炭酸が爽快なほどに刺激的

さっそく使ってみましょう。まず専用のドライシートマスク(または同社検証済みのシートマスク)を水で濡らして顔にのせます。次に温感、イオンレベル、モードを選択。モードは、「炭酸+イオン」のほか、炭酸は発生せず、導入美容器として使える「イオン(保湿)」がありますが、今回は炭酸モードを選びました。

専用シートは、コットンの約2倍の水をキープ。水に浸すとゲル化し、ヘッドの滑りもよくなります。3枚付属で、別売(EH-2S42)は10枚入り2,000円(税抜)

専用シートは、コットンの約2倍の水をキープ。水に浸すとゲル化し、ヘッドの滑りもよくなります。3枚付属で、別売(EH-2S42)は10枚入り2,000円(税抜)

温感は、低:約37℃/高:約43℃、イオンレベルは、弱/強から選べます

温感は、低:約37℃/高:約43℃、イオンレベルは、弱/強から選べます


使い方は、パターの取っ手にあるイオンパネルにしっかり触れながら、シートマスクの上を滑らせていくだけ。肌に当てた瞬間、シュワシュワシュワシュワ~と予想以上に強めに弾ける刺激が感じられます。このシュワシュワの気持ちいいこと! 温感のぬくもりも相まって、滑らせているだけなのに、マッサージしているような心地よさとリラックス感も感じられます。

水分たっぷりのシートマスクに当てると、炭酸が一気に大量に発生し、お肌を心地よく刺激

水分たっぷりのシートマスクに当てると、炭酸が一気に大量に発生し、お肌を心地よく刺激

ヘッドを見てみると、激しくシュワシュワしています

ヘッドを見てみると、激しくシュワシュワしています


注意したいのは、鼻の周りに当てるとき。鼻の穴に近づけすぎると、ツーンと刺激が走り、衝撃を受けた感じになります。子供のころ、よく炭酸が鼻に来ていた記憶がありますが、それが何倍にもなったような、痛いくらいの刺激なので、気を付けたいところです。

さて、2分間経って自動的にモードがオフになったころには、顔中がぽかぽか!! 血行がよくなって肌ツヤもアップしたように感じます。これは続ければ、気になるお肌のたるみやくすみも改善される期待大。シートマスク(指定外も使用可)と化粧水を使って、導入美容器としても使えるので、炭酸あり・なし、と交互に使うのもいいかもしれません。

ガスカートリッジや専用シートマスクなどのランニングコストが少々気になりますが、いつものお手入れから一歩踏み込んだ美肌ケアをしたいという人に、ぜひ試していただきたい美容家電です。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。