あなたの知っているエシャロットはどのエシャロット?

エシャロット

どっちが本当のエシャロット? エシャロットってどんな野菜なの?

エシャロットと言うと、白くて小さい球根にチョロチョロとした根と青ネギのような葉がついた野菜を思い浮かべるのではないでしょうか。実はここで述べた野菜をエシャロットと呼ぶのは日本だけで、本来のエシャロットは別にあるのです。

私たちになじみのあるエシャロットとは通称名であり、その実態は土寄せして若採りしたらっきょう、いわゆる根らっきょうのことです。1950年代から生のまま食べられるらっきょうとして出回るようになりました。その際、形状がよく似ていることからエシャロットという名称で流通するようになったのですが、それがしっかりと定着したわけです。

では世界的に認知されているエシャロットはどんな野菜なのかご存じですか? 根らっきょうと混同してしまわぬよう、ベルギーエシャロット、シャロット、エシャとも呼ばれていますが、こちらは小型の玉ねぎです。フランス料理などに欠かせない香味野菜で、玉ねぎとにんにくを合わせたような味わい。どのサイズで、茶色い薄皮と紫色の果肉を持っており、にんにくのようにつぶれた球型です。

ここでは根らっきょうのエシャロットについて解説していきたいと思います。

<目次>  

日本で呼ばれるエシャロット(根らっきょう)について

エシャロット

エシャロット

【特徴】若いうちに収穫しているので、身は柔らかいのに、パリッした歯ごたえに、たっぷりの水分を含んでいるので、みずみずしい味わいを楽しめます。らっきょうの持つ強烈な辛みと風味が和らいでおり、生でも食べることができますが、それでも強烈な風味はしっかりと残っています。青い葉の部分は青ネギのようにして食べられますが、葉にもしっかりと風味があります。

【旬】2~6月にかけて出回りますが、露地栽培の旬は3~5月です。

【選び方】根元がふっくらとしており、全体的に白いものを選びましょう。土がついているものの方が長持ちします。葉は緑色のものが新鮮です。旬の終わりかけになってくると葉が枯れてきてしまうので、葉つきのもよりは葉が切り落とされているものを選ぶとよいでしょう。

【保存方法】土付きは新聞紙などに包んで、冷暗所で保存。1週間ほどで食べきりましょう。洗ってあるものは、葉を切り落としたものをポリ袋に入れて野菜室で保存。3日以内に食べきりましょう。
 

エシャロットの下ごしらえ

エシャロット

エシャロット

1. 土がついている場合は、ボウルに水をはり、汚れを丁寧に落とします。

 
エシャロットの根本

エシャロットの根本

2. 根の部分を切り落とし、葉も切り落とします。カサカサな薄皮が付いている場合は剥ぎ取ります。食べ方に合わせて、お好みの大きさに切っていただきます。
 
エシャロットの葉

エシャロットの葉

3. 葉は青ネギのようにして食べることができます。風味が強いのでしっかり加熱して食べるようにしましょう。白い部分に固くてパリパリとした皮がついていたら剥ぎ取りましょう。

 

エシャロットの食べ方例

普通のらっきょうだと、風味も辛みもかなり強烈で生で食べられたものではありませんが、エシャロットなら生食でも◎。その場合は新鮮で、小ぶりのものを選ぶと風味が強くなくてよいでしょう。マヨネーズや味噌を添えて、そのままボリボリ! また加熱するとトロッとした食感と甘みを楽しむことができます。同じ根らっきょうだと、沖縄で食べられている島らっきょうは粒が小さいので、生でも食べやすいです。
 
エシャロットの塩漬け

エシャロットの塩漬け

【エシャロットの塩漬け】塩を振って、半日以上漬けておきます。適度な塩気とエシャロットの風味を楽しむことができます。かつおぶしをかけて、いただきます。
 
エシャロットの天ぷら

エシャロットの天ぷら

【エシャロットの天ぷら】エシャロットの白い部分に衣をつけて揚げます。ほろっと柔らかくなったエシャロットを噛むと、強い風味が口の中に広がります。
 
エシャロットのチヂミ

エシャロットのチヂミ

【エシャロットの葉のチヂミ】緑色が鮮やかで、エシャロットの風味がしっかりと味わえるチヂミに仕上がります。
 

その他、いつものタルタルソースにみじん切りしたエシャロットを入れたり、薄切りにしてサラダにしても◎。お好みのエシャロット料理を楽しんでみてくださいね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。