失敗しており、汚名返上に躍起になっていたそうです。そこでなぜ黒人でなくユダヤ人を選んだかというと、当時、南部の白人の中ではまだ黒人への差別意識が強烈にあり、例え黒人が犯人だとしても、黒人一人を死刑にしたくらいでは白人女性の命に見合わない、という感覚と、ユダヤ人に対する妬ましさがあった。日本人の感性では理解しにくいけれど、ドーシーの中にもそういうものがあって、レオ・フランクを犯人に仕立て上げてしまったのだと思います」

――主人公を追い詰める役柄としては『貴婦人の訪問』で演じられた校長役が良心と欲の狭間で揺れ動いていたのに対し、今回は……。
製作発表では新納慎也さんとの楽曲「洪水の時、お前は?」も披露。政治活動家ワトソンを演じる新納さんは「ワトソンはおそらく本作で一番の悪役ですが(笑)、当時は英雄的存在でした。五輪で世界中から人が集まってくる中、日本が“平和バカ”に見えないよう、多くの方に御覧頂きたいです。繊細な森さんの演出には、絶大な信頼を置いています」とのこと。

製作発表では新納慎也さんとの楽曲「洪水の時、お前は?」も披露。政治活動家ワトソンを演じる新納さんは「ワトソンはおそらく本作で一番の悪役ですが(笑)、当時は英雄的存在でした。五輪で世界中から人が集まってくる中、日本が“平和バカ”に見えないよう、多くの方に御覧頂きたいです。繊細な森さんの演出には、絶大な信頼を置いています」とコメント。

「はい、ブレません(笑)。一つ面白いのは、今回、ドーシーとレオは劇中、一切会話を交わしていないんですね。おそらく、まともに目を合わせもしないでしょう。それは本作が一つの冤罪の話というより(登場人物を各人種の象徴として)アメリカの社会そのものを描いた、非常に大きなドラマであるためではないか、と僕は思います」

――それが今回、本作を日本で上演する意味に繋がってくるのかも……?

「そうなんですよね。僕らは今、毎日トランプ政権のニュースを耳にしますが、アメリカというのはもともとこういう問題を抱えた国で、彼らは自分のプライドや主義を守るためにここまで戦い抜くんだということが、本作では登場人物の物凄いエネルギーとバイタリティで表現されています。それを知ることができるのは、差別や人権という問題に疎い現代の日本人にとって、とてもタイムリーなことなのかもしれません」

――ミュージカルはそうした題材からは“遠い”表現形態のように思われがちですが。

「ところが、ミュージカルには音楽という要素がありますよね。この音楽が入ることによって、こうした非常に重いストーリーが和らげられるんです。ジョージア州ののどかな田園が思い浮かぶ軽快な旋律がふんだんに登場して、当時の現地の人々の信念や希望も見えてくる。この事件が決して一言では解決できない、複雑な背景を持った事件だと思えてくる。森(新太郎)さんがこの作品を演出したいと思ったポイントはここなんだ、と思えます。伴奏と歌がずれていたりと、歌い手泣かせの音楽なのですが(笑)。」

――どんな舞台になりそうでしょうか?
レオ役の石丸幹二さんは「世界の動きが激しい今、真っ向から向き合わなくてはいけないテーマの作品です。(久々共演の堀内敬子さんは)当時と変わらず、今も“妖精”のよう。デュエットでは僕ら二人の歌のスタイルを思い出し、ぴたっと合う瞬間が心地いいです」と笑顔。堀内さんが「石丸さんは振り覚えとターンが早くなりました」と指摘、どっと笑いが。

メインキャストの方々。製作発表で演出の森新太郎さんは「音楽が素晴らしく、これを聴くだけのためでも来ていただきたい作品です。ぞくぞくするような“祭りの熱狂”をお届けしたい。また、もう一人の主役は民衆と思い、全員に民衆役をやってもらっています。恐ろしくも晴れやかな民衆のエネルギーを作り出そうとしています」と熱く語りました。

「先日、TVでカンボジアの内戦を扱ったドキュメンタリーを観たのですが、その中で現地の女性監督が、過去の実写を含めた内戦の映画を学生たちに見せていました。カンボジアには過去を振り返らない風習があるそうで、何も知らなかった彼らは“どうしてこういうものを自分たちに見せるのか”と眉をしかめ、それに対して彼女がこう答えていました。“今は何も感じなくていい。ただ、観てください。”それを聞いて、どきりとしました。今回の『パレード』も、ミュージカルではあるけれども、台本を正確に演じることによってまるでドキュメンタリーのような気持ちを、お客様に残すことができるかもしれない、と。“ただ、観てください”と言えるような舞台に仕上げること、それが理想なのだと今、思っています」

