*観劇レポートを3頁目に掲載しました*

2017年末に最新作が登場する人気ミュージカル・シリーズ『黒執事』。原作漫画ファンのみならず、多くの人々に愛される舞台の魅力とは? 主演・古川雄大さんへのインタビューを中心に、作品世界をたっぷりとご紹介します!(開幕後は観劇レポートも追記しますので、お楽しみに!)
『黒執事』

『ミュージカル「黒執事」Tango on the Campania』

【目次】
・原作漫画『黒執事』&ミュージカル版『黒執事』、それぞれの概要(本頁)
・セバスチャン・ミカエリス役・古川雄大さんインタビュー(2頁
・ミュージカル『黒執事』Tango on the Campania観劇レポート(3頁

『黒執事』とは?

漫画家・枢やなが『月刊Gファンタジー』で連載するコミック。完全無欠の執事にして実は悪魔であるセバスチャン・ミカエリスと、彼と契約した少年領主シエルが数々の謎に挑んでゆく。全世界累計で2300万部以上を数えるベストセラーで、TVアニメ化、劇場アニメ化もされている。
 

どんなストーリー?

19世紀の英国。名門貴族・ファントムハイヴの館はある日炎に包まれ、伯爵夫妻は何者かによって殺されてしまう。誘拐され、辱めを受けた跡継ぎのシエル(13歳)はそこに現れた悪魔と契約を結び、脱出。悪魔はセバスチャン・ミカエリスの名でシエルに仕え、彼とともに女王陛下のため、数々の難事件に挑んでゆくが……。

ミュージカル版『黒執事』とは?

『ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in the World-千の魂と堕ちた死神』2010年undefined写真提供:ネルケプランニング

『ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in the World-千の魂と堕ちた死神』2010年 写真提供:ネルケプランニング

原作コミックの世界を華麗なビジュアルと音楽で彩った舞台版で、“生執事(ナマシツジ)”の異名で親しまれている。

『ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in the World-千の魂と堕ちた死神』2013年undefined写真提供:ネルケプランニング

『ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in the World-千の魂と堕ちた死神』2013年 写真提供:ネルケプランニング

原作の世界観に基づくオリジナル・ストーリーの『音楽舞闘会 黒執事~その執事、友好~』(2009年)、『ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神』(2010年、2013年)を経て、第三弾『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス』(2014年、2015年)では原作の人気エピソード“切り裂きジャック篇”を、『ミュージカル「黒執事」~NOAH'S ARK CIRCUS~』(2016年)では“ノアの方舟サーカス篇”を舞台化。

『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス』2014年undefined写真提供:ネルケプランニング

『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス』2014年 写真提供:ネルケプランニング

2014年までは松下優也(X4)、2015年からは古川雄大がセバスチャン・ミカエリス役を演じているほか、葬儀屋(アンダーテイカー)役・和泉宗兵が第一弾から連続出演している。

『ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in the World-千の魂と堕ちた死神』2010年undefined写真提供:ネルケプランニング

『ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in the World-千の魂と堕ちた死神』2010年 写真提供:ネルケプランニング

各エピソードのヘビーで切ないテーマ、主従関係をベースとしながらも緊張をはらんだシエルとセバスチャン(セバス)の謎めいた関係、個性的な館の使用人たちとのコミカルなやりとりが融合して独自の魅力を放つ一方、フレッシュな若手から実力派俳優までが集う、多彩なキャストも注目の的。上演を重ねるごとに新たなファン層を獲得している。

最新版舞台『ミュージカル黒執事 Tango on the Campania』の見どころは?

『ミュージカル「黒執事」Tango on the Campania』

『ミュージカル「黒執事」Tango on the Campania』

原作中の人気エピソードの一つ『豪華客船』篇を舞台化した本作では、“死者蘇生”の噂を耳にしたシエルとセバスが、秘密結社・暁(アウローラ)学会を追って豪華客船「カンパニア号」に乗り込み、遭遇する事件を描く。華々しく処女航海に繰り出す船内では、やがて“何か”が動き出し、想像を超えた惨事が起きる……。

脚本をTwo hats Ltd.、演出を児玉明子、音楽を和田俊輔が担当し、セバスを古川雄大、シエルを前作『サーカス』篇で同役を演じた内川蓮生が続演。また過去に登場し、好評を博したグレル・サトクリフ役・植原卓也、ドルイット子爵役・佐々木喜英が現れ、再び活躍する。謎めいた葬儀屋(和泉宗兵)らお馴染みのキャラクターに加え、今回はアンサンブルも多数出演。大掛かりなアクション・シーンを交えたスリリングなドラマが期待されている。

*次頁でセバス役・古川雄大さんインタビューをお届けします!