性格ブスは美人でもモテないし、嫌われます!

結婚どころか付き合うのも無理な性格の悪い女とは

結婚どころか付き合うのも無理な性格の悪い女とは

第一印象はビジュアルで決まりますが、女の魅力は、顔だけじゃありませんよね。ある一定のラインを越えていれば、性格……つまり、態度や接し方がふたりの仲が長続きするかどうかの決め手になるのは当然です。

とくに、包容力が要のアラフォー女性ともなれば、美人でも性格がドブスなら、結婚なんて夢のまた夢! ちょっとしたデートやコミュニケーションでも、「あ、この人はナシ……」とジャッジされています。

ガイドは青山で結婚相談所を経営していますが、相談に来ているのに嫌われに来ているとしか思えない、ひどすぎる性格ドブス女が急増中です! 男性どころか、だれからも好かれないでしょ……と呆れることもあるくらい。もちろん、「結婚できる女」になるまで根性を叩き直すわけですが、自身のドブスな性格に気づき、自覚するまでが第一関門なんです。

ぜひ次の3つに当てはまっていないかチェックしてください。男性も、こういう女性はさっさと見切ってくださいね。さっそくドブス性格ワースト3を紹介しましょう。


1.エスコートしてくれなきゃ男じゃない!? 「外国かぶれ女」

エスコート

エスコートされたいなら、それなりのオンナになりなさい!

自分を海外ドラマの主人公だと勘違いしているのか、「日本の男ってホント気が利かない!」が口癖の性格ドブスです。

ラッキーなことに、初めての出会いでデートまで漕ぎつけた……そんなまだまだ気が抜けない状態なのに、「もう彼は自分のもの」と調子に乗ってしまいます。デート中、「寒くない?」「暑くない?」「荷物重くない? 持ってあげるね」などと言われ続けないと気にいらず、「男なら私をもてなしてエスコートしなさいよ!」くらいの態度です。

でも、そもそもそんなにマメで優しくてレディーファーストな男は、世の中にそうそういません。いたとしてもそれは、ホストクラブくらいのものです。

どうせ海外ドラマを観るなら、エスコートされる側の女性のふるまいを学んでください。それにふさわしいファッション、気品、相手を立てる謙虚な態度を見せなきゃね。自分ばかりエスコートしてもらおうなんて100年早い! しっかりマスターしたら、少しは男性がエスコートしてくれるようになるかもね。

大事にしてもらいたければ、そうしてもらえるような女になりなさい。そこがまず第一関門よ!


2.この落とし前をどうつけるつもり?「高飛車クレーマー女」

次は、「お客様は神様でしょ!?」とキレかかってくる、迷惑クレーマーのような性格ドブスです。

男性がほんの少し、デートの待ち合わせに遅刻したら、もう許せない! 土下座をしながら、「ごめんね! ごめんね! ごめんね!」と3回ぐらい言ってもまだプンプン! 些細なことでも、お詫びを言われもないと気が済まないって、「この私を一瞬でも待たせるなんてどういうつもり?」ってことなんでしょうね。

いつもごちそうしてもらってるくせに、たま~にお金を出すと「ごちそうさまでした、おいしかったよ」と頭を下げてもらわないと気が済まず、急に不機嫌!相手に謝らせたり、お礼を言わせて、自分が上に立っていることを誇示しないと気が済まないんですね!

でもね、あなたの目の前にいる男性は、仕事のライバルでも、取引先の業者でもありません。いったん、仕事の鎧を脱ぎましょうね。

なんでもかんでも仕事ライクに、「この責任の所在は?」「担当者を呼べ!」とでも言いたげな考え方で恋愛をしていていては、いつまでたっても、ただのクレーマー女のまま。気をつけましょうね。

相手が自分の思い通りの行動をとってくれないことにいちいち怒るような態度では、男性は逃げてしまいます。当然ですよね、まったく気が休まりません。そもそも男は、自分のお母さんみたいな無償の愛をくれて、やさしさと包容力をもった女性を求めているんですよ?


3.自分のことは棚に上げて怒る「マイルールごり押し女」

面倒くさい女

自分ルールで切れたり、ムクれたりする面倒くさい女といっしょにすごすのは無理!

ラストは、だれが作った基準なのか、勝手にマイルールを掲げて吠える! 吠える! そんな性格ドブス女です。

こういう女性は、周囲の誰にでも、上から目線でマイルールをごり押しして、強要するわけです。

例えば、お見合い後に交際決定になった男性と電話のやりとりが始まると、自分は「私は仕事が忙しいから」とレスポンスが悪いくせに、交際相手には「30分以内に折り返し電話をしないなんて非常識!」「電話は2コール以内に出て!」「ビジネスマナーならご法度!」などなど、自分のことは棚に上げてガミガミ怒るマイルールごり押し女……このタイプの女性は、社会的地位の高い、バリキャリアラフォー女性が圧倒的に多いんです。

独身で仕事にだけ生きてきて、結婚せずに会社で遅くまで働く。家庭持ちの部下たちを道連れにしてるんですね。みんな早く仕事を終えて、マイホームに帰りたいのに! さみしさしのぎに残業していることをタテにして、ガミガミ言われても迷惑なだけ。みんなに尊敬されているつもりかもしれませんけど、面倒くさいからみんな「スンマセ~ン」とあなたの説教を聞き流して、ただ無視しているだけなんですけどね~! 最近誰からも注意を受けなくなっていたとしたらすでに高い高い棚にあげられている可能性が高いのでご注意を。

じゃあどうやって改善したらいいのかというと、仕事しか自分の世界がない、バリキャリ女性は、まずは後輩のミスはガミガミ叱らずかばってあげる。部下が良い仕事をしたら心からほめてあげる。そういうことから、包容力を身につけていきましょうね。


結婚できるのは、ほんの一握りの「性格美人」

結婚できないアラファー女性がウヨウヨいるこの現代社会。ほんの一握りの「性格美人」だけが男性から愛され、結婚できます。

40歳になって独身だったら、結婚できる確率はかなり下がりますし、世間からは「モテないさみしい女」だと思われる可能性も高いのが現実です。「人からどう思われようと構わない」という人は、そのままどうぞ独身を貫いてください。

でも、30歳をすぎたら人にやさしく、人間力を磨き、誰からも愛されるかわいい女性になりましょう。あなたも性格ドブス女の一員になりたくなければね!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。