いつも同じ原因で別れてしまうのは理由がある!

恋愛が長続きしない人が隠している深層心理

長く付き合う秘訣とは?

ひとりの恋人と長くお付き合いすることができる人がいます。その一方で、どうしてもお付き合いの期間が短くなってしまう人がいます。かといって、外見や性格に特別問題があるようには思えません。あなたがそのふたりを見比べたとしても、決定的な違いがあるようには見えないはずです。

それもそのはずで、短いお付き合いを繰り返す人には、特定の見えづらい原因があります。あなたがもし長いお付き合いを希望していて、本気でその状況を変えたいと思っているなら、このコラムは大きな気づきのきっかけになる可能性があります。

とくに、「必ず同じ原因で別れてしまう」「前の彼と、同じことで喧嘩別れしてしまった」ということで悩んでいるのであれば、一度見直しておくべきことがあります。

同じ原因で別れるというのは、まるで同じ学科のクラスを繰り返しているようなものです。必要な学びを得ていないので、留年してしまっている状態です。

あなたはその別れの原因から、何か吸収すべきことがあるのではありませんか? 本当は認めたくないけれど、反省すべき点があるのではないでしょうか。謙虚になり学ぶことで、次の恋愛はうまくいきます。
   

すぐ別れることに、心の奥で「メリット」を感じている

同じ原因でケンカを繰り返してしまう

同じ原因でケンカを繰り返してしまう

まず初めにチェックしておきたいのは、短いお付き合いに対してあなたがメリットを感じているかどうか、です。

人は利益をもたらしてくれる行動以外は、継続することはできません。「いえ、私は短いお付き合いは望んでいないのです!」と声高に主張したとしても、必ずメリットは感じているはずです。

自分に正直になり、「短いお付き合い」をすることのメリットを10個書き出してみてください。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

1.自分のダメな部分を見られなくて良い。
2.自分のダメなところを恋人に攻められなくて良い。
3.過去の恋愛の思い出を消さずに済む(過去に付き合った異性へ、深い部分で操を立てることができる)。
4.恋愛のロマンス期(相手の全てが素晴らしく見える時期)を堪能でき、つまり、相手の嫌な部分を見ずに、理想化できる。
5.多くの異性を「落とす」高揚感が得られる。沢山の異性を落とせる自分はイケている!という自己価値の証明ができる。
6.「やっぱり自分は相手に受け入れられない」という証明ができる(異性と自分への不信感)。
7.付き合った異性を傷つけられる(相手を幸せの絶頂から突き落とすことで、異性への復讐を図っている)。
8.自分への罰を与えられる(やっぱり自分は幸せになってはならないのだ! というリマインド)。
9.選ばれし不幸者の証明ができる(パートナーシップを組めないことで不幸な自分を演出し、マイナスな方向で選民思考を満たす)
10.短いお付き合いこそが正義だと証明できる(本当は、結婚を含めた長期的なパートナーシップへのアンチテーゼを提唱したいと思っている)

上記のように、「マイナスの証明」や「罪悪感」というのは、短いお付き合いのメリットを多数生み出してしまう要素です。 

これらのメリットを自分が望んでいた、ということをまずは自覚しましょう。そして、続いて「長くお付き合いするメリット」を書き出してみましょう。

「短いお付き合いをするメリット」と「長くお付き合いするメリット」のリストを見比べた上で、改めて自分がどちらを選択するかを考えてください。

そして、今日からできる行動の一歩を必ずとってください。最初のアクションを書き出し、それを実行することは非常に重要です!
 

「相手を比較する」思考の罠に陥っている!

同じパターンは卒業!

「いつも同じパターンで別れる」ような恋愛は、もう卒業!

さらに、お付き合いが長く続かない人は、「こっちの方がいい」「あっちの方が素敵だ」と物を比べるものだと思っているケースがあります。

しかし、ナンバーワンよりも、オンリーワンを見つけたいのがお付き合いというものでないのでしょうか?

相手の嫌な部分がちょっと見えたときに、「目の前にいる彼よりも、もっといい人がいるんじゃ……」と思ってしまう。これこそ、相手のことを、何かの基準で比較しているときに陥りがちな思考です。しかも、そんな思考でいると、当然、あなたも同じように思われるでしょう。

何かの尺度で相手を計るよりも、その人自身を見るように心がけてみましょう。どのような人であれ、二人として同じ人物はいません。そんな代わりのきかない恋人の素晴らしい点に着目することで、比較の罠からの抜け道を見出すことができるでしょう。


【関連記事】


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。