悲劇のヒロインを抜け出したい! 無意識の罠とは?

悲劇のヒロインを抜け出したい!

あなたはわざと目標達成しないのかも

あなたには今、恋愛で叶えたい目標はありますか? それは、「新しい恋人が欲しい」「浮気や不倫をやめたい」「今の彼ともっと深い仲になりたい」、「停滞感を抜け出したい」……というような願いかもしれません。

あなたは、「変わりたい!」「ゴールを達成したい!」と考え、そのための上昇志向を発揮し、努力をしていることでしょう。しかし、なかなか目標達成できず、はがゆい想いをしているかもしれません。多くの相談者がそうですし、私自身もそうした状態になることがあります。

そんなときにオススメしたいのが、自分自身が「ある罠」にハマっていないかチェックをすることで、状況を打破する方法です。
 

「努力しているのに願いが叶わない」は本当?

頑張っているのに目標達成できない。その理由は、あなたにあるのかもしれない。

頑張っているのに目標達成できない。その理由は、あなたにあるのかもしれない。

きっとあなたは「目的を達成をしたいから努力をしている」と思います。しかし、衝撃的なことを言うようですが、「心の底から本当にそう思っているのでしょうか?」

「えっ? そんなの本当に決まっているじゃん!」と答える人もいるでしょう。別に、いじわるや冗談を言っているのではありません。

なぜこなことを言うかというと、私たちは誰しも、『特別な存在でいたい』という願望があります。これがあなたのブレイクスルーを止めているかもしれません。
 

「孤独なヒーロー」や「悲劇のヒロイン」の思考こそ罠

他人と比較してしまう心理

他人と比較してしまう心理

通常、人はプラスの方向に「特別な自分」に……つまり、自身の願いを叶え、目標を達成し、成功者になることで特別な存在になろうとします。しかし、冒頭で申し上げた通り、簡単に自分の目標を達成できるとは限りません。

そんな窮地に立ったとき、簡単にあなたを「特別な存在にする方法」があります。

それが、「絶対に成功しない私」を演じること。実は、これがあなたのブレイクスルーを止める罠のひとつです。

つまり、『特別な存在でいたい』という願望が簡単に満たされるのですから、そこから、ブレイクスルーして抜け出す必要がなくなるのです。

なかには、「あぁ、神様。やっぱり私は幸せになれない運命かもしれない!」などと、自分で自分の運命を決定づけようとする人もいます。つまり、マイナス方向に、特別な自分を演じ、なりきることで満たされているのです。

「なぜそこまでして特別な存在になろうとするんだ?」と疑問に思ったり、「そんな人はめったにいないだろう」と思うかもしれません。

でも、考えてみると、「ヒーローは孤独である」「悲劇のヒロイン」という言葉を聞いたことがあるはずです。パートナーシップに関する、自分を「選ばれし存在」だということを正当化するフレーズは昔からたくさんあり、実はよくあることなのです。
 

解決法は、あらゆる「特別感」を手放すこと!

HAPPYEND

手放せれば、HAPPYEND!

当然、マイナス方向に特別な存在でいようとすれば、実は永遠に続く不幸なレースになるでしょう。しかし、プラス方向で誰よりも特別であろうとすることも、一見前向きに見えて、実は不幸なレースのひとつであり、あなたのブレイクスルーを妨げる罠のひとつです。どんな結果であれ、比べれば結局は上には上が、下には下がいるのです。

では、どうやってそこから抜け出せば、いいのでしょうか。

まず、特別感を得ようとする人は、「他人と比べて劣っていたくない」という思いが根底にあります。マイナス方向の「私は成功しない運命だ!」、プラス方向の「私だけは絶対に成功する!」、どちらの場合も、「他人よりも特別かどうか」という不幸なレースにエントリーし続けているのです。そんなときはこんなふうに考えてみてください。

あなたは時計のブランドと言えば、何を思い浮かべますか? 例えば、「ロレックス」が思い浮かんだ人にとっては、ロレックスは特別なブランドなのでしょう。しかし、時間を正確に知ることができる機械というカテゴリーでは、どのブランドもあまり変わりません(特別ではない)。ロレックスもその他のブランドのものも、ただの同じ時計に過ぎないのです。

その点では、物質も、人間も、同じです。

あなたと他人は、もともと「異なる存在」です。そして、同時に「同じく可能性を持った存在」です。成功しても、しなくても、もとから誰もが「特別な存在」である。そして、誰もがプラスとマイナスの方向にも自由に進める、「特別ではない」、自由な可能性を持っている存在です。

誰しも「特別な部分」と「特別でない部分」を同時に持っています。そして、誰かにとっては特別な存在であると同時に、特別ではない存在なのです。

それが分かれば、自分の思考の殻をやぶり、恋愛でもブレイクスルーをしやすくなりますよ。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。