【タイプ1】血行不良くすみへの対策

t

紫外線対策は通年がオススメ

血流が悪いことで起こるくすみなので、まずは体を冷やさないことが大切。ゆえに、しっかり湯船に浸かるとか軽い運動をすることで全身の血行促進につながります。

冷たい飲み物は極力控え、温かい飲み物を飲むように心がけて。また、運動といっても、軽いストレッチやウォーキングなどで十分効果的なので、無理せずできることから始めてみましょう。

そのほか、左右の頬を交互に膨らませるフェイスストレッチや、スキンケアの際のマッサージも血流促進に効果があるので試してみる価値あり。


【タイプ2】メラニンくすみへの対策

何より紫外線を浴びないということが大切なので、紫外線対策をしっかりと行いましょう。できれば、通年を通して日焼け止めをする、加えて日傘や帽子、サングラスなどを活用するのも有効です。日焼け止めを通年で塗るのが嫌な人は、せめて春分から秋分までは塗るように心がけましょう。

洗顔の際に、ゴシゴシこすることでもメラニンは生成されてしまうので、たっぷりの泡で優しく洗うことも大切です。

【タイプ3】糖化くすみへの対策

u

白米より玄米

糖化のくすみは、食生活を見直すことが重要です。

例えば、白米より玄米、うどんよりそば、薄力粉より全粒粉、白砂糖より三温糖といったふうに、色の白い食品より色のついている食品の方が、糖質が少ない傾向にあります。このことを覚えておくと、無理なく糖質を控えることができます。甘い物だけでなく、ご飯やパン、揚げ物などを控えることもポイント。アルコールの飲み過ぎにも注意が必要です。

加えて、食物繊維の多い野菜、ネバネバ食品、海藻などを積極的に摂るようにしましょう。

【タイプ4】毛穴のよごれくすみの対策
毛穴の汚れを取り除くことが大切なので、クレイタイプの洗顔料を使ってしっかりと洗うようにし、また、毛穴の汚れの原因を知り、例えば、皮脂過剰によるものなら、油の多い食べ物を控えるなどを心掛けましょう。

また、ビタミンCを多く含む食べ物を摂ることもオススメ。皮脂過剰は、乾燥により起こることもあるので、保湿をしっかり行うことも効果的です。


くすみに合わせてコントロールカラーを賢く活用

o

コントロールカラーを賢く活用

今すぐこのくすみを何とかしたい!という時は、肌の色を調節してくれる「コントロールカラー」を活用しましょう。状態に合わせてカラーを選ぶとより効果的です。

●血行不良くすみには、ピンクのコントロールカラー
ピンク色を使うことで、肌の色を明るくして、健康的な顔色にみえるようにできます。

●メラニンくすみには、イエローやオレンジのコントロールカラー
このタイプは、イエローやオレンジ色を使うことで、肌を明るくして、健康的な印象に見えるようにできます。

●糖化くすみには、パープルやブルーのコントロールカラー
黄色くくすんでいる肌には、肌に透明感が出せるパープルやブルー系を選ぶと良いでしょう。

顔がくすんでいては、恋の出会いも仕事のチャンスも逃してしまうだけでなく、年齢より老けて見られる可能性が大。鏡を見て肌がくすんでいるなと感じたら、即座にくすみ対策ケアを行うことをオススメします。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。