【観劇レポート
人間のダークサイドを抉り、微かな希望に光をあてる
渾身の“ヒューマン・ドラマ”ミュージカル】

*若干の“ネタバレ”を含みますので、未見の方はご注意下さい*
『パレード』撮影:宮川舞子

『パレード』撮影:宮川舞子

赤い空が広がる大地に、浮かび上がる巨木のシルエット。ドラムのビートが響く中、若い兵士が、そして次に老兵が現れ、南北戦争に赴いた彼らの思いを誇り高く歌う。そして背後では、優雅に着飾った“古き良き”時代の人々が、彼らを熱狂的に送り出す……。インパクトの強い舞台美術と兵士(若い兵士=小野田龍之介さん、老兵=安崎求さん)の絶唱が火花を散らすような、緊迫感に満ちた光景で幕を開ける舞台は、一つの殺人事件が町を、そして州全体を巻き込んでゆく様をジェイソン・ロバート・ブラウンの緻密な音楽に乗せ、息つく間もなく描いてゆきます(演出・森新太郎さん)。
『パレード』撮影:宮川舞子

『パレード』撮影:宮川舞子

一つの場面からその次へと、スピーディーな転換を可能にしているのが、セットの配置と照明デザイン(美術=二村周作さん、照明=勝柴次朗さん)。あるシーンでは下手(左)の足元から舞台を横切るように上手(右)が照らし出され、アクティングスペースとして使われますが、その場面が終わると今度は下手の一角が上手から照らし出され、別の空間として登場。場面転換の“間”が省かれ、映画のように瞬時に次の場面へと移り変わることで緊張感が持続し、観客はある日突然事件に巻き込まれ、問答無用で犯人に仕立て上げられてゆく主人公レオの心境を“体感”しつつ、ことの次第を見守ります。
『パレード』撮影:宮川舞子

『パレード』撮影:宮川舞子

混乱し、憤怒し、弱気にもなり、絶望するレオ。妻ルシールが思いがけない行動に出ると、これまでの自分の浅はかさを悔いると同時に彼女への深い愛に目覚め、理不尽な運命に翻弄されながらも人間的に大きく成長してゆきます。演じる石丸幹二さんは、これまで培ってきたテクニックを総動員するかのようにきめ細かく、惜しみなく、彼の内面を表現。裁判中に少女たちの証言を再現するシーン(森山開次さんの“奇妙”感漂う振付が出色)での悪魔的な姿から、恐怖と戦いながらおずおずと意見陳述をする姿への鮮やかな変化は見逃せません。検事役・石川禅さんや記者役・武田真治さん、政治活動家役・新納慎也さん、工場の清掃員役・坂元健児さん、(後に唯一、味方に転じる)州知事役の岡本健一さんら、レオを追い詰める側の演じ手もそれぞれの立場と動機を明確に演じ、彼らに扇動される民衆役の方々も、いたずらに狂気に駆られてゆくのではなく、その中心には少女の死による深い悲しみがあることを、未来優希さん演じる被害者の母のナンバー等を通して丁寧に表現しています。
『パレード』撮影:宮川舞子

『パレード』撮影:宮川舞子

そして本作で、陰惨な人間社会の“微かな希望”を象徴するのが、妻ルシールという存在。それまで優秀な夫に気後れしていたが、勇気を振り絞って立ち上がり、小さな奇蹟を起こす様を、劇団四季時代の甘やかな歌声に一層の芯の強さが加わった堀内敬子さんが演じています。彼女が終盤で見せる、世間と時代の波に飲み込まれまいと懸命に立つ姿の何と、か弱く、同時に力強く、美しいものであることか。極限状態にあって“個人”がどう生きるべきかを問う本作は、決してお気楽なエンターテインメントではありませんが、世界がますます“分断”されつつある今だからこそ、すべての人々に、体験・体感していただきたい舞台と言えましょう。

リトル・ヴォイス

5月15~28日=天王洲銀河劇場、6月3~4日=富山県民会館大ホール、6月24日=北九州ソレイユホール
『リトル・ヴォイス』内気な青年ビリー(山本涼介さん)は自分に似たLV(大原櫻子さん)に懸命に語り掛ける。(C)Marino Matsushima

