50代の過ごし方で“下流老人”への道は遠ざかる!

undefined

50代の過ごし方でその先が変わる!

下流老人という造語の生みの親である藤田孝典氏によると、現役時代には一般的な収入を得ていた人でも、さまざまな出来事(病気や事故による高額医療費、熟年離婚など)により下流老人に陥る可能性があるといいます。つまり大半の人にとって下流老人は対岸の火事ではないのです。

だからこそ50代での過ごし方がとても大切。特に50代後半になり、子どもが大学を卒業・独立をすると急に家計がラクになります。そこで「余裕ができた!」と気を緩めて、妻がパートを辞める、友達とランチ巡り、夫婦で温泉三昧などで安易に教育費を贅沢費に回すのはNG。

むしろ、子どもが独立したときこそ家計の引き締めが大切です。住宅ローンの繰り上げ返済、食費や雑費などを見直して、家計費のダウンサイジングに着手をする。50代は、60代以降の収入が減ったときに備える助走期間と考えましょう。

今50歳の人の年金の支給は原則65歳からなので、60歳で定年を迎えたあとも、できることなら5年間は働くこと。

また夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯では、毎月の支出総額が27万5705円の一方、実収入は21万3379円。差額の6万2326円が足りないというデータもあります(2015年総務省家計調査報告)。そこを埋める資金として、今の貯蓄に加えてあと1000万円を貯めることにもチャレンジしてほしいと思います。

では50歳からの10年で1000万円を貯めるには?次のページでご紹介します。