【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

すぐに別れていない?

別れたくなければ、持つべき4つの能力

別れたくなければ、持つべき4つの能力

せっかく恋人ができても、長続きしないですぐに別れてしまう人がいます。そんな人は、すぐに「彼(彼女)にはこういう欠点があったから」と、相手のせいにしがちですが、そんな人ほど持っていた方がいい能力があります。
 

今回は、特に「モテないわけでもないのに、ある程度の年齢になっても独身で、恋人ができてもすぐに縁を切ってしまう人」が持っていた方がいい、4つの能力について紹介していきます。
 

大切な能力1・2:「寛容さ」「忍耐力」

当たり前ですが、関係を長続きしたければ、すぐに「別れたい」と思わない人になった方がいいものです。そのために大切なのは、「寛容さ」「忍耐力」です。
 

恋人とは会う頻度が多くなるので、相手の欠点に対して自分も影響を受けやすくなるものです。それに対して、「大したことはない。何とかなる」と思えるくらいの「寛容さ」を持てればベストですが、そこまで心の器を大きくできないときに必要となるのは、「忍耐力」です。だから、よく「結婚には、忍耐が必要」なんてことが言われるのでしょう。「相手が気に入らないことをした→嫌い!」では、“お子ちゃま”なのです。
 

もちろん結婚しているわけでないのであれば、苦しんで、我慢して付き合っていく必要はありませんが、その「忍耐力」があるかどうかで、絆が深まるかどうかも変わってきます。逆を言えば、その「忍耐力」がないから、さっさと別れては次の人を見つけ、また気に入らなければ、また新たな恋人を作るといった、落ち着きのない人になってしまうのです。
 

そういう人は「相手が悪い」「相手を好きになれなかった」「気持ちが冷めた」なんて、相手のせいにすることも少なくありませんが、要は「忍耐力がない」のです。本人がそのことに無自覚だから、同じことを繰り返してしまうことも多いのです。
 

そもそも恋の「好き」という感情は、「相手が自分にとってどれだけ役立つ相手か」といった、“自己中心的な感情”から生まれていることも多いもの。

例えば、ルックスが素敵な人を好きになった時は、「目の保養になる」「友達に自慢できる」など、そこにある思いは、自分のメリットが中心であり、まだ「相手を幸せにしたい」といった、本当の愛情はありません。つまり、そこにあるのが本当の愛ではないのだから、気持ちが冷めやすいのは当たり前だとも言えますし、だからこそ、“人と長く付き合っていけるような自分”になって、「その“恋”を、“愛”に変えていく」必要があるのです。

もちろん愛に変わっても、何もかも価値観が合う人なんていないので、付き合っていくうちに、相手のやることに対して、頭にくることもあるでしょう。そんなときこそに大切な能力があります。それを次に紹介します。