11月23日は「勤労感謝の日」。「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨で制定された国民の祝日ですが、なんとなく掴みどころがないと感じている方も多いでしょう。そもそも由来は何なのか? 意外と知らない「勤労感謝の日」について説明します。

「勤労感謝の日」の由来をご存じですか?

「勤労感謝の日」の由来をご存じですか?


「勤労感謝の日」の由来~新嘗祭

「勤労感謝の日」は、新嘗祭(にいなめさい)という祭祀に由来します。「新」は新穀、「嘗」は奉る、舌の上にのせて味をためすという意味で、「新嘗」はその年に収穫された新穀を神様に奉って恵に感謝し、口にすることを表しています。新嘗祭の歴史は古く、『日本書記』には飛鳥時代に行ったという記述があります。

現在でも、新嘗祭は宮中をはじめ全国の神社で行われており、五穀豊穣を祈願する祈年祭と相対する重要な祭祀とされています。とくに宮中では、天皇陛下が自らお育てになった新穀を奉るとともに、その新穀をお召し上がりになります。新嘗祭は宮中恒例祭典の中の最も重要なものとされ、新天皇が即位の礼の後、初めて営まれる大規模な新嘗祭を大嘗祭(だいじょうさい)といいます。

新嘗祭が「勤労感謝の日」になったのは1948年(昭和23年)で、戦後のGHQの占領政策により改められました。

昔は、新嘗祭がすむまでは新米を口にしないという習わしもありました

昔は、新嘗祭がすむまでは新米を口にしないという習わしもありました


なぜ11月23日なの?

「勤労感謝の日」のもとになっている新嘗祭は、旧暦では11月の第2卯の日に行われていましたが、のちに11月23日に固定され、「勤労感謝の日」に引き継がれました。

日付が11月23日になった理由は、新暦の導入にあります。1873年(明治6年)に太陽暦(グレゴリオ暦)が導入された際、旧暦11月の第2卯の日を新暦にあてはめると翌年の1月になってしまうため、新暦の11月第2卯の日で行うことにしました。それが11月23日だったのです。そして、翌年からは日付が変動しないよう11月23日に固定され、現在に至ります。


感謝の気持ちを表して

古来、日本人は命を支える「食」を大事にし、神聖なものとしてきました。そして、祭事を通して天の恵みに感謝をささげてきました。まつり(祭り、祀り、奉り、政り)の原点もそこにあります。農耕を営み、米を主食とする日本人が、新嘗祭を最も重要視したのも頷けることでしょう。

このような日本人の感性は、日常にも息づいています。おいしいご飯がいただけることに感謝するだけでなく、食事に至るまでの多くの人の働きにも感謝をしたい……こうした思いを表したのが「いただきます」「ごちそうさま」ということばです。
「いただきます」「ごちそうさま」の意味

現在は、農作物に限らずすべての生産を祝い勤労をねぎらう「勤労感謝の日」になっていますが、その由来から、日本人が育んできた深い思いや感謝の念を感じることができます。あらゆる方々に感謝をするのはもちろんですが、家族の間でも「ありがとう」「おつかれさま」と声をかけ、いたわり合う姿勢を忘れないようにしたいですね。

「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」「おつかれさま」……こうしたことばを大事にしていますか?

「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」「おつかれさま」……こうしたことばを大事にしていますか?


<関連記事>
【保存版】暮らしを彩る12か月の行事・風物詩リスト
「和食」文化に親しむヒント
そうだったのか!「いただきます」本当の意味


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。