披露宴、それは結婚する二人にとって人生最大のページェント。記念すべきハレの日には、いくぶん「ドラマティック過ぎ」かもしれないミュージカル・ナンバーがぴったりです。ここでは楽譜の存在が確認できた作品の中から、「新郎新婦向け」「友人代表向け」に分け、お勧めの名曲を厳選。カラオケになっている曲もありますし、得意な友人にピアノやギターで伴奏をお願いするのもいいでしょう。曲によっては、アカペラが効果的なものもあります。うまい下手より、気持ちが大事!心を込めた歌唱で感謝を、感動を、そして祝福を伝えましょう!

*難易度は「A」が「歌いやすい」、「B」が「普通」、「C」が「高難度」です。

出会えた感動を歌いたい!
新郎新婦にお勧めのデュエットソング5選

『ウェストサイド物語』「One Hand, One Heart(ひとつの心)」
スローテンポ、難易度「B」
「私たちの人生を一つに……。今が始まり。死さえも二人を分かつことはできない」というシンプルな結婚の誓いを、レナード・バーンスタインが短くも美しいデュエットに仕上げました。名作中の名作ミュージカルですので、親族受けも良さそう(?!) ラスト、女性パートが高音ですので、少しキーを下げると歌いやすくなるかもしれません。(英語楽譜あり)

 
『アラジン』「A Whole New World(ホール・ニュー・ワールド)」
スローテンポ、難易度「A」
この3月にブロードウェイで開幕したディズニー・ミュージカルの主題歌。アニメ版も大ヒットしました。ゆっくりで誰にでも歌いやすい、アラン・メンケン&ティム・ライスコンビの傑作です。魔法の絨毯に乗っているかのような浮遊感溢れるメロディに乗って、「新しい世界を一緒に見よう」と心地よく歌い上げて下さい!(英語楽譜あり。カラオケでもポピュラーなナンバー)

 
『ミス・サイゴン』「Sun and Moon(サン・アンド・ムーン)」

『ミス・サイゴン』2014年7、8月帝国劇場にて上演。写真提供:東宝演劇部

『ミス・サイゴン』2014年7、8月帝国劇場にて上演。写真提供:東宝演劇部

スローテンポ、難易度「B」
これも『ロミオ&ジュリエット』の「エメ」も、「恋に落ちた頃の初心を忘れちゃいけないな~」と思わせてくれる、情熱的なナンバー。「二人の愛の炎が空を照らす……」という熱々の歌詞が、東洋風のメロディで展開します。進行に連れ盛り上がってゆく曲調にあわせ、感情を込めると素敵。(英語楽譜あり)

『オペラ座の怪人』「All I ask of You(オール・アイ・アスク・オブ・ユー)」
スローテンポ、難易度「C」
甘いデュエットの決定版と言えば、この曲。相思相愛の二人が「愛して、それだけでいい」と思いを確かめあいます。女性が高音から入るため音をとりにくいかもしれませんが、それさえクリアできれば流麗で歌いやすいメロディ。この直後に「も~はや退け~ない~」「仕方がないわ、もう心を決めたわ」という「The Point of No Return(ザ・ポイント・オブ・ノー・リターン)」を続けると、ちょっとコメディの様相を呈してきます……。(英語楽譜あり)

 『アイーダ』「Elaborate Lives(迷いつつ)」

『アイーダ』撮影:堀勝志古undefined写真提供:劇団四季

『アイーダ』撮影:堀勝志古 写真提供:劇団四季

ミディアムテンポ、難易度「B」
ティム・ライスのビターな恋愛観が覗く、ある程度恋愛、いえ人生経験のある“大人カップル”にぴったりのナンバー。「(人は複雑に生きるけれど)私はただあなたと一緒にいたいだけ」という“最後の恋”への決意を切々と歌い上げれば、大きな感動が得られそう。声域がそう広くないのも魅力です。(英語楽譜あり)

 *次ページで「友人代表にお勧めのハッピーソング」をご紹介します!