手作り鶏チャーシューの極旨つけ麺風うどん

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物うどん

 

太麺がおいしい! 手作り鶏チャーシューの極旨つけ麺風うどん

日本が誇るB級グルメであるつけ麺は、もはや「ラーメンよりつけ麺派!」という方も少なくないほどの人気を誇ります。

お家でもつけ麺を楽しみたい! というときにおすすめなのが冷凍『さぬきうどん』です! 冷凍うどんならいつでも冷凍庫にストックしておけますし、もちもちしたコシのある食感とツルンとしたなめらかなのどごしは、まるで人気つけ麺の極太麺のよう。お湯で茹でずに電子レンジで調理できるので、ジメジメと蒸し暑い梅雨の季節にももってこいなんです。

しかも、今回はさぬきうどんに合う「つけ汁」も手作り……といっても、作り方はとっても簡単。鶏チャーシューの煮汁を利用して作るので、チャーシューを作ればあとは混ぜるだけ。そのうえ、煮汁にゆで卵を漬けておくだけで同時に煮玉子までできてしまいます! 煮汁に鶏肉の旨味が溶け出しているので、混ぜるだけなのに極旨のつけ汁に仕上がります。

コスパが良い鶏胸肉を使う鶏チャーシューは、作りやすい最小分量でも2~3人分ができあがります。家族や友だちとワイワイとつけ麺を楽しむもよし、鶏チャーシューをおつまみやおかずとして楽しんでもOKですよ。


極旨つけ麺風うどんの材料(1人分

手作り鶏チャーシューの極旨つけ麺風うどんの材料
冷凍うどん 1玉:テーブルマーク冷凍『さぬきうどん』
鶏胸肉 1枚:約250g
1個
メンマ 適量(トッピング)
青ねぎ 適量(トッピング)
かいわれ大根 適量(トッピング)
柚子 適量(皮を薄切りしてトッピング)
いり白ごま 適量(お好みで)
一味唐辛子 適量(お好みで)
【A】鶏チャーシューの煮汁
醤油 150ml
みりん 100ml
100ml
砂糖 大さじ2
小さじ1
生姜 2枚(薄切り)
青ねぎ 1本分
【B】つけ汁
中華ブイヨン 小さじ1/2
鶏ガラスープの素 小さじ1
こしょう 少々
ごま油 小さじ2
熱湯 150ml
煮汁 大さじ4~5(鶏チャーシューの煮汁)

極旨つけ麺風うどんの作り方・手順

手作り鶏チャーシューの極旨つけ麺風うどんの作り方・手順

1:鶏胸肉の下準備をする

鶏胸肉の下準備をする
鶏胸肉はフォークで刺して味が染み込みやすくします。特に皮面にたくさんあけてください。厚みのある部分に包丁を入れて観音開きにします。

2:鶏胸肉を成型

鶏胸肉を成型
皮を外側にして、端からくるくると巻いて成型します。タコ糸を巻き付けて形が崩れないようにします。

3:鶏胸肉を【A】で煮る

鶏胸肉を【A】で煮る
小鍋に【A】を合わせて火にかけます。ひと煮立ちしたら成型した鶏胸肉を入れ、落としぶたをして弱火で約5分煮ます。途中上下を返します。

4:半熟ゆで卵を加える

半熟ゆで卵を加える
火を止めて落としぶたを取り除き、半熟ゆで卵を入れます。フタをしてそのまま冷めるまで置いておきます。途中、鶏胸肉と卵の上下を何度か返すようにしてください(半熟ゆで玉子の作り方 : 熱湯に卵を入れて約6分茹でる)。

5:冷凍『さぬきうどん』をレンジ加熱する

冷凍『さぬきうどん』をレンジ加熱する
冷凍『さぬきうどん』を皿にのせ、電子レンジ600wで3分20秒加熱します。(500wの場合3分30秒)

6:鶏チャーシューを薄切りする

鶏チャーシューを薄切りする
鶏チャーシューが完全に冷めたらタコ糸を取り除き、薄切りにします。

7:さぬきうどんを冷水でしめて盛り付ける

さぬきうどんを冷水でしめて盛り付ける
レンジ加熱したさぬきうどんを冷水で洗い、ざるにあげて水気をよく切ります。うどんを皿に盛り付けたら、鶏チャーシュー、半熟ゆで卵、メンマ、青ねぎ、かいわれ大根、柚子皮を添えます。

8:器に【B】を順に混ぜ合わせ、つけ汁を作る

器に【B】を順に混ぜ合わせ、つけ汁を作る
器に【B】を順に混ぜ合わせ、つけ汁を作ります。お好みでいり白ごま、一味唐辛子を添え、さぬきうどんをつけ汁につけて召し上がれ。


温度やうどんの組み合わせはいろいろ! 細うどんもおすすめ

つけ麺風

お家でもチャーシューやつけ汁から作って楽しめる、つけ麺風うどん!

これからの暑い季節には、うどんだけでなく、つけ汁も冷たくした「ひやひや」、逆にうどんは温かいままの「あつひや」の組み合わせもおいしく食べられます。

その際、つけ汁は、中華ブイヨンや鶏がらスープをまず少量の熱湯で溶き、残りは冷水にして作ると、つけ汁を冷やす時間が短縮できます。

また、さぬきうどんだけでなく、冷凍『稲庭風細うどん』も夏にぴったりです。透き通るようなつややかな麺が涼しげで、つるりとしたのど越しなので食欲が落ちる時期にもおすすめです。ぜひお好みの組み合わせで楽しんでくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。