幼児期に多い食事の悩み

子どもの食がすすまないのは気になりますよね
1-5歳の幼児をかかえているお母さん達に多い食事の悩みは多岐に渡りますが、その1つに「小食」があります。「子どもが食べない」「栄養が偏るのでは?」と親は悩んでしまいがちです。

食欲にムラがあるのは、子どもも大人も当たり前のことで、体調不良などをまず疑いますが、食欲不振(小食)の状態が長く続く場合は、普段の食生活を見直してみましょう。

今回は「小食」を少しでも改善するポイントをご紹介します。

1.無理強いをしないようにしましょう
2.楽しい雰囲気づくりを作りましょう
3.食べやすいものをあげましょう
4.お腹をすかせましょう
5.器や盛り付けを変えてみましょう

各ポイントの説明は次ページへ。