『リトル・ヴォイス』内気な青年ビリーは、自分に似た内向的なLVに懸命に語り掛ける。(C)Marino Matsushima

【見どころ】
ミュージカルではありませんが、ぜひお勧めしたい舞台をご紹介しましょう。重要な要素として歌が登場するドラマ『リトル・ヴォイス』です。1992年にサム・メンデス演出でロンドン初演、98年の映画版はアカデミー賞助演女優賞にノミネートされるなど大きな話題を呼んだ本作が、大原櫻子さん主演で登場。父の死後、自分の部屋に閉じこもって形見のレコードばかり聞いていた少女LV(リトル・ヴォイス)は、歌によって新たな一歩を踏み出してゆく。

破天荒な母マリー役に安蘭けいさん、彼女を見出すプロモーター、レイ・セイ役に高橋和也さんら実力派キャストが揃い、新進気鋭の演出家、日澤雄介さん(劇団チョコレートケーキ)が演出。マリリン・モンローにジュディ・ガーランド、シャーリー・バッシ―らになりきって歌う大原さんの歌声、安蘭さんのダメダメな母親ぶりを堪能しつつ、人生を変えるほどの力を持つ歌の素敵さを感じられる舞台となりそうです。

【観劇レポート
歌を通して少女が新たな一歩を踏み出すまでを
魂の歌唱を交え、繊細に描く舞台】

『リトル・ヴォイス』酒と男に溺れる日々を送る母マリー(安蘭けいさん)。(C)Marino Matsushima

『リトル・ヴォイス』酒と男に溺れる日々を送る母マリー。(C)Marino Matsushima

部屋に閉じこもっては形見のレコードばかり聞いていた少女LVは、母が家に連れ込んだ音楽プロモーターの男レイ・セイに偶然、歌の才能を見出され、クラブで歌うことに。序盤は母マリー役・安蘭けいさんの、大股を開いて座りながら物を投げ、汚い言葉をまき散らし、自ら“これが私、品性のかけらもない”と開き直る姿が圧倒的です。無口な娘に不満ばかりぶちまけていたのが、新たな恋人、レイが娘の才能に“あなたのお嬢さんは天才だ”と驚嘆するなり“あらそ、やっぱり。マネジャーは私よ”と態度を翻す姿はからりと無邪気で、安蘭さんならではの憎めないキャラクター。
『リトル・ヴォイス』調子のいい音楽プロモーター、レイはLVの歌の才能を見出すが、彼女の心中を見誤ったことで悲劇の一端となってしまう。(C)Marino Matsushima

『リトル・ヴォイス』調子のいい音楽プロモーター、レイはLVの歌の才能を見出すが、彼女の心中を見誤ったことで悲劇の一端となってしまう。(C)Marino Matsushima

高橋和也さん演じるレイは、鷹揚な男に見えて、後半に冷酷な変わり身を見せ、そんな彼が“私には夢がありました”と本心をさらけ出しながら歌うくだりが哀切。動きも頭の回転もちょっと鈍いながらもその人の好さがマリーの支えとなっているセイディ役の池谷のぶえさん、LV同様内気だがとうとつと彼女を励ますビリー役の山本涼介さんもいい味です。
『リトル・ヴォイス』クラブでステージに立ったLVは、エディット・ピアフ(写真)らになりきって迫真の歌声を次々と披露する。(C)Marino Matsushima

『リトル・ヴォイス』クラブでステージに立ったLVは、エディット・ピアフらになりきり(写真)、迫真の歌声を披露する。(C)Marino Matsushima

大原櫻子さん演じるLVはほとんど口をきかず、ベッドの上で連日、自分の体内に取り込んでいた音楽が、ある日魂の叫びのようにあふれ出してゆく様に説得力があり、ジュディ・ガーランドらのナンバーを次々に歌うステージ・シーンでは、軽々に“物まね歌唱”とは呼べない絶唱に引き込まれます。そんなLVがある事件をきっかけに、初めて母に本音をぶつける。小さな声の内気な女の子が、歌をきっかけに人生の新たな一歩を踏み出してゆくドラマは終始繊細に描かれ、ラストはシーンごと抱きしめたくなるような、優しさの溢れる舞台に仕上がっています。

次頁で『グレート・ギャツビー』他の作品をご紹介します!