チョコレートや飴、アイス、ケーキ、グミは何歳から子供に与えてOK?

あのお菓子は、子供の場合何歳から食べていいの?

あのお菓子は、子供の場合何歳から食べていいの?

幼児期にはおやつが欠かせませんが、何歳からどのようなお菓子を食べさせたらいいのか毎日悩んでしまいますよね。

今回は、 子供のお菓子の中から、チョコレート、アイス、飴、グミやガム、ケーキ、キャラメル、ラムネ、スナック菓子、ポップコーンについて、いつから食べてOKかをまとめて解説していきます。

Index
チョコレートは何歳から?
飴、ラムネは何歳から?
グミ、キャラメルは何歳から?
アイスは何歳から?
ケーキや生クリームは何歳から?
ガムは何歳から?
スナック菓子はいつから?
団子(餅菓子)とあんこはいつから?
はちみつが入ったお菓子はいつから?

 

チョコレートやチョコ風味ケーキは何歳から?

チョコレート

チョコレートは3歳くらいから

チョコレートは、何歳から与えていいものか悩ましいものの1つでしょう。チョコレート風味やココア風味のお菓子やケーキなどであれば、1歳半ごろから少しずつ与えても構いません。

ただし、チョコレートそのものは糖質が高いので、3歳ごろから与えるようにしましょう。ただし、チョコレートはとても甘くカロリーも高いので、食べ過ぎには注意が必要です。ひとかけらのみなどにとどめましょう。

 

飴、ラムネは何歳から?

飴

飴は喉につまらせないように!

飴をいつから与えるかは、飴のタイプによって考えるとよいでしょう。粒タイプの飴は、誤飲(間違えて飲み込んでしまうこと)が心配なので注意が必要です。

軟らかい棒がついているタイプのものなどは、イベントなど特別な時であれば3歳頃から与えても構いませんが、虫歯防止の観点からも、長い時間なめないように、また飴を舐めた後は水を飲んだり、歯を磨くように習慣づけましょう。棒付き飴は、誤飲を防ぐにはのぞましいのですが、棒で喉を刺す危険もあるので、必ず座って舐めるようにしましょう。

棒がついていないキャンディタイプは、歩きながら食べないという約束が守れるようになったら5歳くらいから大丈夫かもしれませんが、気管が小さい時は詰まる可能性があるので思わぬ事故にならないよう、保護者が見守るなど十分に気を付けましょう。

ラムネは、1歳半頃から食べられるベビー用のものもありますが、一般的には2歳すぎたあたりからのほうがいいでしょう。固いので喉に詰まらせないように見守りましょう。

 

グミ・キャラメルは何歳から?

キャラメル

キャラメルは虫歯に注意

4歳頃になると子ども同士の集まりなどで色々なお菓子がでてきます。飴は誤飲などが心配だからと、グミやソフトキャンディ、キャラメルなどがでてくることもあるでしょう。

食べること自体は問題ありませんが、甘いものが長い時間口の中にあることは、虫歯防止の観点からいいことではありません。たまのご褒美としてあげる場合は、必ず食べた後に水で口をゆすぐ、できたら歯をみがくなどをセットで覚えさせるようにしましょう。

また、食べるときは、1個だけにするなどルールを決めて、毎日食べることが習慣にならないように気を付けましょう。目安は1日1個程度です。グミはたくさん食べるとお腹をゆるくする場合があるので、注意しましょう。

 

アイスは何歳から?

アイスクリーム

アイスクリーム

アイスクリームはとても冷たいので胃腸の動きに影響します。3歳までは冷凍庫で冷やすような冷たいものはなるべく避けるようにしましょう。

また、アイスは油も糖分も多いものです。常温で食べるとびっくりするくらい甘いのがおわかりいただけるかと思います。その甘さをわからないうちにとってしまうのは考え物です。

 

ケーキと生クリーム、カスタードクリームは何歳から?

生クリーム ケーキ

生クリーム ケーキはイベント時に

生クリームは油脂類が多いので1歳以降に少しだけあげるようにしましょう。2歳までは、大さじ1くらいにとどめておけるといいでしょう。水切りヨーグルトで代用するなどもオススメです。

ケーキも1歳ごろから食べることができますが、市販品はさまざまな添加物が気になるので、できたら手作りしたいもの。アルコールが入っているケーキなどは小学生になっても避けるほうが無難です。

カスタードクリームは卵の加熱が不十分なので、アレルギーに注意しつつ、2歳ごろから少量なら構わないでしょう。

いずれにしても日常的にあまり積極的にあげるものではなく、イベントなど特別な時のみにしましょう。

 

ガムは何歳から?

ガム

ガムは誤飲に注意!

ガムは物を噛む練習には悪くはありませんが、間違えて飲み込んでしまうことを考えると幼児期にはふさわしくありません。

確実に飲み込まないであろう5歳くらいまでは我慢するのがいいでしょう。喉にはりついたりすると思わぬ事故につながります。

 

スナック菓子はいつから?

スナック菓子

スナック菓子は注意が必要

「スナック菓子」という定義は難しいかもしれませんが、ポテトチップスやコーンスナックのような「油で揚げている一般向けの市販菓子」を指す場合、幼児期にはあまり与えない方がいいでしょう。

スナック菓子は油と塩分を多く含み、またそれらの味は癖になり、どんどん食べ続けたくなってしまうのです。もしどうしても欲しがった場合には、子供用の物や、ノンオイルの物を選ぶと良いでしょう。

3歳以降なら、オススメできるスナック系の菓子はポップコーンです。家で簡単に作ることもでき味の調整も可能です。ただし、2歳以下の場合は、喉に詰まらせる危険性があるので注意が必要です。

 

団子(餅菓子)とあんこはいつから?

白玉団子

白玉団子は誤飲に注意

団子やお餅は喉につまりやすいので十分な水分とともに食べるのが鉄則ですが、何歳でも事故につながる恐れがあります。3歳くらいから、気を付けながら食べていくことができます。しかし特に白玉団子はのどに詰まらせることがあるので、1cmくらいに切ってあげることが望ましいとされます。また、お餅も保護者とともに小さく切りながら食べるようにしましょう。

あんこは甘いですが、自家製で糖質が抑えられたものあれば、2歳頃から食べてもよいでしょう。

 

はちみつ、蜂蜜が入ったお菓子はいつから?

はちみつ

はちみつは赤ちゃんにはNG

1才半ごろからボツリヌス菌を体内処理できるので、はちみつを食べることができるようになりますが、それまでははちみつを加熱したものであっても食べてはいけません。

 

関連記事

子供の食事!刺身や寿司・いくら・生卵は何歳から食べれる?
子供の飲み物!コーヒーや炭酸飲料は何歳からOK?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。